警察職員「建築職」の先輩からのメッセージ



男性職員
採用年月日 平成26年4月1日 写真:男性職員
所属 施設課 営繕第二係
出身地 神奈川県
出身校 東海大学
(工学部建築学科)

建築職を志望した動機

公共建築に興味関心があり、大学4年間で学び得た建築の知識を実務に活かしたいと考えたことから、建築職を志望しました。

仕事内容について

主に、警察署、交番等の警察施設の新築工事及び改修工事に伴う設計積算業務及び工事監理業務となります。

思い出に残る体験

交番の新築工事において設計から竣工まで携わることができたため、自身の仕事が初めて形となったことに喜びを感じました。今後、人生を振り返った時にも良き思い出になると思います。

採用選考の勉強方法

主に、公務員試験の過去問題集とSPIの問題集、二級建築士の問題集で、問題を繰り返し解くことで教養考査の対策を行いました。また、入庁後は設計時にJW CADを取り扱うため、CADの勉強をしておくと実務に役立ちます。

余暇の過ごし方

基本的に週休二日制であるため、趣味の小旅行に出掛けるなど、充実した余暇を過ごすことができます。

建築職を希望している後輩へメッセージ

警察本部の建築職の仕事は、建物の基本計画から竣工まで深く携わることができ、充実感や達成感を感じられる、とてもやりがいのある仕事です。また、上司や諸先輩方にも相談しやすい、風通しの良い職場環境です。さらに、ワークライフバランスを考慮した働きやすい職場ですので、興味のある方は是非受験してみてください。

このページの先頭に戻る


  神奈川県警察職員「建築職」採用案内へ