停止処分者講習のご案内(停止30日)


この講習を受講すると、停止日数が短縮されますが、短縮日数は考査の成績や受講態度により異なります。

考査成績
成績区分

項目
考査(テスト)の成績
不可
短縮日数 29日 25日 20日 0日
停止日数 1日 5日 10日 30日

※考査(テスト)の成績が「優」の場合でも、受講当日は停止処分中です。

処分期間中は絶対に運転をしないでください。処分期間中に運転をすると、無免許運転となり、運転免許が取り消されます。

講習場所

神奈川県警察交通安全センター(六角橋) (横浜市神奈川区六角橋6‐9‐12 電話 045(211)1212(代表))
(横浜市営地下鉄「岸根公園駅」下車・徒歩約10分 東急東横線「白楽駅」下車・徒歩約20分)

講習受付時間

午前8時30分〜午前8時50分

講習時間

午前9時〜午後4時(6時間)

講習実施日

月曜日〜金曜日(土曜日・日曜日・祝日・休日・年末年始の休日を除く。)

携行品

  • 運転免許停止処分書(停止処分を受けた日に渡されます) (受付時に必要)
  • 講習手数料  12,600円 (受付時に必要)
  • 筆記用具 (受講時に必要)

受付要領・場所・時間等

交通安全センターで停止処分を受けて、同日に停止処分者講習の受講を希望される方

必ず、午前8時30分〜午前8時50分までの間に停止処分を受け、その後、受講申請をしてください。

交通安全センターで停止処分を受けて、別の日に停止処分者講習の受講を希望される方
又は、交通安全センター以外の場所で停止処分を受けて、停止処分者講習の受講を希望される方

受講希望日の午前8時30分から午前8時50分までの間に交通安全センターで受講申請をしてください。

免許証の返還

講習を受けた方

交通安全センターで停止処分を受けた方

  • 考査の成績が「優」の方は、講習終了当日、交通安全センターで返還します。
    ただし、免許証の返還を受けた当日は、停止処分中ですので、運転をすることはできません。(万一、運転すると無免許運転になり、免許は取り消されます。)
  • 考査の成績が「優」以外の方は、それぞれ指定された日以後に、原則として交通安全センターで返還します。

免許証記載の住所地を管轄する警察署で停止処分を受けた方

考査の成績により、それぞれ指定された日以後に、住所地を管轄する警察署で返還します。

後日講習を希望していた方で講習を受けなかった方

交通安全センター又は運転免許試験場で停止処分を受けた方

運転免許停止処分書に記入してある停止期間終了日の翌日以後に、交通安全センターで返還します。

免許証記載の住所地を管轄する警察署で停止処分を受けた方

運転免許停止処分書に記入してある停止期間終了日の翌日以後に、住所地を管轄する警察署で返還します。

(注)土曜日・日曜日・休日や執務時間外に返還を希望される方は、あらかじめ交通安全センター又は住所地を管轄する警察署の交通課に電話で確認をしてください。

  • 交通安全センター(免許課執行係)  045(211)1212(代表)
  • 各警察署  警察署所在地一覧のページをご覧ください。

停止期間終了3か月経過後に免許証の返還を希望する方

運転免許試験場〔2号館2階免許第1係〕で返還します。(あらかじめ下記に電話で確認のうえ、受け取りに行ってください。)

  • 運転免許試験場(免許課免許第1係)  045(365)3111(代表)

講習についての問い合わせ先

  • 交通安全協会(講習第3部)  045(491)8551  (午後4時まで)

このページの先頭へ戻る