思い出アルバム



思い出アルバム

平成29年度 演奏とドリルの祭典    (鎌倉芸術館大ホール)

平成30年1月27日(土曜日)13時30分開演

演奏とドリルの祭典の様子

今年度最後の大舞台となる「演奏とドリルの祭典」。いつもの神奈川県警の演奏演技だけでなく様々な音楽隊のパフォーマンスが見られるこの演奏会は、毎年2回行っている定期演奏会と同様多くの方々にご好評をいただいております。

鎌倉芸術館で行われた今回の公演は、横浜市消防音楽隊、皇宮警察音楽隊、そして横浜隼人中学・高等学校和太鼓部の3組の賛助団体の皆様をお迎えしてお贈りしました。


Program

【第1部】演奏とステージドリル

神奈川県警察音楽隊(指揮)五島 一雄
・リバーダンス
皇宮警察音楽隊(指揮)渡辺 浩二(DM)春木 秀文
・平安の夢
横浜市消防音楽隊(指揮)渡邉 史子(DM)菅原 有紀
・ブライトレーション2018
横浜隼人中学・高等学校 和太鼓部
・ぶちあわせ
神奈川県警察音楽隊(DM)伊東 一義
・ベイ・サウンズ・ヨコハマ

【第2部】合同演奏

(指揮)神奈川県警察音楽隊  五島一雄
皇宮警察音楽隊  渡辺 浩二
横浜市消防音楽隊  渡邉 史子

フィエスタ! P.スパーク  作曲
マーチ「国民の象徴」 E.E.バグレー  作曲/F.フェネル  編曲
まつり 原 譲二  作曲/福田 洋介  編曲
フィール・ソー・グッド C.マンジョーネ  作曲/久石 譲  編曲
威風堂々  第1番 E.エルガー  作曲

【アンコール】

ソーラン・ファンク 北海道民謡/星出 尚志  編曲

このページの先頭へもどる

【第1部】演奏とステージドリル

神奈川県警察音楽隊/リバーダンス

リバーダンスの音楽にのせてカラーガードの華麗な演技で第1部の幕が開きました。県内各地で日々行っている派遣演奏でも御馴染みとなっている曲ですが、「演奏とドリルの祭典」の開幕にふさわしい明るく華やかな演奏・演技を披露しました。

皇宮警察音楽隊/平安の夢

とても優美なステージドリルを披露していただいたのは、皇宮警察音楽隊です。宮中に古くから伝わる文化を「雅楽ドリル」という形で表現していただきました。「演奏とドリルの祭典」には8年ぶりの出演ということもあり、なかなか見ることのできない演奏・演技を見せていただきました。

横浜市消防音楽隊/ブライトレーション2018

迫力ある演奏にのせて魅せる「ポートエンジェルス119」のストレートトランペットさばきは横浜市消防音楽隊の魅力の一つです。昨年に引き続き賛助出演していただきましたが、今回も統率の取れたスピード感あふれる演奏・演技で会場を盛り上げていただきました。

横浜隼人中学・高等学校 和太鼓部/ぶちあわせ

今回初めての出演となった横浜隼人中学・高等学校和太鼓部の皆さんの演奏です。私たち音楽隊が演奏しているような吹奏楽器は使用せずとも、とても表情豊かで迫力あるパフォーマンスを披露していただきました。迫力満点な演奏の中には、息の合った全くぶれないアンサンブルと思いが込められた太鼓の響きがあり、心が揺さぶられる圧巻の演奏に会場全体が惹き込まれていきました。

神奈川県警察音楽隊/ベイ・サウンズ・ヨコハマ

第1部最後は神奈川県警察音楽隊・カラーガードのドリル演技です。伝統ある演奏隊員のビューグルの響きにのせて華やかなカラーガードのフラッグ演技を披露しました。鎌倉芸術館の大きなホールをフルに使い切った迫力ある演奏・演技をお届けしました。

このページの先頭へもどる

【第2部】合同演奏

第1部では各団体それぞれ素晴らしい演奏を披露していただきましたが、第2部では3つの警察・消防音楽隊による合同演奏をお楽しみいただきました。写真をご覧いただいて分かるようにステージいっぱいに演奏隊員が並んでおります。大迫力の吹奏楽の響きでP.スパーク作曲の「フィエスタ!」を演奏し、華やかに第2部が開演しました。

