神奈川県警察航空隊  トピックス





平成30年4月  特務員の新隊員訓練を実施

春の異動で特務班に配属された隊員が、約1か月半にわたる新隊員訓練の締めくくりとして、海での水難救助訓練に臨みました。

今後も、通常業務や定期的な訓練を通じて、更なる知識・技術の向上に取り組んでいきます。


最終訓練の査閲開始

 


海での水難救助訓練を実施中


ページの先頭へもどる

平成30年2月  上空からの広報活動を実施中

航空隊では、県内で多発する特殊詐欺被害を抑止するため、上空から注意喚起のスピーカー広報活動を実施しています。

【広報例】

こちらは、神奈川県警察です。現在、この地域一帯に振り込め詐欺の電話がかかっています。警察官やデパートの職員などを装って「キャッシュカードを預かります。」「暗証番号を教えて。」という電話は詐欺です。そのような電話を受けたら警察に通報してください。

平成29年は発生件数が2,314件、被害額が約53億円と、ともに過去最悪を記録しました。今年に入っても、依然として被害が多発しています。航空隊では当面の間、上空からの広報活動を実施しますので、県民の皆様のご理解・ご協力をお願い致します。


「かもめ」搭載のスピーカー

 


「はまかぜ」搭載のスピーカー


※ スピーカーからの音声は、場所により聞き取りづらい場合があります。

ページの先頭へもどる

関東・東北豪雨で茨城県に応援派遣

大きな被害をもたらした関東・東北豪雨。航空隊の「たんざわ」と「おおやま」が、鬼怒川の堤防決壊などで広範囲に浸水被害の発生した茨城県に派遣されました。

4日間の派遣期間中に延べ8回のフライトを実施し、28名を孤立した住宅から救助しました。


救助に向かう特務員

 


窓からの救出活動


ページの先頭へもどる