ようこそ磯子警察署へ
神奈川県警察のホームページへ 警察署一覧
トップページへ 磯子警察署の沿革へ 磯子警察署管内図へ 交番案内へ
防犯のページへ 地域課のページ 交通のページへ 交通安全マップへ
トピックス 窓口案内へ 採用情報

トピックス

制作担当  磯子警察署警務課

住民相談係からのおしらせ

警察相談



  警察では、事件や事故による被害の未然防止に関する相談を受け付けています。一人で悩まず、磯子警察署(045-761-0110)及び交番、また、警察本部の相談直通ダイヤル(045-664-9110)にお電話ください。なお、緊急を要する事件や事故の場合は、110番してください。
※短縮ダイヤル#9110は、ダイヤル回線や一部のIP電話からの利用はできません。

磯子警察署協議会の開催について



 平成29年7月14日(金)、磯子警察署において平成29年度磯子警察署協議会第二回会議が開催されました。
 会議では、平成29年4月から6月にかけて当署で実施した各課の取組みや、平成29年7月から9月の業務計画を説明しました。
 また、会議では「国際テロ対策の現状とソフトターゲットへの対応について」委員の皆様から、貴重な意見・要望を頂きました。
 平成29年4月までに開催された警察署協議会での議事概要については、県警ホームページ(磯子警察署議事概要)を御覧ください。

警察署協議会の写真1  警察署協議会の写真2
  

被害者支援活動について


    被害者は、直接的な被害のほかにも長期にわたって様々な精神的被害に悩まさ
  れています。この様な悩みに、警察と民間団体とが連携して被害者支援活動を行
  っています。
    あなたの家族、友人、知人が被害者になったとしても、貴方の大事な人を責めた
  り、 無理な励ましはしないで、「ゆっくり」被害者の話に耳を傾けてあげてください。

  

犯罪被害者給付金制度について

  
    犯罪行為によって不慮の死を遂げた方のご遺族、身体に重大な負傷又は疾病
  を受けた被害者及び傷害が残った被害者に対して、国が給付金を支給するもので
  す。

   被害者相談窓口
    かながわ犯罪被害者支援サポートステーション 045-311-4727
     県警察・県・民間団体の三者が一体となって、法律相談やカウ
     ンセリング等の総合的な支援を行っています。
   少年相談(少年の被害相談)         0120-457867
   ユーステレホンコーナー           045-641-0045
   悪質商法110番                045-651-1194
   電車内痴漢等迷惑行為相談所         045-461-0110
   性犯罪110番                 045-681-0110
   暴力団からの不当要求拒絶コール       0120-797049
   交通相談センター               045-211-2574
  
  警察以外の相談窓口
   犯罪被害者等早期援助団体          045-328-3725
   神奈川支援センター(ハートライン神奈川)  
   (財)神奈川県暴力追放推進センター     045-201-8930
   

指名手配被疑者の検挙にご協力を!



 平成29年10月24日現在、全国の警察から指名手配されている者は、717人(神奈川県は40人)に上っています。
 これらの被疑者は、殺人、強盗等の凶悪事件、暴行、傷害等の粗暴事件、窃盗事件、詐欺、横領等の知能犯事件などに関して手配されており、再び犯行を行うおそれがあります。
 
   警察では、特に重大な犯罪の被疑者を選定した上で、平成29年11月中に全国警察の総力を挙げて追跡捜査を行い、これら被疑者の早期検挙に取り組み現在も継続捜査中です。
  この指名手配被疑者の発見に向けた捜査活動には、国民の皆さんのご協力が是非とも必要です。
  指名手配被疑者によく似た人を見かけたといった情報など、どんなわずかなことでも結構ですので、警察に通報していただくようお願いします。
指名手配のポスター画像

薬物のない社会を


 

薬物の乱用とは・・・

 
 薬物の乱用とは、医薬品を医療目的以外に使用すること、又は医療目的にない薬物を不正に使用することをいいます。
 精神に影響を及ぼす物質の中で、習慣性があり、乱用され、又は、乱用されるおそれのある薬物として、覚せい剤、大麻、MDMA、コカイン、ヘロイン、向精神薬、シンナー等があり、これらの取り扱いが法令により禁止又は制限されています。
写真:禁止薬物
 薬物乱用による弊害
 乱用される薬物は、中枢神経に作用することから、乱用した時の快感を得たり、薬物の効果が切れたときの苦痛などから逃れるため、薬物による効果を強く求めるようになる「依存性」が形成されます。また、薬物を繰り返し使用しているうちに同じ量では効かなくなる「耐性」が生じます。
 「一度だけ」という好奇心や遊びのつもりでも、薬物の依存性と耐性によって、乱用する量や回数はどんどん増えていくという悪循環に陥り、自分の意思では止めることができなくなります。
 また、乱用を止めても、睡眠不足や過労、ストレス、飲酒等をきっかけに、突然幻覚や妄想等の精神障害が現れるフラッシュバック(再燃現象)が起こることがあります。
 

精神・身体への影響


 薬物の乱用は、精神と身体の両面を深く致命的に破壊します。脳の正常な発達を止めてしまい、精神のバランスを悪くさせます。乱用により一時的に頭が冴える、神経が興奮するというような感覚を得たように感じられることがありますが、その後、脱力感や疲労感に襲われ、ついには幻覚、妄想といった症状が引き起こされます。
 また、薬物の乱用は、身体の主要な器官に深刻な悪影響を及ぼし、最悪の場合、死に至らしめます。
 自分自身のため、家族や社会のためにも違法薬物には絶対に手を出さないという強い意思を持ちましょう。
写真:身体の主要な器官への影響


このページのトップへ