3曲目の「まつり」では、和太鼓部の皆さんも登場し演奏に華を添えていただきました。「まつり」の曲想にぴったりな和太鼓と大編成吹奏楽のコラボレーションはなかなか聴き応えのある演奏になりました。

フリューゲルホルンとソプラノサックスのソロが聴き所の「フィール・ソー・グッド」では、フュージョン・ジャズの音楽で会場の雰囲気を一転させました。

そして最後の曲、E.エルガーの「威風堂々 第1番」が盛大に終わると、アンコールに応えて再び和太鼓部の皆さんが登場。鮮やかな和太鼓の演奏に続いて北海道民謡をモチーフにした「ソーラン・ファンク」を演奏しました。  最後は出演者が全員登場し、今回の「演奏とドリルの祭典」も大盛況のうちに幕を閉じました。


また次回の演奏会もご来場ください!!

本日は誠にありがとうございました!!

このページの先頭へもどる


第79回定期演奏会    (川崎市教育文化会館)

平成29年11月26日(日曜日)15時開演

定期演奏会の様子

今回の定期演奏会では、「吹奏楽の純粋な響き」を楽しんでいただくことをテーマに、第1部では吹奏楽オリジナル作品中心に、第2部では子どもから大人まで根強い人気を誇るスタジオ・ジブリ作品の名曲や吹奏楽コンクールの人気課題曲などから選曲し、カラーガードの迫力ある演技とともにシンフォニックな吹奏楽の響きを存分に楽しめるプログラムをご用意しました。

また、今回は埼玉県警察音楽隊から11名の隊員の皆さんに賛助出演していただき、よりオリジナルに近い編成で、いつもとは一味違った重厚感溢れる響きをお届けしました。


Program

【第1部】

アメリカン・サリュート M.グールド  編曲:P.J.ラング
吹奏楽のための「風之舞」 福田洋介
オーボエ協奏曲 V.ベッリーニ  編曲:淀 彰
アルメニアン ダンス パート1 A.リード

【第2部】

ショウほどすてきな商売はない(カラーガード演技) I.バーリン  編曲:岩井直溥
高度な技術への指標 河辺公一
「もののけ姫」メドレー 久石 譲  編曲:星出尚志
交響組曲「風の谷のナウシカ」3章 久石 譲  編曲:森田一浩

【アンコール】

ジャパニーズ・グラフィティ2‐坂本九メモリアル‐ 編曲:横内章次
ディスコ・キッド 東海林 修

今回の定期演奏会では、埼玉県警察音楽隊の11名の皆さんに賛助共演していただきました!

このページの先頭へもどる

【第1部】

華やかなファンファーレで幕を開けた第1部。オープニングを飾ったのは、アメリカの軍隊をイメージした行進曲『アメリカン・サリュート』です。いつもの私達の演奏に埼玉県警察音楽隊の隊員が加わった迫力あるサウンドに、お客さんは驚かれたのではないでしょうか。

さらに続くのは、2004年の吹奏楽コンクール課題曲であり、吹奏楽界でも高い人気を誇る『吹奏楽のための「風之舞」』。

そして、今年の夏にアジアユースオーケストラのワールドツアーに参加し、世界各地での公演を通して研鑽を積んできた戸堀隊員によるV.ベッリーニの『オーボエ協奏曲』をお聴きいただきました。

第1部最後は、吹奏楽の定番曲『アルメニアン ダンス パート1』。アルメニアに古くから伝わる5つの民謡をモチーフに、吹奏楽の魅力を余すところなく引き出したこの曲を、大編成の迫力あるサウンドでお届けしました。

このページの先頭へもどる

【第2部】

第2部のオープニングは、ミュージカル映画『ショウほどすてきな商売はない』の音楽にのせて、カラーガードの華やかな演技をお届けしました。今回は、美しいフラッグ操作だけでなく、パラソルを使った可愛らしいダンスなども披露しました。



