臨時認知機能検査のご案内


臨時認知機能検査とは、75歳以上の方が、認知機能が低下したときに起こしやすい違反行為(一定の違反)をしたときに、運転に必要な記憶力・判断力が低下していないかを確認する検査です。

検査の流れ

検査の流れの様子

臨時高齢者講習については、「臨時高齢者講習のご案内」をご覧ください。

※一定の違反

一定の違反とは、認知機能が低下したときに起こしやすい違反行為で、18の違反行為が該当します。

(1)信号無視 (2)通行禁止違反 (3)通行区分違反(右側通行等) (4)横断等禁止違反 (5)進路変更禁止違反 (6)しゃ断踏切立入り等 (7)交差点右左折等方法違反 (8)指定通行区分違反 (9)環状交差点左折等方法違反 (10)優先道路通行車妨害等 (11)交差点優先車妨害 (12)環状交差点通行車妨害等(13)横断歩道等における横断歩行者等妨害 (14)横断歩道のない交差点における横断歩行者妨害 (15)徐行場所違反 (16)指定場所一時不停止等 (17)合図不履行 (18)安全運転義務違反

検査の場所

臨時認知機能検査は、運転免許試験場等において受検します。

必要書類等

  • 臨時認知機能検査通知書
  • 運転免許証
  • 筆記用具
  • 手数料 650円

※  眼鏡や補聴器を使用しないと検査に不安がある方は、眼鏡や補聴器をお持ちください。

検査の内容

検査の内容については、更新時に受検する認知機能検査と同じです。詳しくは、「認知機能検査のご案内」の「検査の内容」の項目をご覧ください。

検査の期間

臨時認知機能検査は、臨時認知機能検査通知書を受領した日の翌日から1か月以内に受検しなければなりません。

例:通知書を受領した日   4月12日

  検査を受けられる期間  4月13日〜5月12日

検査を受けられる期間の最終日が土曜日・日曜日・祝日・年末年始の休日期間の場合は、その翌日(土曜日の場合は月曜日)まで延長されます。

通知書を受領してからやむを得ない理由(海外旅行・災害・病気等)なく、1か月以内に臨時認知機能検査を受けなかった場合は、運転免許の取消し又は停止の対象となります。

検査の予約

臨時認知機能検査通知書に記載されている日時に受検する方は、予約の必要はありません。

臨時認知機能検査通知書に記載されている日時に受検できない方は、予約が必要です。

申込先

臨時認知機能検査・臨時高齢者講習予約専用電話 045(362)7075

検査の結果

直近において受けた認知機能検査の結果と比較して、臨時認知機能検査の結果が悪くなった方及び臨時認知機能検査が初めて受検する認知機能検査であり、「記憶力・判断力が少し低くなっています」又は「記憶力・判断力が低くなっています」と判定された方は臨時高齢者講習を受講していただきます。臨時高齢者講習受講後は、そのまま免許が継続されます。

なお、「記憶力・判断力が低くなっています」と判定された方は、臨時適性検査を受け、又は命令に従い主治医等の診断書を提出していただくことになります。

「記憶力・判断力に心配ありません」と判定された方や直近に受けた認知機能検査の結果と比較して、臨時認知機能検査の結果が良くなった方、又は結果が変わらなかった方は、そのまま免許が継続されます。

受講免除対象者

  • 一定の違反をした日の3月前の日以後に認知機能検査を受けた方
  • 一定の違反をした日の3月前の日以後に異なる種類の免許を受けた方
  • 一定の違反をした日の3月前の日以後に認知症に関する医師の診断又は臨時適性検査を受けた方
  • 認知症に関する医師の診断を受けることとされている方

問合せ先

臨時認知機能検査についてご不明な点がある場合は、こちらに連絡をしてください。

臨時認知機能検査・臨時高齢者講習問い合わせ専用電話 045(362)0312

専用電話受付時間

月曜日から金曜日まで(土曜日・日曜日・祝日・休日・年末年始の休日を除く。)

午前8時30分〜11時、午後1時〜4時

このページの先頭へ戻る