津波に備えて


1 津波警報について

津波による災害の発生が予想される場合には、地震発生後、約3分で大津波警報、津波警報または津波注意報が発表されます。津波警報、注意報には種類があり、次の表のように区分されます。

「巨大」という言葉を見たり聞いたりしたら、東日本大震災クラスの津波がくると思って、ただちにより高い場所に避難しましょう。

津波警報、注意報の種類

津波警報、注意報の種類
  予想される津波の高さ とるべき行動 想定される被害
  数値での発表
(発表基準)
巨大地震の場合の表現
大津波警報 10メートル超
(高さが10メートルを超える)
巨大 沿岸部や川沿いにいる人は、ただちに高台や避難ビルなど安全な場所へ避難してください。
津波は繰り返し襲ってくるので、津波警報が解除されるまで安全な場所から離れないでください。
ここなら安心と思わず、より高い場所を目指して避難しましょう。
木造家屋が全壊・流失し、人は津波による流れに巻き込まれます。
10メートル
(高さが5メートルを超え10メートル以下)
5メートル
(高さが3メートルを超え5メートル以下)
津波警報 3メートル
(高さが1メートルを超え3メートル以下)
高い 海の中にいる人は、ただちに海から上がって、海岸から離れてください。津波注意報が解除されるまで海に入ったり海岸に近づいたりしないでください。 標高の低いところでは津波が襲い、浸水被害が発生します。人は津波による流れに巻き込まれます。
津波注意報 1メートル
(高さが20センチメートルを超え1メートル以下)
表記しない 海の中では人は速い流れに巻き込まれます。養殖いかだが流失し小型船舶が転覆します。

このページの先頭へ戻る

2 津波警報等が発表されたら

  • 安全かつ迅速に避難を開始してください。
  • 地震を感じなくても、津波警報等が発表された時には、ただちに海浜から離れ急いで安全な場所に避難してください。
  • 津波は繰り返し襲ってくるので、津波警報等解除まで気を緩めないでください。

このページの先頭へ戻る

3 津波から命を守るためには

  • 「逃げる」ことが唯一の方法です。
  • 自己判断を払拭して、避難勧告や避難指示に従ってください。
  • 海には近づかず、避難経路に川沿いを使わないようにしてください。

このページの先頭へ戻る

4 オレンジフラッグは避難のサイン

オレンジフラッグは、津波警報等が発表された時に、サイレンや無線などが聞こえにくい海浜利用者に対して、視覚的な避難の合図として掲示するものです。

神奈川県では、オレンジフラッグでの避難を促す取組を推進しています。海岸でオレンジフラッグが掲示されているのを見かけたら、すぐに海から上がって海岸から離れ、身の安全を確保しましょう。

 
設置の状況

 
オレンジフラッグ



このページの先頭へ戻る