自転車運転者講習制度について



目次


自転車運転者講習制度

平成27年6月1日から自転車運転者講習制度がスタートしました。









自転車運転中に講習の対象となる危険行為を繰り返すと、

下矢印

自転車運転者講習を受けることになります。

イラスト 講習の対象となる危険行為

   講習の対象となる危険行為とは?

信号無視、遮断踏切立入り、歩道通行時の通行方法違反、酒酔い運転など14類型の違反行為があります。


自転車運転者講習の受講命令の要件となる危険行為【14類型】(令第41条の3)

  •  信号無視【法第7条】
  •  通行禁止違反【法第8条第1項】
  •  歩行者用道路における車両の義務違反(徐行違反)【法第9条】
  •  通行区分違反【法第17条第1項、第4項又は第6項】
  •  路側帯通行時の歩行者の通行妨害【法第17条の2第2項】
  •  遮断踏切立入り【法第33条第2項】
  •  交差点安全進行義務違反等【法第36条】
  •  交差点優先車妨害等【法第37条】
  •  環状交差点安全進行義務違反等【法第37条の2】
  •  指定場所一時不停止等【法第43条】
  •  歩道通行時の通行方法違反【法第63条の4第2項】
  •  制動装置(ブレーキ)不良自転車運転【法第63条の9第1項】
  •  酒酔い運転【法第65条第1項(法第117条の2第1号に規定するものに限る)】
  •  安全運転義務違反【法第70条】

   自転車運転者講習制度のながれ

自転車運転者が
対象となる危険行為
違反切符による取締り または 交通事故)を
3年以内に2回以上繰り返す。
※14歳以上の者

下矢印

交通の危険を防止するため、都道府県公安委員会が
自転車運転者に講習の受講を命令
(受講命令に違反した場合は、5万円以下の罰金)

下矢印

講習の受講
[講習時間:3時間、講習手数料:5,700円 ※神奈川県で受講の方]

改正道路交通法等の一部施行の概要は、こちら

このページの先頭へ戻る

自転車運転者講習が導入された背景

イラスト 自転車による無謀運転

自転車が関係する事故の多くは、自転車運転者の方にもルール違反があります。

自転車の交通事故を防止するには、自転車運転者の方に交通ルールを遵守していただくことが必要です。

そこで、危険な行為を繰り返した自転車運転者に対し、将来危険な運転を繰り返さないように、ルール遵守の必要性や受講者自らの運転行動を気づかせることを目的とした講習を命じる仕組みが導入されました。

講習を受講した方に、交通事故の悲惨さや自転車の交通ルールについて再認識していただくことによって、自転車の交通事故を防止し、安全な自転車の交通社会を実現することを目指しています。


このページの先頭へ戻る

自転車運転者講習のご案内

   講習日時

受講命令書に記載された日時

曜日については月曜日から金曜日または日曜日 ※祝日、年末年始は除く

   講習場所

受講対象者の住所地を管轄する公安委員会が実施します。

神奈川県内が住所地の方

自動車運転免許試験場

所在地:神奈川県横浜市旭区中尾2丁目3番1号

自動車運転免許試験場のご案内は、こちら

※ 講習に対するお問合せは、下記の連絡先にご連絡をお願いします。

神奈川県外が住所地の方

住所地を管轄する公安委員会が指定した場所

   講習内容

テキストや視聴覚教材などを利用して、

  • 交通ルールに関する小テスト
  • 自転車の通行方法に係る基本的ルールの再確認
  • ディスカッション

などを講習内容としています。

※ 実技はありません。

   持ち物

  • 受講命令書(すでに交付を受けている方に限ります。)
  • 講習手数料 5,700円 ※神奈川県で受講の方
    (神奈川県収入証紙での納付。自動車運転免許試験場でも購入できます。)
  • 筆記用具
  • 身分を証明できるもの1点

例:運転免許証、運転経歴証明書、健康保険証、住民基本台帳カード、パスポート、学生証、社員証、他官庁発行の許可証(免状)、住民票の写し等

このページの先頭へ戻る

講習に対するお問合せ

イラスト 婦人警官

神奈川県警察本部 交通部 交通総務課 安全係(交通安全教育隊)

電話番号 045(211)1212(代表)


このページの先頭へ戻る