サイバー犯罪防止シンポジウム2018 in Yokohama


つながる社会・広がる未来!サイバー空間におけるトラブルを防止するために

インターネットが私たちの生活や社会経済活動に不可欠な社会基盤として定着し、今やサイバー空間は日常生活の一部となっています。

こうした中、平成29年中のサイバー犯罪の検挙件数は過去最多となり、サイバー犯罪に関する相談内容も多岐にわたっているほか、県民のニーズ調査では「県民が不安に感じる犯罪」の上位に「コンピュータへの不正アクセス」や「インターネットを利用した犯罪」が挙げられています。

本シンポジウムでは、皆様から寄せられるサイバー犯罪に関する相談事例とその対策、少年を取り巻くサイバー犯罪の実態、中小企業におけるITの利活用が進む中でのサイバーリスクに対するセキュリティ対策など、大人から子ども、個人から法人までの幅広い層を対象としたテーマで、有識者による基調講演を行います。


シンポジウム案内チラシ PDFファイル(917KB)


開催要項

日時

平成30年10月16日(火曜日) 午後2時から午後4時35分まで

会場

横浜市中区本町1丁目6番地
横浜市開港記念会館 講堂
(JR関内駅 徒歩10分、みなとみらい線日本大通り駅 徒歩1分)

主催

神奈川県警察、横浜市

共催

特定非営利活動法人 NPO情報セキュリティフォーラム

定員

400名(申込順)

参加費

無料

基調講演1

演題

『最近のサイバー相談とその対策』

講師

神奈川県警察本部サイバー犯罪対策課 課長補佐 夘野 智喜

基調講演2

演題

『児童・生徒とサイバー犯罪 ‐加害者にも被害者にもならないために‐』

講師

情報セキュリティ大学院大学 学長補佐・教授 湯淺 墾道 氏

基調講演3

演題

『どこまでやればいいのか、企業のセキュリティ』

講師

神奈川県警察サイバー犯罪捜査顧問 S&J株式会社 代表取締役社長 三輪 信雄 氏

このページの先頭へ戻る

会場へのアクセス

横浜市開港記念会館周辺地図

会場

横浜市開港記念会館 講堂
(横浜市中区本町1丁目6番地)

アクセス

JR京浜東北線「関内駅」南口から徒歩10分

市営地下鉄「関内駅」1番出口から徒歩10分

みなとみらい線「日本大通り駅」1番出口から徒歩1分



申込み・問合せ

  申込み要領

電子メールまたは電話にて下記をお知らせください。

(※受付のために利用させていただくものであり、他の目的での利用は致しません。)

【題名】  シンポジウム参加申込み

【本文】

  • お名前(代表者名)
  • 参加人数
  • ご連絡先(メールアドレスまたは、電話番号)
  • 団体・会社名(複数による申込みの場合)

  申込み先

神奈川県警察本部 サイバー犯罪対策課 対策係 シンポジウム担当

Eメール:kpps07@police.pref.kanagawa.jp

電話:045-211-1212(平日の午前8時30分から午後5時15分までの間)

  締切り

平成30年10月12日(金曜日)まで

Eメールでのお申込みの方には申込完了の返信をいたします。

その他

荒天等により、交通機関に大きな乱れが生じた場合には、中止となることもございます。

このページの先頭へ戻る