妊娠中の女性へのシートベルト着用の推奨について


赤ちゃんとお母さんを守るシートベルト

正しい着用方法を守ることで、交通事故の被害から母体と胎児を守ることができます。

日本産科婦人科学会等でも、妊娠中の方のシートベルトの着用について推奨しています。


知っていますか?

体重50キログラムの後席同乗者が、シートベルト非着用で時速40キロメートル時に前席に衝突すると、その衝撃は体重の約30倍(50キログラム×30倍)の1.5トンとなります。

お腹の赤ちゃんが成長すればするほどお母さんの体重も増え、その分受ける衝撃はもっと大きくなり、胎児の生命に甚大な影響を及ぼします。

このページの先頭へもどる


シートベルトの正しい着用方法

正しい方法によるシートベルトの着用で、胎児の命を交通事故から守りましょう。


イラスト:妊娠中のシートベルトの正しい着用方法

  • シートの背は倒さずに、シートに深く腰掛けましょう。
  • 腰ベルト・肩ベルトを共に着用するようにしましょう。
  • 腰ベルトのみの着用は事故などの際に上体が屈曲して腹部を圧迫するおそれがあり、危険です。

  • 腰ベルトや肩ベルトが腹部を横切らないようにしましょう。
  • ・ 腰ベルトは、大きくなった腹部(妊娠子宮の膨らみ)を避けて腰骨のできるだけ低い位置でしっかり締めましょう。

    ・ 肩ベルトは肩から胸の間を通し、腹部を避けて身体の側面に通しましょう。

    ・ 肩ベルトが首にかからないようにし、そしてたるみのないようにしっかりつけましょう。

  • バックルの金具は確実に差し込み、シートベルトが外れないようにしましょう。
  • ベルトがねじれていないかどうか確認しましょう。

このページの先頭へもどる


ご注意ください

妊娠の状態は個人により異なりますので、シートベルトを着用することが健康保持上適切かどうか、医師に確認するようにしてください。

このページの先頭へもどる


保護者用チラシ

保護者用チラシ「保護者のみなさんへ  チャイルドシート、つけてますか?」

PDFファイル:保護者用チラシ

(PDFファイル  659KB)

このページの先頭へもどる