カラーガードの可憐なフラッグさばきをご覧いただいた後は、『高度な技術への指標』の演奏隊員の鮮やかな技術を披露しました。

そして演奏会最後の2曲は、スタジオジブリの作品から『「もののけ姫」メドレー』、『交響組曲「風の谷のナウシカ」3章』をお届けしました。どちらも吹奏楽の響きを活かした編曲で、ジブリ作品の世界観を音楽で堪能していただきました。

最後の曲が終わった後は大きな拍手に応えて、アンコール曲として川崎市出身の坂本九さんの作品を集めた『坂本九メモリアル』と吹奏楽の人気曲『ディスコ・キッド』を演奏し、最後はカラーガードのダンスを交え演奏会の幕を閉じました。


また次回の演奏会もご来場ください!!

本日は誠にありがとうございました!!

このページの先頭へもどる


第78回定期演奏会    (みなとみらいホール)

平成29年6月25日(日曜日)13時30分開演

定期演奏会の様子

今回の定期演奏会では、第1部に「吹奏楽の森」と題してクラシック音楽を中心としたプログラムを、第2部に「ミュージカルの森」と題してミュージカルナンバーをたっぷりとお届けしました。


Program

【第1部】

マーチッシモ P.スパーク
口笛吹きと子犬 A.プライアー
ホーム・ストレッチ L.アンダーソン
「2つの悲しき旋律」より「過ぎ去りし春」 E.グリーグ
吹奏楽のための第2組曲 G.ホルスト

【第2部】

「オペラ座の怪人」より序曲 A.ロイド=ウェバー  編曲:米山俊晴
美女と野獣(カラーガード演技) A.メンケン  編曲:真島俊夫
雨に唄えば N.H.ブラウン  編曲:岩井直溥
私のお気に入り R.ロジャーズ  編曲:宮川彬良
メモリー    サクソフォンとバンドのための A.ロイド=ウェバー  編曲:岩井直溥
「アニー」よりTomorrow(合唱付き) C.ストラウス  編曲:西條太貴
ヘイル・ホーリー・クイーン    吹奏楽とゴスペルのための(合唱付き) 編曲:高橋宏樹・倉地恵子
ダンシング・クイーン B.アンダーソン&B.ウルヴァース  編曲:岩井直溥
ノートルダムの鐘 A.メンケン  編曲:C.カスター

【アンコール】

ライオン・キング・メドレーより
愛を感じて  キング・オブ・プライド・ロック(合唱付き)
編曲:森田一浩

今年の定期演奏会では、横浜少年少女合唱団の皆さんと共演いたしました

このページの先頭へもどる

【第1部】

第1部「吹奏楽の森」のオープニングは、P.スパーク作曲の「マーチッシモ」。静かにリズムを刻むパーカッションから始まり、徐々に演奏隊員がステージに登場するという演出。楽器が増えていくにつれて盛り上がっていき、最後はスタンドプレイで華やかに演奏会を幕開けしました。


  


「口笛吹と子犬」よりピッコロソロ


最後は、吹奏楽の重要なレパートリーの一つであるG.ホルストの「吹奏楽のための第2組曲」で第1部を締めくくりました。

このページの先頭へもどる

【第2部】

「ミュージカルの森」がテーマの第2部は、ミュージカル作品の中でも最も有名な作品の一つである「オペラ座の怪人」の序曲でスタートし、続いて最近実写化し、とても話題となった「美女と野獣」の音楽に乗せて、美しいカラーガード演技を披露しました。




「メモリー」よりサックスソロ。アルトサックスの美しい音色で聴衆を惹きつけました。


第2部後半は、横浜少年少女合唱団との合同演奏を行いました。
合唱が加わり、普段の管楽器だけでの演奏では味わえない音楽をお届けすることができました。


「ダンシングクイーン」では合唱団、楽長、カラーガードのダンスで会場と一体となりました。


このページの先頭へもどる

【アンコール】

アンコールは、「ライオンキング」で吹奏楽と合唱、そしてカラーガード演技が組み合わさり、感動のラストを向かえ、今回も大きな拍手の中演奏会の幕を閉じました。



このページの先頭へもどる

【お見送り】

演奏隊員やカラーガード、ピーガルくんも一緒にお見送りです。

また次回の演奏会もご来場ください!!

