薬物の根絶を目指して
大切にしよう あなたの心と体


覚醒剤や大麻などの薬物の害が、あなたの周りに忍び寄っています。好奇心による乱用が学生や主婦にまで広がっています。

薬物の恐ろしさを知らずに「一度だけなら」という安易な気持ちから手を出して薬物にとりつかれ、尊い命を落とす人がいます。

薬物の乱用は、乱用者本人の問題だけではなく、乱用が原因で殺人などの凶悪事件を引き起こしたり交通事故を起こしたりして、社会的に大きな問題となっています。


覚醒剤 ・大麻などの薬物乱用が身体に及ぼす影響と有害性

覚醒剤について

覚醒剤は、化学合成で作られる薬物です。無色の結晶または白色の結晶性粉末で、無臭、やや苦みがあります。使用により一時的に中枢神経を興奮させる作用があるため、気分が爽快になり、疲労感や倦怠感が吹き飛んで作業の能率が上がるような錯覚にとらわれます。

覚醒剤の作用の持続時間はだいたい5時間から6時間で、疲労感、脱力感が残ります。この疲労感、脱力感を解消できるような気がして繰り返し覚醒剤を使用していると常習となりやがて中毒に陥ってしまいます。

中毒に陥ると、幻聴、幻覚、妄想がひどくなり、現実にはありもしないものが見えたりします。

覚醒剤を所持、譲渡、譲受、使用したときの刑罰
【10年以下の懲役】

写真:結晶状の覚醒剤

写真:錠剤型覚醒剤

写真:押収された覚醒剤


大麻について

大麻は、一般にマリファナと呼ばれ、茶色または草色で、乾燥大麻、暗緑色の棒状、板状の大麻樹脂、粘着性の暗緑色の液体大麻があります。

大麻を使用すると陽気になり多弁になると言われており、触覚、聴覚、味覚、視覚等が過敏になり変調をきたします。また思考が分裂し、過去、現在、未来の観念の混乱が生じて感情が不安定になり、幻覚や妄想におそわれるようになります。

大麻を所持、譲渡、譲受したときの刑罰
【5年以下の懲役】

写真:大麻草メス株の花穂

写真:大麻草オス株の花穂

写真:押収された感想大麻草


コカインについて

コカインとは、コカの葉からとれる薬物です。コカの葉は、コロンビア、ペルー、ボリビアなどの国で栽培されており、主にコロンビア国内の秘密工場でコカインに精製され、コロンビアの麻薬犯罪組織の手で世界各国に密輸されています。

コカインを使用すると、興奮作用が働いて気分が高揚し、疲労感や空腹感がなくなり、さらに体が軽く感じられて、腕力や知力がついたという錯覚に陥ります。乱用を続けると覚醒剤と同様に中毒症状が現れます。

コカインの効果の持続時間は20分から30分程度で、覚醒剤に比べて非常に短いのが特徴です。そのため覚醒剤よりも使用回数が多くなり、コカインを手に入れるために犯罪を犯すようになります。

コカインを所持、譲渡、譲受、施用したときの刑罰
【7年以下の懲役】

写真:実をつけたコカの木

写真:コカイン粉末

写真:クラック(新種のコカイン)

向精神薬について

向精神薬とは、神経症や不眠症などに対する医薬品で、薬局から購入し服用するには医師の処方箋が必要です。

若年層を中心に乱用者が増えており、乱用すると、中毒になり頭痛、けいれん、錯覚などの症状が現れ、覚醒剤などと同様に、一度に多量に服用すると中毒死する危険があります。

向精神薬を譲渡、譲渡目的で所持したときの刑罰
【3年以下の懲役】

イメージ画像

薬物を乱用すると

*薬物を手に入れるためのお金が欲しくなり、窃盗、恐喝などの罪を犯すようになります。

*いらいらして家族や周囲の人に暴力を振るうようになります。

*家族や周囲の人は、不安と恐怖の毎日を過ごすことになります。

薬物乱用者による犯罪、事件

*幻覚や被害妄想に陥って、住居侵入や刃物携帯による事件を引き起こしたり、通行人を襲って殺人を犯すなどの凶悪事件を起こしています。

*薬物により正常な判断ができなくなり、交通事故を起こしています。

次世代への影響・後遺症

*妊娠している人が薬物を乱用すると、死産となったり、生まれた赤ちゃんに異常が生じたりします。
現在、アメリカなどで問題になっているのがコカインベビーです。コカインベビーは、妊娠中の母親がコカインを施用したために赤ちゃんが体内で薬物の影響を受けたもので、脳の異常、体の発育不全などの症状がみられ、生まれても集中治療室からなかなか出られない場合もあります。

*薬物乱用の後遺症として、フラッシュバック(再燃現象)があります。
これは、薬物をやめて普段の生活に戻っても、ストレスや飲酒などによって前に起きた薬物による精神的異常が再発する症状です。


覚醒剤 ・大麻などの薬物の追放にご協力を!

人生を狂わせ、家庭を崩壊し、社会に害をもたらす覚醒剤 ・大麻などの薬物を撲滅するためには、皆さん一人一人に薬物の恐ろしさを再認識していただくことが大切です。

暴力団や不良外国人などの麻薬密売人は、金儲けのために皆さんを誘惑します。薬物に手を出して、良いことは一つもありません。

皆さんの手で、覚醒剤 ・大麻などの薬物を社会から追放しましょう!


問い合わせ先
神奈川県警察本部刑事部組織犯罪対策本部  薬物銃器対策課
又は、 最寄りの警察署

このページの先頭へ戻る