平成29年3月12日から改正道路交通法が施行されました


目次


高齢運転者対策の推進について

平成29年3月12日から高齢運転者対策の推進を図るための規定が整備された改正道路交通法が施行されました。

概要

1 臨時認知機能検査・臨時高齢者講習の新設

改正前は3年に1度の免許証の更新の際に受けることとされていた認知機能検査について、一定の違反行為があれば、3年を待たずに臨時認知機能検査を受けることになります。臨時認知機能検査の結果、認知機能の低下が運転に影響するおそれがあると判定された方は、臨時高齢者講習を受けることになります。

2 高齢者講習の合理化・高度化

75歳未満の方や、認知機能検査で「記憶力・判断力に心配がない」と判定された方は2時間に短縮された合理化講習となります。その他の方は、個別指導を含む3時間の高度化講習となります。

3 臨時適性検査制度の見直し

更新時の認知機能検査又は臨時認知機能検査で「記憶力・判断力が低くなっている」と判定された方は、臨時適性検査を受け、又は命令に従い主治医等の診断書を提出しなければなりません。

臨時認知機能検査や臨時高齢者講習を受けない場合や、医師の診断等を受けない場合は、運転免許の取消し又は停止の処分を受けることがあります。

高齢運転者対策の推進チラシ

クリックするとPDFファイルにリンクします
PDFファイル678KB

このページの先頭へ戻る

高齢運転者対策についての質問

【臨時認知機能検査・臨時高齢者講習についての質問】

1 臨時認知機能検査とは何ですか?

75歳以上の方が、認知機能が低下したときに起こしやすい違反行為(一定の違反)をしたときに臨時の認知機能検査を受けることとされ、運転に必要な記憶力・判断力が低下していないかを確認する検査です。

75歳以上の方が、免許証の更新の際に義務付けられている認知機能検査と検査内容は同じです。

2 一定の違反とは何ですか?

認知機能が低下したときに起こしやすい違反行為で、18の違反行為が該当します。

一定の違反

(1)信号無視 (2)通行禁止違反 (3)通行区分違反 (4)横断等禁止違反 (5)進路変更禁止違反 (6)しゃ断踏切立入り等 (7)交差点右左折等方法違反 (8)指定通行区分違反 (9)環状交差点左折等方法違反 (10)優先道路通行車妨害等 (11)交差点優先車妨害 (12)環状交差点通行車妨害等 (13)横断歩道等における横断歩行者等妨害 (14)横断歩道のない交差点における横断歩行者妨害 (15)徐行場所違反 (16)指定場所一時不停止等 (17)合図不履行 (18)安全運転義務違反


3 臨時高齢者講習とは何ですか?

臨時認知機能検査を受検した結果、認知機能の低下が運転に影響するおそれがあると判定された方が臨時高齢者講習を受けることとされ、認知機能検査の判定結果を基に、今後の運転で注意すべきことを理解してもらうための講習です。

4 臨時認知機能検査や臨時高齢者講習を受ける期間に決まりはありますか?

臨時認知機能検査や臨時高齢者講習は配達証明付郵便物により通知されます。通知を受領した日の翌日から1か月以内に受けなければなりません。

例: 通知を受領した日 4月12日
  受ける期間 4月13日〜5月12日

受ける期間の最終日が土曜日・日曜日・祝日・年末年始の休日期間の場合は、その翌日(土曜日の場合は月曜日)まで延長されます。

5 臨時認知機能検査や臨時高齢者講習を受けなかったらどうなりますか?

通知を受領してからやむを得ない理由(海外旅行・災害・病気等)がなく、1か月以内に受けなかった場合は、運転免許の取消し又は停止の対象となります。

※ 臨時認知機能検査や臨時高齢者講習に関する詳細や問合せ先

臨時認知機能検査・臨時高齢者講習の手続等についての詳細は、臨時認知機能検査のご案内」、「臨時高齢者講習のご案内をご覧ください。

臨時認知機能検査・臨時高齢者講習に関する問合せ専用電話

電話番号 045(362)0312
受付時間 月曜日から金曜日まで(土曜日・日曜日・祝日・休日・年末年始の休日を除く。)
午前8時30分〜11時 午後1時〜4時

このページの先頭へ戻る

【更新時の認知機能検査・高齢者講習についての質問】

1 更新時の認知機能検査と高齢者講習は別の日に受けるのですか?