本日は誠にありがとうございました!!

このページの先頭へもどる


第77回定期演奏会    (よこすか芸術劇場)

平成28年12月10日(土曜日)13時30分開演

定期演奏会の様子

今回の定期演奏会は、第1部に吹奏楽で奏でるクラシカルな作品を、第2部に開催場所である横須賀にゆかりのある作品を集めたバラエティに富んだプログラムをお楽しみいただきました。


Program

【第1部】

市民のためのファンファーレ A.コープランド
行進曲「錨をあげて」 C.ツィンマーマン
カンタベリーコラール J.ヴァン=デル=ロースト
クラリネット協奏曲より2・3楽章 P.スパーク
行進曲「アメリカ野砲隊」 J.P.スーザ

【第2部】

ジャパニーズ・グラフィティⅫ 編曲:星出尚志
NHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」より“Stand Alone” 作曲:久石譲
ビッグバンド・ショーケース 編曲:岩井直溥
アメリカン・グラフィティ 編曲:岩井直溥
宮川泰ミュージックホリディ 編曲:小島里美
見上げてごらん夜の星を 編曲:角田健一

【アンコール】

オーメンズ・オブ・ラブ
山口百恵メドレー
ホワイト・クリスマス

このページの先頭へもどる


【開演前】ロビーコンサート

開場後、ロビーにおいてフルート担当の隊員が、フルート二重奏で「虹の彼方に」「クリスマスメドレー」など3曲を演奏し、開演前のひとときをお楽しみいただきました。

【第1部】

壮大で力強い作品「市民のためのファンファーレ」で幕開けした第1部。行進曲、コラールと続き「クラリネット協奏曲」ではクラリネットの様々な音色を余すことなく披露し、ホールいっぱいに県警音楽隊の音を響かせました。


ファンファーレで華やかに幕開けしました。


クラリネット協奏曲の様子


第一部は行進曲で締めくくりました。

このページの先頭へもどる

【第2部】

カラーガードによる華やかなフラッグ演技で始まり、横須賀にちなんだ曲を織り交ぜたジャズ、オールディーズ、歌謡曲とバラエティ豊かなプログラムでお楽しみいただきました。

たくさんのあたたかい拍手にお応えしたアンコールでは、横須賀の生んだスーパースター山口百恵さんの曲からクリスマスソングへと続き、会場全体が一つになって終演となりました。


カラーガード演技

トランペット奏者




ミュージカルさながらのダンスを披露


「見上げてごらん夜の星を」で第二部の幕を閉じました。


カラーガードのフラッグでクリスマスツリー。「メリークリスマス!」

このページの先頭へもどる

【お見送り】

県警マスコット「ピーガルくん」「リリポちゃん」も一緒にお見送り!!

ご挨拶

このページの先頭へもどる


平成28年演奏とドリルの祭典    (神奈川県民ホール)

平成28年10月10日(月曜日・祝日)13時30分開演

演奏とドリルの祭典の様子

毎年秋の恒例行事、「演奏とドリルの祭典」。今回は、座間市少女マーチングバンド、神奈川県立小田原総合ビジネス高等学校吹奏楽部、横浜市消防音楽隊、静岡県警察音楽隊に賛助出演いただきました。

第1部では各団体によるステージドリル。第2部では神奈川県警、静岡県警と横浜市消防の3隊による合同演奏、さらに小田原総合ビジネス高等学校吹奏楽部の生徒による合唱も加わり、大迫力の演奏会となりました。


Program

【第1部 ステージドリル】

凡例:DMとはドラムメジャーを指します。

神奈川県警察音楽隊 〔指揮〕五島 一雄

・リバーダンス(カラーガード演技)

