猟銃等講習会及び技能講習開催のお知らせ


神奈川県公安委員会では、初めて猟銃等の所持の許可を受けようとする人又は猟銃等の所持の許可の更新を受けようとする人を対象として、銃砲刀剣類所持等取締法第5条の3に基づく猟銃及び空気銃の取扱いに関する講習並びに、猟銃の操作及び射撃の技能に関する講習を開催しております。



区分 平成28年 平成29年
月別
会場
12月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
初心者 横浜市開港記念会館
経験者 横浜市開港記念会館
横浜市開港記念会館          
川崎市総合自治会館                    
横須賀市立勤労福祉会館                    
平塚市民センター                  
小田原市生涯学習センター(けやき)                    
松田町民文化センター                  
厚木市文化会館                      
大和市生涯学習センター                    
相模原市民会館            

注1  日時及び会場の公表は、1ヶ月前に公表します。住所地を管轄する警察署の生活安全課に確認してください。

注2  計画停電の実施により開催日時、場所が変更となる場合があります。

このページの先頭へ戻る


初心者講習会

初めての猟銃等の所持許可を受けようとする人を対象とするものです。


開催日時 開催場所 募集人員
平成28年12月6日 火曜日
受付 9時15分〜9時30分
講習 9時30分〜17時00分
横浜市中区本町1丁目6番地
横浜市開港記念会館(9号会議室)
定員60人
平成29年1月10日 火曜日
受付 9時15分〜9時30分
講習 9時30分〜17時00分
横浜市中区本町1丁目6番地
横浜市開港記念会館(9号会議室)
定員60人

  手数料  6,800円(神奈川県収入証紙)

  考査について  講習に係る事項を修得したかどうかを考査します

申込み方法はこちらから

猟銃等講習会の初心者講習の考査が変わりました!

主な変更点は、出題形式が四肢択一から正誤(○×)式に、問題数が20問から50問になりました。

詳しい内容、練習問題は、こちらをご覧ください。(PDFファイル324KB)

このページの先頭へ戻る


経験者講習会

猟銃等の所持許可の更新を受けようとする人を対象としたものです。

開催日時 開催場所 募集人員
平成28年12月9日 金曜日
受付 9時15分〜9時30分
講習 9時30分〜12時00分
横浜市中区本町1丁目6番地
横浜市開港記念会館(1号会議室)
定員60人
平成28年12月13日 火曜日
受付 9時15分〜9時30分
講習 9時30分〜12時00分
横浜市中区本町1丁目6番地
横浜市開港記念会館(1号会議室)
定員60人
平成28年12月16日 金曜日
受付 13時15分〜13時30分
講習 13時30分〜16時00分
相模原市中央区中央3丁目13番15号
相模原市民会館(第2大会議室)
定員60人
平成28年12月21日 水曜日
受付 13時15分〜13時30分
講習 13時30分〜16時00分
足柄上郡松田町松田惣領2078番地
松田町民文化センター(展示ホール)
定員60人
平成29年1月6日 金曜日
受付 13時15分〜13時30分
講習 13時30分〜16時00分
足柄上郡松田町松田惣領2078番地
松田町民文化センター(展示ホール)
定員60人
平成29年1月13日 金曜日
受付 9時15分〜9時30分
講習 9時30分〜12時00分
横浜市中区本町1丁目6番地
横浜市開港記念会館(6号会議室)
定員60人
平成29年1月18日 水曜日
受付 9時15分〜9時30分
講習 9時30分〜12時00分
横浜市中区本町1丁目6番地
横浜市開港記念会館(6号会議室)
定員60人
平成29年1月23日 月曜日
受付 13時15分〜13時30分
講習 13時30分〜16時00分
相模原市中央区中央3丁目13番15号
相模原市民会館(第2大会議室)
定員60人

  手数料  3,000円(神奈川県収入証紙)

申込み方法はこちらから

このページの先頭へ戻る


技能講習

技能講習(散弾銃射撃)

