伊勢志摩サミット等開催に伴う神奈川県警察の活動状況


神奈川県警察は、伊勢志摩サミット及び関係閣僚会合の開催県である三重県、宮城県、広島県等に多くの警察官を派遣するとともに、県内の重要施設などの警戒を行いました。



サミット開催地等における警戒活動

サミット会議場がある三重県等において、会場周辺、各国首脳の宿泊施設等の警備を実施しました。

国際メディアセンターにおける警戒

国際メディアセンターとして利用される施設の周辺を自転車でパトロールしました。

要人宿泊宿舎における警戒

各国の代表団宿舎において、各国要人警戒に当たりました。

会議場周辺海上における警戒

会議場周辺の海上パトロールを行うとともに、スクーバ隊員が海に潜り、不審物はないか検索を行いました。

仙台空港における警戒

人が多く集まる空港・駅等(いわゆるソフトターゲット)の警戒を強化しました。

取材対応

伊勢志摩サミット会場ホテル前で報道機関の取材対応をしました。


このページの先頭へ戻る

サミット開催に伴う神奈川県内での警戒活動

サミット開催地である三重県等だけでなく、神奈川県内の米軍関係施設や公共交通機関などのいわゆるソフトターゲット等に対する広範囲な警戒警備を実施しました。

米軍関係施設周辺における警戒


米軍関係施設周辺の警戒を実施し、不法事案を未然に防止しました。

駅における警戒

人が多く集まる駅等においてテロ等の不法事案を未然に防止しました。

警察犬による検索

警察犬による検索を実施し、不審物の発見に努めました。

海上警戒

船によるパトロールを強化し、海上の警戒を行いました。


このページの先頭へ戻る


警戒警備に対する協力への感謝

今回の伊勢志摩サミットでは、サミット会場周辺のみならず、首都圏に位置する県内の米軍関係施設、公共交通機関などのいわゆるソフトターゲット等に対する広範囲な警戒警備を実施しました。

県民の皆様の多くの御理解と御協力により、伊勢志摩サミットを無事終了することができました。ありがとうございました。