児童を交通事故から守ろう!



ロゴ:児童を交通事故から守ろう!




イラスト:児童

小学生の交通事故の特徴

小学生の歩行中の交通事故原因の32%飛び出しです。


グラフ:小学生の歩行中の交通事故原因 イラスト:飛び出し


小学生の歩行中の交通事故原因

小学生の歩行中の交通事故原因
飛び出し 横断歩道外横断等 路上遊戯 信号無視 車両の直前直後 斜め横断 その他の違反 違反なし
32% 12% 5% 3% 3% 2% 2% 40%

(平成27年 小学生の歩行中死傷者 490人)

このページの先頭へもどる



お子さんと一緒に通学路を歩いてみましょう!

子どもの目線で通学路を一緒に歩いて、危険な場所や安全確認が必要な場所を見つけ、その理由と安全な通行方法を教えてあげましょう。


子どもの目線で!

危険な場所や安全確認が必要な場所を見つけ、その理由と安全な通行方法について教えましょう。


分かりやすい言葉で!

「道路を渡るときは、一度止まって右左を見てから渡ろうね」など具体的な言葉で指導しましょう。


「止まる」「見る」「待つ」!

ひとつのことに注意が向くと、まわりのものが目に入らなくなるので、安全行動が習慣となるように繰り返し指導しましょう。


イラスト:横断歩道

注意!!

出かける前に叱りつけたり、急がせると子どもが動揺し事故の原因となることもあります。時間にゆとりを持って、笑顔で送り出しましょう。



このページの先頭へもどる



自転車に乗るときは!?

イラスト:自転車

自転車は「(軽)車両」です。自転車安全利用五則を守り安全に利用するよう指導してください。

低学年のうちは、公園や広場などで利用するようにし、保護者が必ず付き添いましょう。

車道を利用するときは、自転車のルールを充分理解させてからにしましょう。




イラスト:子どもののヘルメット着用は親の義務!

自転車安全利用五則

  • 自転車は、車道が原則、歩道は例外
  • 車道は左側を通行
  • 歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行
  • 安全ルールを守る
    (飲酒運転・二人乗り・並進の禁止、夜間はライトを点灯・交差点での信号遵守と一時停止・安全確認)
  • 子どもはヘルメットを着用


このページの先頭へもどる



全ての席でシートベルトを着用しましょう!

イラスト:シートベルト非着用の事故

時速40kmで壁に衝突した場合シートベルト非着用の後部座席者が前席に衝突する衝撃力は・・・

体重の約30倍です!



このページの先頭へもどる



チラシのダウンロード

交通事故防止啓発チラシを作成しました。

学校、自治会のみなさん、下記のチラシを活用し、ご父兄の皆様への交通安全教育に対する啓発をお願いいたします。


児童を交通事故から守ろう!(PDFファイル624KB)


※PDFファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社( Adobe SystemsIncorporated )が無償配布しているAdobe Readerが必要です。お持ちでない方は、こちらからダウンロードしてください。


大人が交通ルールを守り、良いお手本になりましょう!

このページの先頭へもどる