地震が発生したら


1 緊急地震速報を見聞きしたら

  緊急地震速報とは

  • 気象庁が震度5弱以上の地震を予測した場合に、震度4以上の揺れが予測される地域に発表します。
  • 緊急地震速報の発表から、地震の揺れがくるまでには、数秒から数十秒です。

  緊急地震速報が発表されたら

  • まず身の安全の確保をしましょう。
  • 周囲の人に緊急地震速報の発表を知らせましょう。


このページの先頭へ戻る

2 地震が発生したときは

  屋内にいるとき

  机やテ一ブルの下に身を隠し、身の安全を確保する



  玄関などの扉を開けて非常口を確保しておく

建物が傾いて出口が確保できなくなることがあります。

  あわてて外に飛び出さない

落下物などで怪我をする危険があります。



  揺れが収まったら火の始末 火が出たら初期消火



  ビルや地下街にいるとき

  非常口や出口、階段に殺到しない

多くのビルや地下街は耐震構造になっています。

出入口や階段に殺到すると思わぬ事故につながります。

施設の責任者がいる場合は、指示に従って落ち着いて行動しましょう。

  屋外にいるとき

  カバンや上着などで頭を保護して広い場所などに一時避難

落下物から身を守りましょう。

  倒れやすい物から離れる

ブロック塀や電柱など倒れやすい物には近づかないようにしましょう。



  電車に乗っているとき

  勝手に線路に降りたりせず、乗務員の指示に従う

電車は、強い地震を感じると自動的に停車します。

冷静に行動しましょう。



  車を運転しているとき

  地震を感じたら、車を道路の側端に寄せて停車

  車を無理に動かさない

  現場の警察官の指示に従う

  カーラジオ等からの地震情報や交通情報に基づいて行動



  車を置いて避難するとき

  エンジンを切り、エンジン・キーは付けたまま

  窓を閉め、ドアロックはしない

  なるべく駐車場や空き地に移動

  やむを得ず路上に置く場合は側端に寄せる



  海や川の近くでは

  津波に注意

強い揺れ(震度4以上)、弱くても長い時間ゆっくりとした揺れを感じたら、すぐに海岸から離れて、出来るだけ高い所に避難し、ラジオなどで津波情報の確認しましょう。

詳しくはこちらをご覧ください。(津波に備えてのページへ)



  山やがけの近くでは

  山崩れ、崖崩れに注意

強い揺れで地盤が緩み、がけ崩れを起こすことがあります。

できるだけ遠くに離れ、安全な場所に避難

危険を感じたときや、避難勧告等が出たときはすぐに避難



このページの先頭へ戻る

3 東海地震について

  東海地震とは

  • 駿河トラフを震源域とするマグニチュード8クラスの地震、大規模地震対策特別措置法で発生の予知が可能とされている地震です。
  • 駿河湾周辺では、巨大地震が100〜150年の間隔で繰り返し起きているが、1854年の安政東海地震以降、約150年近く地震が発生していないためプレートの歪みは限界に達しているものと考えられており、その発生の切迫性が指摘されています。

  気象庁が発表する東海地震に関連する情報

東海地震予知情報

東海地震が発生するおそれがあると認められ、「警戒宣言」が発せられた場合に発表される情報 (カラーレベル 赤)

「警戒宣言」に伴って発表(情報発表時にはカラーレベル「赤」と表示)

  警戒宣言が発せられると

  • 国に地震災害警戒本部が設置されます。
  • 津波や崖崩れの危険地域からの住民避難や交通規制の実施。
  • 百貨店等の営業中止などの対策が実施されます。

住民の方は、テレビ・ラジオ等の情報に注意し、東海地震の発生に十分警戒して、「警戒宣言」および自治体等の防災計画に従って行動して下さい。

東海地震注意情報

観測された現象が東海地震の前兆現象である可能性が高まった場合に発表される情報 (カラーレベル 黄)

東海地震の前兆現象である可能性が高まった場合に発表(情報発表時にはカラーレベル「黄」と表示)

  東海地震に対処するため、以下のような防災の「準備行動」が取られます。

  • 必要に応じ、児童・生徒の帰宅等の安全確保対策が行われます。
  • 救助部隊、救急部隊、消火部隊、医療関係者等の派遣準備が行われます。

住民の方は、テレビ・ラジオ等の情報に注意し、政府や自治体などからの呼びかけや、自治体等の防災計画に従って行動して下さい。

東海地震に関連する調査情報

東海地震に関連する現象について調査が行われた場合に発表される情報 (カラーレベル 青)

臨時

観測データに通常とは異なる変化が観測された場合、その変化の原因についての調査の状況を発表 情報発表時にはカラーレベル「青」と表示

  防災対応は特にありません。

  国や自治体等では情報収集連絡体制がとられます。

住民の方は、テレビ・ラジオ等の最新情報に注意して、平常通りお過ごし下さい。

定例

毎月の定例判定会で評価した調査結果の発表

  防災対応は特にありません。

日頃から、東海地震への備えをしておくことが大切です。

  警戒宣言とは

東海地震の発生に先立って、内閣総理大臣がラジオ・テレビなどを通じて
「まもなく(2〜3日以内または数時間以内に)地震が発生します。それぞれの状況に応じて防災の準備をして下さい」
などと、国民に呼びかけることをいいます。

警察や市区町村は、パトカー、広報車、防災行政無線等により広報します。

  警戒宣言が発せられたときの措置

  児童、生徒等保護対策

児童・生徒は、教職員の指導の下に保護者に引き渡されます。ただし、障害のある児童・生徒については、学校等において保護者に引き渡します。

家庭が留守等で帰宅できない児童・生徒等については、状況を判断して学校等が保護します。

  医療機関について

地域医療の確保のため、耐震性を有するなど安全性が確保されている病院については診療を継続できます。

手術中の場合は医師の判断により安全措置をとります。手術予定については緊急やむを得ない場合を除き延期します。

  電話について

電話の利用が制限される場合があります。

※ 一般電話から通話できないときでも、グレー、緑色の公衆電話からはかかりやすくなっています。

※ 携帯電話の制限については、各電話会社の案内をご確認ください。

  鉄道機関について

列車は、強化地域内への進入を禁止します。

強化地域内を運行中の列車は、最寄り駅その他の場所まで安全な速度で運転して停車、待機等の措置をとる場合があります。

  路線バスについて

強化地域内では運行されません。

強化地域外では減速走行するなどして、可能な限り運行を継続します。

  一般車両について

地域によって走行が制限されます。

運転者のとるべき措置

  • 地震の発生に備えて低速走行(高速道路では40km、一般道路では20km)
  • カーラジオ等からの地震情報や交通情報に応じた行動

県内の地震防災対策強化地域(県西部8市11町)

平塚市、小田原市、茅ヶ崎市、秦野市、厚木市、伊勢原市、海老名市、南足柄市、寒川町、大磯町、二宮町、中井町、大井町、松田町、山北町、開成町、箱根町、真鶴町、湯河原町

このページの先頭へ戻る