座間市少女マーチングバンド 〔指揮〕鈴木 加純

・アラジン

神奈川県立小田原総合ビジネス高等学校吹奏楽部 〔DM〕鈴木 琴乃

・レッツ ダンス ウィズ アス

横浜市消防音楽隊 〔指揮〕大西 稔彦 〔DM〕菅原 有紀

・ブライトレーション 2016

静岡県警察音楽隊 〔指揮〕山崎 洋行

・ウエスト・サイド・ストーリー・セレクション

神奈川県警察音楽隊 〔DM〕伊東 一義

・ベイ サウンズ ヨコハマ

【第2部 合同演奏】

〔指揮〕神奈川県警察音楽隊 楽長 五島 一雄

・祝典序曲 / D.ショスタコーヴィチ

〔指揮〕静岡県警察音楽隊 楽長 高井 豊哉

・マーチ「旧友」/ C.タイケ
・NHK大河ドラマ「真田丸」テーマ / 服部 隆之

〔指揮〕横浜市消防音楽隊 隊長 大西 稔彦

・アニメメドレー‐久石譲作品集‐ / 久石 譲

〔指揮〕神奈川県警察音楽隊 楽長 五島 一雄
〔合唱〕神奈川県立小田原総合ビジネス高等学校吹奏楽部

・翼をください / 村井 邦彦

(アンコール)

・シング・シング・シング / L.プリマ

演奏とドリルの祭典ポスター

座間市少女マーチングバンド
神奈川県立小田原総合ビジネス高等学校吹奏楽部
横浜市消防音楽隊
静岡県警察音楽隊

の皆さまにご出演いただきました!!


このページの先頭へもどる


【第1部 ステージドリル】

神奈川県警察音楽隊

オープニングを飾るのは、神奈川県警音楽隊のカラーガードによる演技。「リバーダンス」の曲に乗せて華やかに演奏会が開演しました。

神奈川県警察音楽隊

座間市少女マーチングバンド

昨年度、創設30周年となる記念すべき年を迎えた座間市少女マーチングバンド。ショータイトル「アラジン」の世界観がのびのびと表現された、チャーミングで華やかなステージでした。

座間市少女マーチングバンド

このページの先頭へもどる

神奈川県立小田原総合ビジネス高等学校吹奏楽部

「レッツ ダンス ウィズ アス」という名前の通り、会場のお客さんも巻き込むようなダンスパフォーマンス。歌って踊って楽器を演奏する彼らのエネルギーに会場が満たされました。

神奈川県立小田原総合ビジネス高等学校吹奏楽部

横浜市消防音楽隊

「ポートエンジェルズ119」のストレートトランペットを使用したスピード感あふれる演技は横浜市消防音楽隊の見どころの一つ。力強くかつ可憐で優雅な素晴らしいパフォーマンスでした。

横浜市消防音楽隊

このページの先頭へもどる

静岡県警察音楽隊

昨年に引き続きはるばる静岡県からお越しいただいた静岡県警察音楽隊は「ウエスト・サイド・ストーリー」から、お馴染みの名曲に合わせたフォーメーションの変換と、カラーガードの華麗なフラッグパフォーマンスを見せてくれました。

横浜市消防音楽隊

神奈川県警察音楽隊

ステージドリル最後は、再び登場した私たち神奈川県警察音楽隊。ダイナミックでキレのあるナンバー「サンタナ」で、華やかにスタートし、エキゾチックな雰囲気漂う「ワンモアタイム・チャック・コリア」で、エネルギッシュに締めくくりました。

神奈川県警察音楽隊

このページの先頭へもどる

【第2部 合同演奏】

合同演奏の様子

ショスタコーヴィチの『祝典序曲』では、バンダも登場!!

(凡例:「バンダ」とは、バンドの別働隊として演奏する小規模のアンサンブルをいいます。)

バンダ演奏の様子

『翼をください』では、小田原総合ビジネス高等学校吹奏楽部の手話を交えた合唱にとても感動しました!!

手話を交えた合唱の様子

アンコール『シング・シング・シング』では、トランペットのソロや、激熱!!クラリネットソロバトルなど大迫力の内容でした。

ソロ演奏の様子

さらには神奈川県警マスコットキャラクターのピーガルくんが登場し、ドラムソロを披露しました!!

ドラムソロの様子

全プログラムを終え、大成功のうちに幕を閉じました。

集合写真

このページの先頭へもどる

【お見送り】

終演後は隊員一同でお見送りです。ご来場、誠にありがとうございました!!

お見送りの様子

このページの先頭へもどる