インターネットオークション等に関する相談


インターネットオークション等の電子商取引はインターネット上で買物が簡単にできるなど非常に便利なシステムですが、詐欺の被害、トラブル等にあう事案が増加しております。

利用される方は、このような危険性について理解した上で、十分注意して利用してください。

あなたの貴重な財産、取引は慎重に行ってください

最近、インターネットの掲示板やコミュニティサイト等で、「コンサートチケットを売ります」、「ギフトカードを格安で売ります」等の情報を見て取引をしたところ、代金を騙し取られるという被害が全国的に増えています。

下記のチラシ等を参考に十分注意して取引をおこなってください。

  インターネット掲示板等を利用した詐欺に注意!!(PDFファイル:165KB)

※   PDFファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社(Adobe Systems Incorporated)が無償配布しているAdobe Readerが必要です。

お持ちでない方は、次のアイコンからダウンロードし、インストールを完了してからご利用ください。

アドビシステムズ社(Adobe Systems Incorporated)のサイトへ

よくあるトラブル事例

警察に相談のあったインターネットオークション等でのトラブルの事例をいくつか紹介します。同様のトラブルが多く発生しているので、十分に注意してください。

違う品物が送られてきた!!

オークションで洋服を落札し、代金を払って品物を受け取りましたが、希望していたものとサイズが違っていました。相手に「返品をするので品物を交換するか返金をしてください。」と申し出たのですが応じてもらえませんでした。そこで、オークションの評価欄を「悪い」としたところ、相手からも「悪い」と評価をつけられてしまいました。


購入したものが使えない!!

パソコンの周辺機器がオークションで安く売られていたので落札し、代金を払い品物を手に入れ、自分のパソコンに接続したところ、うまく動きませんでした。出品者に「動かないので返品したい」と申し出たところ、「ノークレーム、ノーリターンでと書いて出品したので応じられません。」と言われ返品に応じてもらえません。


チケットが送られてこない!!

人気ロックグループのコンサートチケットを落札し、代金を振り込みましたがチケットが届きません。メールや電話で催促をすると「チケットを準備でき次第発送します」等と言ってきますが、いっこうにチケットが届きません。このままではコンサートの日までにチケットを入手できそうにありません。相手のオークションの評価欄を見たところ、他にも大勢の人が同様のトラブルとなっているようです。


相手と連絡がつかない!!

ホームページの掲示板に掲載されていた「パソコン売ります」の情報を見て、メールで連絡を取り合い、指定銀行口座に代金を振り込んだが、パソコンが送られてきません。催促のメールを出してみましたが、返事がありません。教えられた携帯電話の番号に電話しても、「電波が届かないところにいるか、電源が入っていません。」というメッセージになってしまいます。


キャンセルが出て得をしたはずなのに!!

デジカメが欲しくてオークションに参加したのですが落札はできませんでした。しかし、その後、出品者からメールで、「落札者が急にキャンセルしたので、あなたの入札した際の価格で結構ですから買ってもらえませんか?」という連絡を受けたので、購入したいことを伝え、指定された口座に入金しましたがデジカメが送られてきません。催促のメールをしても、返事がありません。

そこで、オークションサイトに問い合わせ出品者に確認してもらったところ、すでに出品者と落札者の間で取引が終了しており、出品者もそのようなメールを出した覚えがないとのことでした。


(参考)

オークションサイトにも、多くのトラブル事例が掲載されています。

  トラブル ケーススタディ(BIDDERS[ビッダ−ズ])(http://www.bidders.co.jp/safe/05.html)

  報告されているトラブルの例(Yahoo!オークション)(http://auctions.yahoo.co.jp/phtml/auc/jp/notice/instances/example.html)

  ネット取引事件簿(Yahoo!オークション)(http://auctions.yahoo.co.jp/phtml/auc/jp/notice/instances/instances00.html)

このページの先頭へ戻る


トラブルに巻き込まれないための注意点

事前に取引内容や取引相手について注意していれば、トラブルや犯罪に巻き込まれずに済んだと思われる事例が多くあります。取引の前に、以下を参考に十分注意して取引を行うようにしてください。

不審な点があれば、取引をやめましょう!!


