秋の全国交通安全運動の実施について



ロゴ:秋の全国交通安全運動

神奈川県交通安全対策協議会主唱の下、9月21日(金曜日)から30日(日曜日)までの10日間、「秋の全国交通安全運動」を実施しています。

期間

平成30年9月21日(金曜日)から30日(日曜日)までの10日間
※ 交通事故死ゼロを目指す日 平成30年9月30日(日曜日)


目的

すべての県民を交通事故から守るために、県民一人一人が交通安全について考え、交通ルールの遵守と交通マナーの向上に取り組むことを通じて交通事故防止の徹底を図ります。


スローガン

安全は 心と時間の ゆとりから
高齢者 模範を示そう 交通マナー


重点

  • 子どもと高齢者の安全な通行の確保と高齢運転者の交通事故防止
  • 夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗用中の交通事故防止
  • 全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底
  • 飲酒運転の根絶
  • 二輪車の交通事故防止

このページの先頭へもどる



9月30日(日曜日)は交通事故死ゼロを目指す日

イラスト:白バイ隊員

全国で見ると交通死亡事故は、残念ながら毎日発生しています。

交通事故による死者をゼロにする日を1日でも・・・という思いから、内閣府による呼び掛けで平成20年から実施しております。

交通ルールを守り、また周囲の安全を確認してゆとりのある運転を心掛けましょう。




このページの先頭へもどる



県民の皆さんも、運動をきっかけに交通安全意識を高めましょう。

交通事故を防止するために、特に次のことを心掛けてください。

自動車を運転する方は

  • 前照灯は、日没のおおむね1時間前(9月は、午後5時ころ)に点灯しましょう。
  • 対向車や先行車両がいない場合、上向き前照灯(ハイビーム)を活用しましょう。
  • 高齢運転者標識を付けた車両を見かけたら、思いやりを持った運転を心掛けましょう。
  • 高齢運転者は、適性診断を受けるなど自分の運転技量の把握に努めましょう。
  • 最高速度を守るとともに、道路の状況に応じた安全な速度で運転しましょう。
  • 全ての座席でシートベルトを正しく着用しましょう。
  • 横断歩道では、事前に減速して歩行者の有無や行動を良く確認しましょう。
  • 飲酒運転は「しない、させない」を徹底しましょう。

二輪車を運転する方は

  • ゆとりを持った運転を心掛け、スピードを出し過ぎず、安全確認を徹底しましょう。(県内では通勤時の事故が多く発生しています。)
  • 交差点通過時は、左折する車や対向の右折車に注意しましょう。
  • ヘルメットのほか、プロテクターやエアバッグジャケットも着用しましょう。
  • 二輪車安全運転講習などの交通安全教育に積極的に参加しましょう。
  • 悪天候時には、できるだけ二輪車の利用を控えましょう。

自転車を運転する方は

イラスト:自転車に乗る少年
  • 自転車安全利用五則を守りましょう
    • 自転車は、車道が原則、歩道は例外
    • 車道は左側を通行
    • 歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行
    • 安全ルールを守る
      • 飲酒運転・二人乗り・並進の禁止
      • 夜間はライトを点灯
      • 交差点での信号遵守と一時停止・安全確認
    • 子どもはヘルメットを着用
  • スマートフォン使用や傘さし運転など、「ながら運転」はやめましょう。
  • お子さんを自転車に同乗させる場合には、特に転倒に注意しましょう。
     ※お子さんを同乗させる場合のルールや安全な乗り方については、
    「お子さんを自転車に乗せるとき、ヘルメット被せてますか?」(PDF712KB)(テキスト3KB)をご確認ください。
  • ヘルメットは大人も積極的に着用しましょう。

※ 平成27年6月1日から、特定の危険行為を繰り返した自転車運転者に講習の受講を義務付ける「自転車運転者講習制度」が開始されています。詳しくは、「自転車運転者講習制度について」をご覧ください。


イラスト:反射材用品を着用しましょう

歩行者は

  • 夕暮れ時や夜間には、反射材を着用しましょう。
    (運転者は、夜間、反射材を着用している人を、着用していない人に比べ2倍以上遠くから発見することができます。)
  • 信号無視や道路を斜めに横断するなどの危険な行為はやめましょう。
  • 歩きながらのスマートフォン等の使用はやめましょう。

県民の皆さん、交通安全運動の推進にご協力をお願いします。

このページの先頭へもどる