インターネット上に違法・有害情報を見つけたとき・・・


「インターネット・ホットラインセンター」に通報を!!

http://www.internethotline.jp/(別サイトへ移動します)

※ ただし、殺人・爆破・自殺予告など緊急に対応が必要な情報は、110番通報願います。

「インターネット・ホットラインセンター」とは

「インターネット・ホットラインセンター」は、インターネット上の違法・有害情報の通報受付窓口です。

通報された情報は、一定の基準に従って選別し、警察への情報提供、プロバイダや掲示板管理者等への送信防止措置依頼等を行っています。

みなさまがインターネットを利用している際に違法・有害情報を見つけた場合には、インターネット・ホットラインセンターへ通報してください。

「インターネット・ホットラインセンター」の役割

「インターネット・ホットラインセンター」においては、インターネット利用者から受け付けた情報について、主に、次のような対応を行います。

  警察への情報提供

インターネット上における流通が刑罰法規に違反する疑いがある情報、特定の犯罪に関連する情報(法禁制品の販売に関する情報等)その他の犯罪関連情報、自殺関連情報等について、犯罪捜査、犯罪予防、人命保護等に資するために警察庁を通じて各都道府県警察に情報提供します。

  プロバイダや電子掲示板の管理者等に対する対応依頼

違法・有害情報のうち一定の範囲の情報については、プロバイダや電子掲示板の管理者等に対して送信防止措置等の対応を依頼します。

  関係機関等への情報提供等

人権侵害、知的財産権侵害等に係る通報等他の機関・団体において処理することが適当なものについては、専門的な対応を行っている関係機関・団体に対して情報提供します。例えば、名誉毀損、プライバシー侵害情報については法務省人権擁護機関に、知的財産権侵害情報については各権利者団体等に情報提供することが考えられます。

  フィルタリング事業者に対する情報提供

受信側による情報のフィルタリングによる違法・有害情報対策に資するため、インターネット・ホットラインセンターにおいて集積した違法・有害情報のデータベースについて、定期的にフィルタリング事業者に対して、情報提供しています。

イメージ図:インターネット・ホットラインセンター

「インターネット・ホットラインセンター」で取り扱う違法情報、有害情報について

「インターネット・ホットラインセンター」にて取り扱う違法・有害情報は次のとおりです。

違法情報

  • わいせつ物公然陳列(刑法第175条)
  • 児童ポルノ公然陳列(児童ポルノ法第7条第4項)
  • 売春周旋目的の誘引(売春防止法第6条2項第3号)
  • 出会い系サイト規制法違反の禁止誘引行為(出会い系サイト規制法第6条)
  • 薬物犯罪等の実行又は規制薬物(覚醒剤、麻薬、向精神薬、大麻、あへん及びけしがら)の濫用を、公然、あおり、又は唆す行為(麻薬特例法第9条)
  • 規制薬物の広告(覚せい剤取締法第20条の2、麻薬及び向精神薬取締法第29条の2及び第50条の18、大麻取締法第4条第1項第4号)
  • 預貯金通帳等の譲渡等の誘引(犯罪収益移転防止法第26条第4項)
  • 携帯電話等の無断有償譲渡等の誘引(携帯電話不正利用防止法第23条)
  • 不正アクセス行為を助長する行為の禁止(不正アクセス禁止法第5条)
  • 識別符号の入力を不正に要求する行為の禁止(不正アクセス禁止法第7条)

有害情報

  • 情報自体から、違法行為(拳銃等の譲渡等、爆発物の製造、児童ポルノの提供、公文書偽造、殺人、脅迫等)を直接的かつ明示的に請負・仲介・誘引等する情報
  • 列挙する違法情報について、違法情報該当性が明らかであると判断することは困難であるが、その疑いが相当程度認められる情報
  • 人を自殺に誘引・勧誘する情報(集団自殺の呼びかけ等)

これらの情報をインターネット上で見つけた場合には、「インターネット・ホットラインセンター」へ通報してください。

「インターネット・ホットラインセンター」の周知のお願い

インターネット上の違法・有害情報への対応を効果的かつ効率的に推進していくためには、広くインターネット利用者から違法・有害情報に関する情報提供をいただくことが必要です。

インターネットを利用するみなさまには、「インターネット・ホットラインセンター」の活用をお願いすると共に、他の利用者へ「インターネット・ホットラインセンター」の周知をお願いいたします。

  チラシ「違法・有害情報を見つけたときは、インターネット・ホットラインセンターへ」(PDFファイル:420KB)

※ PDFファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社(Adobe Systems Incorporated)が無償配布しているAdobe Readerが必要です。

お持ちでない方は、次のアイコンからダウンロードし、インストールを完了してからご利用ください。

get adobe reader

このページの先頭へ戻る