思い出アルバム



思い出アルバム


第81回定期演奏会    (厚木市文化会館 大ホール)

平成30年12月8日(土曜日)13時30分開演

定期演奏会の様子

前回の第80回という節目を迎えた定期演奏会に続き、平成最後となる今回の定期演奏会は、2018年にメモリアルイヤーを迎えたジョージ・ガーシュウィン、ルロイ・アンダーソン、そしてレナード・バーンスタイン等のアメリカの作曲家たちの作品を中心にお届けしました。
 日本の文化にも影響を与えた彼らの作品を、カラーガードのフラッグ演技も交えた吹奏楽の響きでお楽しみいただきました。


Program

【第1部】

ファンファーレとアレグロ C.ウィリアムズ
金髪のジェニー S.フォスター/L.カイリエ編曲
パヴァーヌ M.グールド/P.ヨーダー編曲
カウボーイの休日〜バレエ音楽「ロデオ」より A.コープランド/E.キーリー編曲

【第2部】

ハリウッド万歳【カラーガード演技】 R.A.ホワイティング/岩井直溥編曲
ガーシュウィン! G.ガーシュウィン/W.バーカー編曲
ナイト&デイ C.ポーター/小山恭弘編曲
スリーピー・ラグーン‐チリビリビン E.コーツ-A.ペスタロッツァ/岩井直溥編曲
ウエストサイド・ストーリー セレクション L.バーンスタイン/W.J.デュソイト編曲

【アンコール】

ホーム・ストレッチ L.アンダーソン
クリスマス・フェスティバル L.アンダーソン編曲

このページの先頭へもどる


【第1部】

第1部は、アメリカ音楽をクラシカルな雰囲気で楽しめるプログラムでお届けしました。

C.ウィリアムズの「ファンファーレとアレグロ」の輝かしいブラスの響きが会場を包み、華やかにオープニングを飾りました。

そのほか、日本人にも馴染み深い作曲家S.フォスターの作品から「金髪のジェニー」。クラシック音楽にとどまらず、映画音楽やジャズなどのポピュラー音楽も手がけたM.グールドの「パヴァーヌ」。そして第1部最後は、A.コープランドのバレエ音楽「ロデオ」から、「カウボーイの休日」。アメリカにふさわしい壮大な演奏をお贈りしました。

このページの先頭へもどる

【第2部】

第2部は、アメリカの象徴でもある“ショーエンターテインメント”の世界をお届けしました。

カラーガード演技では、ミュージカル映画「ハリウッドホテル」の劇中歌として作曲されたR.A.ホワイティングの「ハリウッド万歳」にのせて華やかな演技を披露しました。



C.ポーターのミュージカルナンバー「ナイト&デイ」では、ボサノヴァ調の心躍るようなリズムにのせて様々な楽器のソロもお楽しみいただきました。

また、ハリー・ジェームスの代表曲「スリーピー・ラグーン‐チリビリビン」では当隊が誇るトランペットの名手、三宅隊員が圧巻のソロを披露し、会場を魅了しました。

そして定期演奏会の最後を飾ったのは、L.バーンスタインの「ウエストサイド・ストーリー セレクション」です。ミュージカル映画の原点ともいえる作品の名曲の数々を、素敵な吹奏楽アレンジでお届けしました。

そして演奏会終了と思いきや、アンコールでカラーガードがサンタ風の衣装でサプライズ登場!!少し早めのクリスマスプレゼントを会場の皆さんにお届けしました。

第81回定期演奏会、御来場誠にありがとうございました!!

次回の定期演奏会も御期待ください!!

