「第49回交通安全こども自転車神奈川県大会及び第7回交通安全高齢者自転車神奈川県大会」の開催について


あなたもチャレンジしてみませんか!

交通安全こども(高齢者)自転車神奈川県大会とは?

学科テストや実技テストを行い、どのチームが安全に正しく自転車に乗ることができるかを競う大会です。

大会の趣旨は、参加者が交通安全への興味や関心を持ち、自転車の安全な乗り方の知識、技能を身につけ習慣化させることによって、交通事故防止を図ろうとするものです。

また、交通安全こども自転車神奈川県大会については昭和45年から、交通安全高齢者自転車神奈川県大会については平成24年から毎年開催しています。

開催日時・場所について

平成30年7月7日土曜日 午前8時30分〜午後4時まで

横浜文化体育館(横浜市中区不老町2−7)

参加者について

大会への参加については、次のようなチームであることが条件となります。

「交通安全こども自転車神奈川県大会」は

  • 出場チーム数は、各地区交通安全協会から原則1チームとする
  • 1チーム4人であること
  • 同じ小学校に通っていること(学年及び性別は問いません。)
  • 大会で使用する自転車(24型)に乗れること

「交通安全高齢者自転車神奈川県大会」は

  • 出場チーム数は、各地区交通安全協会から原則1チームとする
  • 1チーム3人であること
  • 年齢は65歳以上(大会当日の満年齢)であること(性別は問いません。)
  • 大会で使用する自転車(24型)に乗れること

競技内容について

  「交通安全こども自転車神奈川県大会」

  • 学科テスト(交通規則、道路標識・標示、自転車の正しい乗り方)
  • 安全走行テスト(自転車の正しい乗り方と安全な走行)
  • 技能走行テスト(自転車の乗り方の熟練度)

以上3つの競技の結果を総合して順位を決定します。

  「交通安全高齢者自転車神奈川県大会」

  • 学科テストはありません。
  • 安全技能走行(自転車の安全な走行と技術の熟練度)で競います。


「学科テスト」の様子。

みんな真剣です。



「安全走行テスト(信号機なし右折)」の様子。

止まれの標識では必ず一時停止をし、安全確認をしてから右折します。



「技能走行テスト(ジグザグ走行)」の様子。

ピンを倒したり、両端の線からはみ出したりしないように走ります。



こちらは、交通安全高齢者自転車神奈川県大会「安全技能走行テスト(遅のり)」の様子。

狭い通路を10秒以上かけて走ります。両端の線に触れてはいけません。



このページの先頭へ戻る

表彰について

「交通安全こども自転車神奈川県大会」は、団体・個人ともに6位まで表彰を行い、団体で優勝したチームには、8月8日(予定)に東京ビックサイトで行われる全国大会に出場していただきます。

「交通安全高齢者自転車神奈川県大会」は、団体3位まで表彰を行います。

また、大会参加者(こども、高齢者)全員に、参加賞と特典付き自転車交通安全講習受講済証「チリカ」を発行します。

申込み受付について

各地区の交通安全協会で受付します。

なお、多数の申込みをいただいた場合には、事前に予選会を行うことがありますので、早めに各地区の交通安全協会へ問い合わせください。

問合せ先

公益財団法人  神奈川県交通安全協会
住所  横浜市港北区新横浜2−12−15
電話  045-478-0166(代表)
FAX  045-475-5524