実施日 開始時間 場所 使用銃種 射撃科目 定員
平成28年
12月2日 金曜日
12月9日 金曜日
12月16日 金曜日
午前(12人)
 受付 8時30分
 講習 9時00分
神奈川県足柄上郡大井町赤田902番地
株式会社神奈川大井射撃場
散弾銃 トラップ
スキート
24人
午後(12人)
 受付 12時30分
 講習 13時00分
平成28年
12月10日 土曜日
12月17日 土曜日
午前(15人)
 受付 8時30分
 講習 9時00分
神奈川県伊勢原市上粕屋2380番地
神奈川県立伊勢原射撃場
散弾銃 トラップ
スキート
30人
午後(15人)
 受付 12時30分
 講習 13時00分
平成29年
1月6日 金曜日
1月13日 金曜日
1月20日 金曜日
1月27日 金曜日
午前(12人)
 受付 8時30分
 講習 9時00分
神奈川県足柄上郡大井町赤田902番地
株式会社神奈川大井射撃場
散弾銃 トラップ
スキート
24人
午後(12人)
 受付 12時30分
 講習 13時00分
平成29年
1月14日 土曜日
1月21日 土曜日
午前(15人)
 受付 8時30分
 講習 9時00分
神奈川県伊勢原市上粕屋2380番地
神奈川県立伊勢原射撃場
散弾銃 トラップ
スキート
30人
午後(15人)
 受付 12時30分
 講習 13時00分

技能講習(ライフル銃又はライフル銃及び散弾銃以外の猟銃射撃)

実施日 開始時間 場所 使用銃種 射撃科目 定員
平成28年
12月3日 土曜日
12月8日 木曜日
12月17日 土曜日
12月22日 木曜日
午前(6人)
 受付 8時30分
 講習 9時00分
群馬県富岡市桑原604番地
ぐんまジャイアント
総合クレー・ライフル射撃場
ライフル銃(大口径) 立射
膝射
肘射
12人
午後(6人)
 受付 12時30分
 講習 13時00分
ライフル銃及び散弾銃以外の猟銃
平成28年
12月4日 日曜日
午前(10人)
 受付 7時50分
 講習 8時00分
静岡県富士市岩本1601番地の2
富士国際岩本山ライフル射撃場
ライフル銃(大口径・小口径) 立射
膝射
伏射
肘射
20人
午後(10人)
 受付 12時50分
 講習 13時00分
ライフル銃及び散弾銃以外の猟銃
平成28年
12月10日 土曜日
12月17日 土曜日
午前(5人)
 受付 8時30分
 講習 9時00分
神奈川県伊勢原市上粕屋2380番地
神奈川県立伊勢原射撃場
ライフル銃(大口径・小口径) 立射
膝射
伏射
肘射
10人
午後(5人)
 受付 12時30分
 講習 13時00分
ライフル銃及び散弾銃以外の猟銃
平成28年
12月13日 火曜日
午前(10人)
 受付 7時30分
 講習 8時00分
静岡県富士宮市猪之頭978番地の1
西富士ライフル射撃場
ライフル銃(大口径・小口径) 立射
膝射
伏射
肘射
20人
午後(10人)
 受付 12時30分
 講習 13時00分
ライフル銃及び散弾銃以外の猟銃
平成28年
12月18日 日曜日
午前(6人)
 受付 8時30分
 講習 9時00分
山梨県南都留郡忍野村忍草2761番地
富士五湖ライフル及びクレー射撃倶楽部
ライフル銃(大口径・小口径) 立射
膝射
伏射
肘射
12人
午後(6人)
 受付 12時30分
 講習 13時00分
ライフル銃及び散弾銃以外の猟銃
平成29年
1月7日 土曜日
1月12日 木曜日
1月21日 土曜日
1月26日 木曜日
午前(6人)
 受付 8時30分
 講習 9時00分
群馬県富岡市桑原604番地
ぐんまジャイアント
総合クレー・ライフル射撃場
ライフル銃(大口径) 立射
膝射
肘射
12人
午後(6人)
 受付 12時30分
 講習 13時00分
ライフル銃及び散弾銃以外の猟銃
平成29年
1月11日 水曜日
午前(10人)
 受付 7時50分
 講習 8時00分
静岡県富士市岩本1601番地の2
富士国際岩本山ライフル射撃場
ライフル銃(大口径・小口径) 立射
膝射
伏射
肘射
20人
午後(10人)
 受付 12時50分
 講習 13時00分
ライフル銃及び散弾銃以外の猟銃
平成29年
1月14日 土曜日
1月21日 土曜日
午前(5人)
 受付 8時30分
 講習 9時00分
神奈川県伊勢原市上粕屋2380番地
神奈川県立伊勢原射撃場
ライフル銃(大口径・小口径) 立射
膝射
伏射
肘射
10人
午後(5人)
 受付 12時30分
 講習 13時00分
ライフル銃及び散弾銃以外の猟銃
平成29年
1月17日 火曜日
午前(10人)
 受付 7時30分
 講習 8時00分
静岡県富士宮市猪之頭978番地の1
西富士ライフル射撃場
ライフル銃(大口径・小口径) 立射
膝射
伏射
肘射
20人
午後(10人)
 受付 12時30分
 講習 13時00分
ライフル銃及び散弾銃以外の猟銃
平成29年
1月22日 日曜日
午前(6人)
 受付 8時30分
 講習 9時00分
山梨県南都留郡忍野村忍草2761番地
富士五湖ライフル及びクレー射撃倶楽部
ライフル銃(大口径・小口径) 立射
膝射
伏射
肘射
12人
午後(6人)
 受付 12時30分
 講習 13時00分
ライフル銃及び散弾銃以外の猟銃