このページの先頭へもどる


第80回定期演奏会    (横浜みなとみらいホール 大ホール)

平成30年7月8日(日曜日)13時30分開演

定期演奏会の様子

神奈川県警察音楽隊は、昭和46年に第1回の定期演奏会を開催いたしました。その後、県民の皆様に支えられながら定期演奏会の開催を続け、この度、第80回という節目を迎えることができました。
 今回は、当隊が、平成10年から演奏の指導を受けている山本武雄講師に客演指揮を依頼し、同講師による勇壮で力強い指揮により、いつもとは一味違った豪華な演奏をお届けしました。


Program

【第1部】

(指揮)五島 一雄
コンサートマーチ「フライト」 C.T.スミス
グリーンスリーブス イングランド民謡/A.リード 編曲
(客演指揮)山本 武雄
アーセナル J.ヴァンデルロースト
第六の幸福をもたらす宿 M.アーノルド/瀬尾宗利 編曲

【第2部】

魔法にかけられて【カラーガード演技】 A.メンケン/鈴木英史 編曲
ゲッタウェイ P.コール、B.テイラー/青木タイセイ、郷間幹男 編曲
メモリーズ・オブ・ユー クラリネットとバンドのための E.ブレイク/真島俊夫 編曲
ミシェル・ルグランの世界 M.ルグラン/真島俊夫 編曲
サムシング G.ハリスン/岩井直溥 編曲
スペイン C.コリア/真島俊夫 編曲

【アンコール】

マーチ「ナイルの守り」(指揮 山本武雄) K.J.アルフォード
OLD SCOTTISH MELODY スコットランド民謡/C.A.ウィリー 編曲

このページの先頭へもどる


【第1部】

第1部は「吹奏楽の響き」と題して、吹奏楽のオリジナルやクラシカルな作品を中心にお届けしました。C.T.スミス作曲の『コンサートマーチ「フライト」』の力強いファンファーレから始まり、『グリースリーブス』のような美しいメロディーを聴かせる曲も演奏しました。

第1部後半には、客演指揮の山本武雄講師に音楽隊についての思い出話やメインプログラムであるM.アーノルド作曲の『第六の幸福をもたらす宿』の解説もしていただきました。

このページの先頭へもどる

【第2部】

第2部の幕開けには、ディズニー映画『魔法にかけられて』の音楽にのせて、華やかなカラーガードのフラッグ演技を御覧いただきました。



第2部「ポップス・ステージ」では第1部のクラシカルなイメージとは一変してジャズの響きあふれる演奏をお届けしました

また、各曲で披露されるソリストの演奏も聴き所の1つ。様々な楽器の音色や表情をお楽しみいただけたのではないでしょうか。

プログラム最後の曲『スペイン』では迫力あるビッグバンドらしい響きで会場を盛り上げました。

そして、アンコールでは再び山本講師に御登場いただき、『マーチ「ナイルの守り」』を吹奏楽の力強いサウンドでお届けし、最後は『OLD SCOTTISH MELODY』のしっとりとしたメロディーで幕を閉じました。

第80回定期演奏会、誠にありがとうございました!!

次回の定期演奏会も御期待ください!!

このページの先頭へもどる


平成29年度 演奏とドリルの祭典    (鎌倉芸術館大ホール)

平成30年1月27日(土曜日)13時30分開演

演奏とドリルの祭典の様子

今年度最後の大舞台となる「演奏とドリルの祭典」。いつもの神奈川県警の演奏演技だけでなく様々な音楽隊のパフォーマンスが見られるこの演奏会は、毎年2回行っている定期演奏会と同様多くの方々にご好評をいただいております。

鎌倉芸術館で行われた今回の公演は、横浜市消防音楽隊、皇宮警察音楽隊、そして横浜隼人中学・高等学校和太鼓部の3組の賛助団体の皆様をお迎えしてお贈りしました。


Program

【第1部】演奏とステージドリル

神奈川県警察音楽隊(指揮)五島 一雄
・リバーダンス
皇宮警察音楽隊(指揮)渡辺 浩二(DM)春木 秀文
・平安の夢
横浜市消防音楽隊(指揮)渡邉 史子(DM)菅原 有紀
・ブライトレーション2018
横浜隼人中学・高等学校 和太鼓部
・ぶちあわせ
神奈川県警察音楽隊(DM)伊東 一義
・ベイ・サウンズ・ヨコハマ

