タイヤチェーン装着義務化について


指定区間におけるタイヤチェーン装着が義務化となりました。

気象庁による大雪特別警報、大雪に対する緊急発表がなされた場合に指定区間を通行するにはタイヤチェーンを装着しなければなりません。

現在、全国の指定区間は以下のとおりです。(神奈川県内での指定区間はありません)

○  直轄国道

都道府県 路線番号 箇所名 区間 延長
(キロメートル)
山形県 国道112号 月山道路 西川町月山沢〜鶴岡市田麦俣 15.2
山梨県
静岡県
国道138号 山中湖・須走 山梨県山中湖村平野〜静岡県小山町須走字御登口 8.2
新潟県 国道7号 大須戸〜上大鳥 村上市大須戸〜村上市上大鳥 15.3
福井県 国道8号 石川県境〜坂井市 あわら市熊坂〜あわら市笹岡 3.2
広島県
島根県
国道54号 赤名峠 広島県三次市布野町横谷〜島根県飯南町上赤名 2.5
愛媛県 国道56号 鳥坂峠 西予市宇和町〜大洲市北只 7.0


○  高速国道

都道府県 路線番号 箇所名 区間 延長
(キロメートル)
新潟県
長野県
E18 上信越道 信濃町IC〜新井PA(上り線) 24.5
山梨県 E20 中央道 須玉IC〜長坂IC 8.7
長野県 E19 中央道 飯田山本IC〜園原IC 9.6
石川県
福井県
E8 北陸道 丸岡IC〜加賀IC 17.8
福井県
滋賀県
E8 北陸道 木之本IC〜今庄IC 44.7
岡山県
鳥取県
E73 米子道 湯原IC〜江府IC 33.3
広島県
島根県
E74 浜田道 大朝IC〜旭IC 26.6

指定区間には、以下のような標識が設置されています。

標識の写真


このページの先頭へ戻る


チェーン規制の流れ


1 大雪特別警報の発令、大雪に対する緊急発表 2 指定区間手前で道路管理者がタイヤチェックやチェーン携行確認を実施 3 既にチェーンを装着している場合 指定区間をそのまま通行できます 4 チェーン未装着だが携行はしている場合 道路管理者の誘導に従い、所定の場所でチェーンを装着することで通行できます 5 チェーン未装着で携行もしてない場合 指定区間を通行できません

イメージ図

このページの先頭へもどる


チェーン規制 Q&A

Q1 :

チェーン規制は、いつ行われるのですか?


A  :

大雪特別警報や大雪に対する緊急発表がなされた場合に実施されます。


Q2 :

タイヤチェーンといっても、色々な種類があると思いますが、どんなチェーンを装着すればいいのでしょうか?


A  :

金属製、ゴム製、布製カバータイプといった商品があります。

自動車用品店などで販売されているもので問題ありませんが、スプレーのように薬剤を吹き付けるものでは、指定区間を通行できません。


Q3 :

冬用タイヤで運転をしているのですが、大雪特別警報等の発表後に指定区間を通行する場合は、冬用タイヤであってもチェーンを装着しないといけないのですか?


A  :

冬用タイヤであっても、大雪特別警報等が発表され、指定区間を通行する場合は必ずチェーンを装着しなければなりません。


Q4 :

私は4WDの車を運転しているのですが、大雪特別警報等の発表後に指定区間を通行する場合は、4WDの車でもチェーンを装着しないといけないのですか?


A  :

大雪特別警報等が発表され指定区間を通行する場合は必ずチェーンを装着しなければなりません。


県外へお出掛けの際、指定区間の有無と気象庁の情報に注意していただき、タイヤチェーンの携行や装着方法についてあらかじめ確認しましょう。

このページの先頭へもどる