鑑識職(写真)



現在、募集は行っていません。平成24年度に実施した選考を参考としてください。

職務内容


  • 防犯カメラ画像をはじめとする入手画像の鮮明化及び紫外線、赤外線等を活用した指紋、こん跡の鮮明化
  • 画像の鮮明化に関する技術開発
  • 犯罪現場への出動、写真撮影

いずれも、複雑・巧妙化する多数の事件に対応するため、迅速かつ適切な処理が必要になります。



受験資格(平成24年度実施)


  • 選考実施年度の3月31日現在、18歳から30歳の人。

※  日本国籍を有し、地方公務員法第16条の規定に該当しない人を含む



選考日程(平成24年度実施)


選考日程
申込受付 1次選考 1次選考合格発表 2次選考 最終合格発表
8月 9月下旬 10月下旬 11月中旬 11月下旬


選考の方法(平成24年度実施)


選考の方法
  選考種目 内容
第1次
選考
教養考査 公務員として必要な高等学校卒業程度の一般的知識及び知能についての筆記考査(択一式50問、2時間)
※  出題範囲は、表1のとおり
専門考査 鑑識職(写真)に必要な専門的知識についての筆記考査(択一式20問、記述式2問、2時間)
※  出題範囲は、表2のとおり
第2次
選考
人物考査 人柄、性向等についての個別面接考査

表1  教養考査出題範囲

知識分野 知能分野
法律、政治、経済、社会一般、国語、日本史、世界史
地理、人文、数学、物理、化学、生物、地学
文章理解(英文を含む。)
判断推理(言語、非言語)
数的処理
資料解釈

※  「人文」は、「文学」、「芸術」及び「哲学」の中から出題します。

※  「判断推理(言語)」とは、数字や複数の事柄の関係等を手がかりとして、原因や結果等を推理し判断を下す能力を測定するものです。また、「判断推理(非言語)」とは、図形や軌跡等の空間関係を把握する能力を測定するものです。


表2  専門考査出題範囲

択一式 : 数学、物理、化学、応用物理、応用化学

記述式 : 応用物理、応用化学



給与等


高等学校卒業と同時に採用された人の給与例(平成24年4月1日現在)

給与額(地域手当を含む月額) 約154,000円

※  このほか一定の条件により、住居手当、扶養手当、通勤手当、期末・勤勉手当等が支給されます。

※  高等学校を卒業後に職歴又は学歴のある人は、前記の額に一定の基準による加算があります。



勤務形態等


◆勤務形態

鑑識職(写真)の勤務は、月曜日から金曜日までの午前8時30分から午後5時15分までの通常勤務と、日曜日から土曜日までのうちの5日間で午前8時30分から午後5時15分までの毎日制勤務に分かれており、いずれも1週間の勤務時間は、38時間45分です。

月に1回から2回の当直勤務があります。



◆その他

(1)  勤務に必要な作業服は、定期的に貸与されます。

(2)  休暇については、年次(20日間)・夏季(5日間)・慶弔・療養のほか、介護やボランティアのための休暇等14種類が導入されています。また、育児休業も取得できます。

(3)  採用後、4月に約1週間全寮制の神奈川県警察学校(由野台分校)に入校し、警察職員としての自覚を高めるとともに、同期生との友情を深めます。

このページの先頭にもどる