【第2部】合同演奏

(指揮)神奈川県警察音楽隊  五島一雄
皇宮警察音楽隊  渡辺 浩二
横浜市消防音楽隊  渡邉 史子

フィエスタ! P.スパーク  作曲
マーチ「国民の象徴」 E.E.バグレー  作曲/F.フェネル  編曲
まつり 原 譲二  作曲/福田 洋介  編曲
フィール・ソー・グッド C.マンジョーネ  作曲/久石 譲  編曲
威風堂々  第1番 E.エルガー  作曲

【アンコール】

ソーラン・ファンク 北海道民謡/星出 尚志  編曲

このページの先頭へもどる

【第1部】演奏とステージドリル

神奈川県警察音楽隊/リバーダンス

リバーダンスの音楽にのせてカラーガードの華麗な演技で第1部の幕が開きました。県内各地で日々行っている派遣演奏でも御馴染みとなっている曲ですが、「演奏とドリルの祭典」の開幕にふさわしい明るく華やかな演奏・演技を披露しました。

皇宮警察音楽隊/平安の夢

とても優美なステージドリルを披露していただいたのは、皇宮警察音楽隊です。宮中に古くから伝わる文化を「雅楽ドリル」という形で表現していただきました。「演奏とドリルの祭典」には8年ぶりの出演ということもあり、なかなか見ることのできない演奏・演技を見せていただきました。

横浜市消防音楽隊/ブライトレーション2018

迫力ある演奏にのせて魅せる「ポートエンジェルス119」のストレートトランペットさばきは横浜市消防音楽隊の魅力の一つです。昨年に引き続き賛助出演していただきましたが、今回も統率の取れたスピード感あふれる演奏・演技で会場を盛り上げていただきました。

横浜隼人中学・高等学校 和太鼓部/ぶちあわせ

今回初めての出演となった横浜隼人中学・高等学校和太鼓部の皆さんの演奏です。私たち音楽隊が演奏しているような吹奏楽器は使用せずとも、とても表情豊かで迫力あるパフォーマンスを披露していただきました。迫力満点な演奏の中には、息の合った全くぶれないアンサンブルと思いが込められた太鼓の響きがあり、心が揺さぶられる圧巻の演奏に会場全体が惹き込まれていきました。

神奈川県警察音楽隊/ベイ・サウンズ・ヨコハマ

第1部最後は神奈川県警察音楽隊・カラーガードのドリル演技です。伝統ある演奏隊員のビューグルの響きにのせて華やかなカラーガードのフラッグ演技を披露しました。鎌倉芸術館の大きなホールをフルに使い切った迫力ある演奏・演技をお届けしました。

このページの先頭へもどる

【第2部】合同演奏

第1部では各団体それぞれ素晴らしい演奏を披露していただきましたが、第2部では3つの警察・消防音楽隊による合同演奏をお楽しみいただきました。写真をご覧いただいて分かるようにステージいっぱいに演奏隊員が並んでおります。大迫力の吹奏楽の響きでP.スパーク作曲の「フィエスタ!」を演奏し、華やかに第2部が開演しました。

3曲目の「まつり」では、和太鼓部の皆さんも登場し演奏に華を添えていただきました。「まつり」の曲想にぴったりな和太鼓と大編成吹奏楽のコラボレーションはなかなか聴き応えのある演奏になりました。

フリューゲルホルンとソプラノサックスのソロが聴き所の「フィール・ソー・グッド」では、フュージョン・ジャズの音楽で会場の雰囲気を一転させました。

そして最後の曲、E.エルガーの「威風堂々 第1番」が盛大に終わると、アンコールに応えて再び和太鼓部の皆さんが登場。鮮やかな和太鼓の演奏に続いて北海道民謡をモチーフにした「ソーラン・ファンク」を演奏しました。  最後は出演者が全員登場し、今回の「演奏とドリルの祭典」も大盛況のうちに幕を閉じました。


また次回の演奏会もご来場ください!!

本日は誠にありがとうございました!!

このページの先頭へもどる