75歳以上の方は、改正前は認知機能検査終了後に高齢者講習を受講していましたが、改正後は、認知機能検査と高齢者講習は別の日に受けるようになります。これは、認知機能検査の判定結果に基づいた高齢者講習を受けていただくためです。

2 75歳未満の高齢者講習は改正前と改正後では違いはありますか?

講習時間が3時間から2時間に短縮されます。(小型特殊免許のみをお持ちの方は1時間30分から1時間に短縮されます。)

3 新制度の高齢者講習はいつからですか?

誕生日が8月11日(受講期間の初日が3月11日)の方までが旧制度の高齢者講習を受講することになります。

誕生日が8月12日以降の方は、新制度による高齢者講習を受講することになります。

カレンダー見本

4 認知機能検査は改正前と改正後では違いはありますか?

認知機能検査の検査内容については、違いはありません。ただし、施行日(平成29年3月12日)以降に認知機能検査を受検し、記憶力・判断力が低くなっていると判定された方は、臨時適性検査を受け、又は命令に従い主治医等の診断書を提出しなければなりません。

「運転免許の申請取消し(自主返納)の手続について」のページへ

このページの先頭へ戻る

準中型免許の新設について

平成29年3月12日から運転免許の種類等に関する規定の整備として準中型免許が新設された改正道路交通法が施行されました。

概要

1 準中型免許の新設

準中型免許では、車両総重量7.5トン未満(最大積載量4.5トン未満)の自動車を運転できます。普通免許で運転できる自動車は車両総重量3.5トン未満(最大積載量2トン未満)となります。

2 準中型免許の受験資格・教習日数

準中型免許は、18歳から普通免許を保有されていない方でも取得できます。教習では、最短17日で取得可能です。(普通免許は最短15日)

3 準中型免許に係る初心運転者期間制度

初めて準中型免許を取得した方は、準中型自動車を運転するときには1年間初心者マークを付けなければなりません。

4 すでに普通免許を保有している方の既得権

引き続き車両総重量5トン未満の自動車を運転することができます。

準中型免許の新設チラシ

クリックするとPDFファイルにリンクします
PDFファイル959KB

このページの先頭へ戻る

準中型免許についての質問

1 準中型免許とは?

運転できる自動車の大きさは

  • 車両総重量 7.5トン未満
  • 最大積載量 4.5トン未満
  • 乗車定員  10人以下

です。18歳から普通免許を保有されていない方でも取得できます。

2 準中型免許を取得したら、初心者マークをつけますか?

初めて準中型免許を取得した方は、準中型自動車を運転するときには1年間初心者マークを付けなければなりません。ただし、準中型免許取得者が普通自動車を運転する場合は、初心者マークの表示義務はありません。

初心者マークイメージ

3 改正前に普通免許を取得していますが、改正後に運転できる自動車はどうなりますか?

改正前に普通免許を取得している方は、改正後も改正前と同様に車両総重量5トン未満・最大積載量3トン未満の自動車を運転することができます。さらに、限定解除審査に合格すれば、車両総重量5トン以上7.5トン未満の自動車の運転も可能となります。

限定解除審査は、指定自動車教習所で最低4時限の教習を受けた上での審査又は運転免許試験場での技能審査のいずれかになります。

オートマチック限定普通免許は、別途オートマチック限定解除が必要です。

4 8トン限定中型免許を取得していますが、改正後に運転できる自動車はどうなりますか?

これまでと同様に車両総重量8トン未満の自動車を運転することができます。

5 準中型免許に第二種はありますか?

準中型自動車は、貨物自動車がその大部分を占め、旅客自動車用は一般に流通していません。したがって準中型第二種免許は設けられていません。

6 準中型免許の視力検査等はどうなりますか?

視力検査は片眼0.5、両眼0.8以上であること及び深視力検査に合格することが必要です。中型免許や大型免許と同じ基準となります。

7 試験場で直接、学科試験や技能試験を受験する際の手数料はどうなりますか?

  • 仮免許受験の場合
    5,500円(試験手数料 2,850円、交付手数料 1,100円、試験車使用料 1,550円)
  • 本免許の場合
    7,050円(試験手数料 4,400円、交付手数料 2,050円、試験車使用料 2,650円)

となります。

無免許運転にご注意を!準中型免許の新設に伴い免許の区分が細分化されます。自動車を運転するときは、必ず自動車検査証を見て、車両総重量と最大積載量が、運転可能な範囲を超えていないことを確認しましょう。運転できる自動車の判断は運転者の責任です。

このページの先頭へ戻る