個人情報の保護に関するお願い


個人情報取扱事業者が保有する個人情報の提供については、「個人情報の保護に関する法律」の適用を受けますが、次のような場合には、本人の同意なしに個人情報を提供することを認める適用除外規定が設けられています。

法の誤解等による個人情報の 過剰な保護により、県警察が行う犯罪捜査や災害救助など、様々な活動に支障が生じないよう、ご理解とご協力をお願いします。


個人情報を提供することを認める適用除外規定

1 法令に基づく場合

捜索・差押令状による個人情報の差出等

イラスト:けん銃の密売

このページの先頭へ戻る



2 人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき

イラスト:人命救助

災害や事故等で意識不明になられた方の存否確認等



このページの先頭へ戻る



3 公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき

虐待の疑いがある児童の通報等

イラスト:通報

このページの先頭へ戻る



4 警察等の公的機関が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき

イラスト:指名手配

指名手配被疑者や行方不明者に関する情報提供等



このページの先頭へ戻る



神奈川県警察では、提供していただいた個人情報につきましては、「神奈川県個人情報保護条例」の規定に基づき適正に取り扱います。


警察に対する個人情報の提供について、ご不明の点は情報公開室にお尋ねください。

連絡先:神奈川県警察本部  総務部総務課情報公開室  TEL 045(211)1212(代表)

このページの先頭へ戻る