  手数料  12,300円(神奈川県収入証紙)

申込み方法はこちらから

このページの先頭へ戻る


技能講習が免除される場合について

鳥獣による農林水産業等に係る被害の防止のための特別措置に関する法律(以下「特措法」という。)附則第3条第1項に規定する特定鳥獣被害対策実施隊員等に関する命令及び銃砲刀剣類所持等取締法(以下「銃刀法」という。)施行規則の一部を改正する内閣府令に基づき、下記のとおり、技能講習が免除されています。

なお、技能講習免除対象者のうち、「鳥獣被害対策実施隊員以外の場合」においては、免除期間が平成28年まで延長となりました。


技能講習免除対象者

対象者 鳥獣被害対策実施隊員の場合 鳥獣被害対策実施隊員以外の場合
免除期間 当面の間 平成33年12月3日まで
要件 被害防止計画を策定している市町村において対象鳥獣捕獲等に参加している方に限ります。
・  猟銃所持許可等申請日前1年以内に、鳥獣被害対策実施隊員として、特措法第4条第2項第4号に規定する対象鳥獣の捕獲等に1回以上参加した者であること
・  猟銃所持許可等申請日前3年以内に、銃刀法第10条の9第1項の指示を受けたことがなく、かつ、受けるべき事由が現にない者であること
・  猟銃所持許可等申請日前1年以内に鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律第9条第1項の許可を受けて特定捕獲等に1回以上参加し又は、同条第8項に規定する従事者として特定捕獲等に1回以上参加した者であること
・  猟銃所持許可等申請日前3年以内に、銃刀法第10条の9第1項の指示を受けたことがなく、かつ、受けるべき事由が現にない者であること
提示書類 市町村長の発行する鳥獣被害対策実施隊員の指名書又は任命書 許可証又は従事者証(いずれも都道府県知事又は市町村長発行のもの)
添付書類 ・  対象鳥獣捕獲等参加証明書(市町村町発行のもの)
・  誓約書(申請者作成のもの)

お問い合わせは、

住居地を管轄する警察署生活安全(第一)課又は県警本部生活安全総務課営業第二係まで

このページの先頭へ戻る


申込み方法

・  猟銃等講習会については、住所地を管轄する警察署の生活安全(第一)課へ猟銃等講習受講申込書1通に受講申込人の写真1枚を添えて提出してください。

・  技能講習については、住所地を管轄する警察署の生活安全(第一)課へ技能講習受講申込書1通を提出してください。


経験者講習会の受講申込みはインターネットからもできるようになりました。(インターネットバンキング口座の開設が必要です)
  くわしくはインターネットによる受講申込みへ

郵送(代理人)による受講申込み

  • 初心者講習会、経験者講習会及び技能講習については、受講申込書を住所地を管轄する警察署の生活安全(第一)課へ簡易書留で郵送することによる申し込みも可能です。
  • 同申込は、委任状を提出することにより代理人による申請も可能です。

インターネットによる受講申込み

  • 対象者は経験者講習会受講申込者に限ります。
  • インターネットバンキング口座の開設が必要です。
    (インターネットバンキングとは、パソコンを利用して入出金明細照会、振り込み、振り替えなどの銀行取引ができるシステムです)

  初めて神奈川県電子申請を行う方

神奈川県のホームページにアクセスします。

利用方法をよくお読みください


  神奈川県電子申請の事前準備が済んでいる方

申請はこちらから(神奈川県電子申請【猟銃等講習会の受講申込み】のページへ)


受講手数料

  • 受講手数料に相当する額の神奈川県収入証紙を受講申込書に貼り付けて納付してください(インターネットによる受講申し込みを除く。)。
  • 申請受理後の手数料は、神奈川県手数料条例に基づき、返還しません。

このページの先頭へ戻る