台風第19号被災者に対する許認可等の有効期間の延長について


被災者のみなさまへ

令和元年台風第19号による災害は、特定非常災害特別措置法に基づく特定非常災害に指定されました。

これにより、次の措置が講じられます。



許認可等の存続期間(有効期間)の延長

一定の地域(※1)の方々を対象に、運転免許のような許認可等(令和元年10月10日以後に満了するもの)について存続期間(有効期間)が令和2年3月31日(火曜日)まで延長されます。(※2)

【許認可等の満了日が延長される主な例】

  • (※1)令和元年台風第19号に際し災害救助法が適用された市町村【川崎市、相模原市、平塚市、小田原市、茅ケ崎市、秦野市、厚木市、伊勢原市、海老名市、座間市、南足柄市、寒川町、大井町、松田町、山北町、箱根町、湯河原町、愛川町及び清川村(令和元年10月19日現在)】
  • (※2)措置に関する告示のリンク参照
  • https://www.npa.go.jp/laws/kaisei/kokuji/kokkakouan/20191018honbun.pdf
    (警察庁ホームページ/公布日令和元年10月18日のPDFファイル(112KB)を参照)

期限内に履行されなかった届出等の義務の猶予

法令に基づく届出等の義務が、本来の期限までに履行できなかった場合であっても、それが特定非常災害によるものであることが認められた場合には、令和2年1月31日(金曜日)までに履行すれば、行政上及び刑事上の責任は問われません。



このページの先頭へもどる