取引する前の注意点

  オークションサイトの注意事項を十分に確認しましょう

多くのオークションサイトでは、入札や落札等の操作方法のほかに、取引でトラブルに遭わないための注意事項が紹介されております。事前にそうした情報を読み、慎重に利用してください。


(参考)

利用しているオークションサイト以外のサイトの情報でも参考になります。

  トラブル回避マニュアル(BIDDERS[ビッダ−ズ])(http://www.bidders.co.jp/safe/index.html)

  オークション詐欺、トラブルの予防と対策(楽天オークション)(http://auction.rakuten.co.jp/guide/trust_safety/)

  Yahoo!オークションをより楽しむために(Yahoo!オークション)(http://auctions.yahoo.co.jp/html/guide.html)

  品物についての確認を十分に取りましょう

事前に出品物について十分な確認をせず、トラブルとなっている場合が多くあります。

オークション出品画面に実物の写真ではなく、カタログやメーカーのホームページの写真のみが載せられている場合には実物の写真を確認させてもらうようにしましょう。

また、オークション出品画面の写真だけで判断せず、実物の色、形状の確認はもとより、使用済み(中古)の場合には状態(傷、汚れ等)についても十分に確認を取りましょう。

  相手の取引状況や評価を確認しましょう

多くのオークションでは出品者の出品状況や取引相手の出品者に対する評価を見ることができます。

出品者の取引状況を見て、個人なのに同じ品物を大量に出品している場合や、新規の出品者なのに多くの出品をしているといった場合には注意しましょう。また、評価欄で今までの取引でトラブルがないか確認しましょう。


  返品の条件等について確認をしておきましょう

バッグ等を購入したが、届いた物の汚れや傷が多く状態が悪い、色が写真とは違う等といった理由から、出品者に返品を要求しトラブルとなった等の相談が多くあります。また、パソコンの部品等には「ジャンク(junk:がらくた、廃品)扱い」等と書かれている場合もあり、そうした物を購入し、トラブルとなる場合もあります。

このようなトラブルを避けるために、事前に返品の条件等について確認をしておきましょう。あわせて送料の負担等についても事前に決めておきましょう。

  相場等を確認しておきましょう

現実世界で入手困難な品物を「特別なルートで大量に仕入れています」、「絶対確実に入手できます」等と書かれている場合には、相手がどのような手段でその品物を入手しているか確認しましょう。また、そのような入手方法が現実的かどうか製造元にも確認するようにしましょう。

また、出品価格についても、他の同種の出品物の値段に比べ異常に安い等不審な点がないかどうか確認するようにしましょう。

なお、ネットで購入するより、現実社会で購入した方が安いといったことも考えられます。現実社会での相場についても確認し、本当にネットで購入する必要があるのかについて十分検討するようにしましょう。


取引時の注意点

  相手の身元を十分に確認しましょう

メールのやりとりだけではなく、相手の住所、電話番号を確認し、電話でも十分に確認を取るようにしましょう。また、電話は携帯電話ではなく固定電話の番号を聞くようにしましょう。

また、オークションの出品者も、相手に不安を与えないよう、電話での連絡を行うようにしてください。

  取引はできるだけ安全な方法を選びましょう

取引の際には、代金振込後商品発送といった取引方法より、直接会って品物とお金を交換する対面取引の方が安全です。しかし、ネットオークションの場合、相手が遠方であるため対面取引が困難な場合が多くあります。そのような場合には、有料でもオークション会社の仲介サービス(エスクローサービス)を利用することが望ましいでしょう。

また、少額でエスクローサービスを使いたくない場合には代金引換による取引もありますが、代金を払い品物を受取ってから中身を確認したところ、別のものだった等といったトラブルも多くあります。

どうしても口座振込による取引を行う場合には、できるだけ本人名義の口座を利用するようにしてください。


(参考)

オークションサイトによっては、トラブル多発口座情報を開示しているので、相手の振込先口座が出ていないか必ず確認してください。

  トラブルが多数報告されている出品者の振込先口座リスト(Yahoo!オークション)(http://info.auctions.yahoo.co.jp/f/trouble/)

このページの先頭へ戻る


トラブルにあった場合の対処方法

トラブルにあってしまった場合には、下記のように対処してください。

利用したオークションサイト等で解決策を確認してみましょう

入金後、相手とメールや電話での連絡が取れなくなった等のトラブルとなった場合には、利用したオークションサイト等のヘルプやユーザガイド等に解決策について説明が書かれている場合がありますので、それらを参考にトラブルの解決をはかってください。

また、オークションサイトによっては、トラブルを届け出ると相手に事情を確認してくれる場合もありますので、届出をするようにしましょう。

(参考)

  詐欺だと思ったら...(BIDDERS[ビッダ−ズ])(http://www.bidders.co.jp/safe/04.html)

  Yahoo!オークション ヘルプ - 詐欺にあった可能性がある(Yahoo!オークション)
(http://help.yahoo.co.jp/help/jp/auct/safe/safe-03.html)

