防犯アドバイザー制度


生活安全アドバイザー制度

各警察署の生活安全課には、安全・安心まちづくりに関する防犯指導等を適切かつ効果的に行うための生活安全アドバイザーが配置されています。

生活安全アドバイザーの主な任務

  • ◇ 街の開発、共同住宅の建築等、計画段階における施工主等との防犯に関する事前協議
  • ◇ 地域住民等が行う「安全・安心まちづくり」の取組みに対する支援・協力
  • ◇ 一般住宅・共同住宅及び事業所に対する防犯診断及び防犯指導

※  共同住宅の施工主等の事前協議は「神奈川県犯罪のない安全・安心まちづくり推進条例」第16条(共同住宅建築時の努力義務)の規定に基づくものです。

このページの先頭へもどる


防犯コンシェルジュ制度

防犯設備士、防犯ボランティア団体のリーダーなど、県内各地域において活躍されている防犯対策に識見を有する方を、県警察が委嘱し「防犯コンシェルジュ」として運用しています。

防犯コンシェルジュは、生活安全アドバイザーと連携して県民の皆さんの防犯活動を支援する情報を提供いたします。

防犯コンシェルジュの要請は、管轄する警察署の「生活安全アドバイザー」にご相談ください。

防犯コンシェルジュの主な任務

  • ◇ 地域住民等の要望に応じて、専門的な防犯知識を身につけるための防犯講習防犯用品展示会、防犯診断等を行う。

※  防犯設備士について詳しくは  「公益社団法人日本防犯設備協会」のホームページ  をご覧ください。

このページの先頭へもどる