神奈川県警察機動隊


Contents

   沿革

   機動隊の活動

   機能別部隊



   機動隊の訓練

   機動隊の車両




沿革

昭和29年7月1日、都道府県単位の警察となった新警察制度発足に伴い、警備実施等の部隊活動の中核として、同年7月20日、神奈川県警察機動隊が編成されました。

昭和45年4月神奈川県警察機動隊は、第一機動隊と第二機動隊に分割され、同年7月、第二機動隊が横浜市南区の県警中村分庁舎から川崎市中原区木月に移転し、昭和51年8月には第一機動隊が横浜市金沢区富岡東に移転しました。

 
第一機動隊正門の桜

写真:神奈川県警察機動隊の徽章

神奈川県警察機動隊の徽章(通称「ウイングマーク」)

中央に神奈川県のマークを配し、翼を模している。

翼に入った3本の線は「仁」「智」「勇」を表している。



近年では、平成22年のAPEC警備、平成23年の東日本大震災発生に伴う被災地への特別派遣等に従事しました。

 
APEC警備

 
東日本大震災特別派遣



一方最近では、高まるテロの脅威から県民生活の安全を守るため、重要施設に加え、繁華街、主要な交通機関等に対する警戒を行うとともに、NBCテロ専門部隊の新設、銃器対策部隊の充実強化と隊員個々の特殊能力向上に取り組んでいます。

また、機動隊の集団警備力を生かして、街頭犯罪抑止を目的とした集団パトロール、暴走族の取締り、交通事故防止対策、環境浄化対策など県民に身近な活動にも従事しています。

このページの先頭へ戻る