年末の交通事故防止運動の実施について



年末の交通事故防止運動 スローガン 無事故で年末 笑顔で新年

神奈川県警察は、神奈川県交通安全対策協議会主唱の下、「年末の交通事故防止運動」を実施しています。

実施期間

平成30年12月11日(火曜日)から12月20日(木曜日)までの10日間

目的

年末は、例年、交通事故が多発する傾向にあり、忘年会など飲酒の機会が増え、飲酒運転による交通事故の発生も懸念されることから、「年末の交通事故防止運動」を通じて、交通ルールの遵守とマナーの向上に取り組み、交通事故防止の徹底を図ります。

スローガン

無事故で年末  笑顔で新年

運動の重点

  • 飲酒運転の根絶
  • 歩行者(特に高齢者)と自転車の交通事故防止
  • 全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底

皆さんは、特に次のことに気を付けて交通事故を防止しましょう!

飲酒運転の根絶

  • 12月は、神奈川県交通安全対策協議会主唱の「飲酒運転根絶強化月間」も実施しています。「これくらいなら」、「少しの距離だから」、「捕まらないから大丈夫」という安易な気持ちが、取り返しのつかない悲惨な事故を引き起こします。飲酒運転は、絶対にやめましょう。
  • 車を運転する人に酒類を提供すること、飲酒運転をするおそれのある人に車を貸すこと、飲酒運転する人が運転する車に同乗することなど、飲酒運転を助長する行為も、絶対にやめましょう。

歩行者(特に高齢者)と自転車の交通事故防止

イラスト:夜光反射材
  • 横断歩道は歩行者優先がルールです。車を運転する方は、横断歩道に近づく際、確実に速度を落として歩行者等の有無を確認し、歩行者等がいる場合には手前で一時停止しましょう。
  • 冬季は日没時間が早いため、夕暮れ時の交通事故の多発が懸念されます。歩行者や自転車に乗る方は、夜間外出の際、「明るい服装」を心掛け、「反射材用品」を積極的に活用しましょう。
  • 車を運転する際は、暗くなり始めたら早めに前照灯を点灯するとともに、他車の交通を妨げるおそれのないときは、ハイビームを活用し、周囲の歩行者や自転車に十分注意しましょう。

全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底

  • 家族や友人など一緒に乗車する人同士が声を掛け合い、貸切バスやタクシーなども含め、車に乗るときは全ての座席でシートベルトやチャイルドシートを着用しましょう。
  • 職場や家庭などで、シートベルトやチャイルドシート着用の必要性について話し合い、正しい着用を習慣づけましょう。

  「年末の交通事故防止運動」「飲酒運転根絶強化月間」についてチラシを作成しましたので、是非、活用してください。チラシ(PDFファイル 546KB)


交通事故防止運動の推進に御協力をお願いします。

イラスト:敬礼する警察官

このページの先頭へもどる