利用しているオークションサイトによっては補償制度が適用できる場合もありますので、補償制度が適用できないかを利用したオークションサイトに確認してみましょう。

(参考)

  取引補償(BIDDERS[ビッダ−ズ])(http://www.bidders.co.jp/tutorial/insurrance.html)

  ご利用ガイド 楽オクあんしん補償サービス(楽天オークション)(http://auction.rakuten.co.jp/guide/rule/anshin_01.html)

  Yahoo!オークション補償制度(Yahoo!オークション)(Yahoo!オークション)
(http://auctions.yahoo.co.jp/phtml/auc/jp/notice/compensation/compensation.html)

内容証明郵便を出してみましょう

相手の住所がわかる場合には、内容証明郵便により、期日を決めて商品の発送や返金を要求してみてください。

内容証明郵便とは、郵便局が、いつ、誰から誰に、どのような内容の郵便を出したかということを証明してくれる郵便のことで、裁判の証拠としても使えるものです。

内容証明郵便を利用して催促することで、相手に自分の意志を明確に伝えたことの証拠を残すことができ、「そのような催促は受けていない」等と言った言い逃れをさせなくすることができます。

(参考)

内容証明郵便の出し方、文書の書き方等にはいくつかの決まりがありますので、下記を参考にしてください。

  内容証明(日本郵便)(http://www.post.japanpost.jp/service/fuka_service/syomei/)

  契約取消しにおける内容証明のやり方(「消費者の窓」:内閣府国民生活局)
(http://www.consumer.go.jp/kankeihourei/keiyaku/naiyoshomei/index.html)

また、インターネット上から内容証明郵便が送付できる電子内容証明サービスもあります。

  電子内容証明サービス(日本郵便)(http://www3.hybridmail.jp/mpt/)


法律相談窓口等に相談してみましょう

内容証明郵便が相手に届き、こちらの要求事項を確認しているにもかかわらず相手が要求に応じないといった場合、民事訴訟を起こすことも考えられます。

しかし、その前にお近くの法律相談窓口等に相談し、自分でできる解決策はできる限りやってみましょう。

(参考)

法律相談窓口については、下記を参考にしてください。

神奈川県内にお住まいの方

  県民の声・相談室(神奈川県)(http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f209/p11052.html)

  神奈川県弁護士会のホームページ(http://www.kanaben.or.jp/)

*この他に各市役所・町村役場でも法律相談を開設している場合があります

他都道府県にお住まいの方は、お住まいの都道府県庁、市役所、町村役場で相談窓口を設置している場合がありますので、そちらにご相談ください。

また、各地域の弁護士会で法律相談を受け付けている場合もあります。

  弁護士会一覧(日本弁護士連合会)(http://www.nichibenren.or.jp/bengoshikai.html)

また、トラブルの相手が事業者の場合には、消費生活相談窓口でアドバイスを受けることもできます。

消費生活相談窓口については、下記を参考にしてください。

それでも解決できない場合の最終的な手段としては、少額訴訟制度を利用することが考えられます。

少額訴訟制度とは、60万円以下の金銭に関するトラブルを解決するための訴訟制度で、請求金額にあった費用や時間で裁判が行えるものです。

少額訴訟の手続きについては、法律相談窓口や最寄の簡易裁判所に相談するのがよいでしょう。

(参考)

少額訴訟に関する情報は、下記を参考にしてください。

  小額訴訟(最高裁判所)
(http://www.courts.go.jp/saiban/syurui/minzi/minzi_04_02_02.html)

各地域の裁判所に関する情報は下記を参考にしてください。

  各地の裁判所ホームページ(最高裁判所)(http://www.courts.go.jp/map.html)

最寄の警察署に相談してみましょう

内容証明郵便を出しても相手から聞いていた住所が架空の住所であり、内容証明郵便が不達となった場合には詐欺の可能性があります。相手の処罰を望むのであれば、最寄の警察署に相談してください。

相談の際には、事前に警察署に電話で連絡した上で、状況を説明しやすいように

  •   事実関係がわかるもの
    取引の内容、落札日、入金日、入金場所等を明らかにするもの
  •   証拠となるもの
    振込みの控え、内容証明郵便を出した結果、相手の情報(相手のIDや連絡先等)
  •   相手とのやりとりがわかるもの
    やりとりした際のメールの印刷物(ヘッダー情報を含む)等

を用意してから相談に行くようにしてください。

(参考)

警察の相談窓口については、下記を参考にしてください。

このページの先頭へ戻る