大型二輪免許(試験場で直接受験)の手続について


試験場で大型二輪免許を直接受験する方の手続です。


受付

一般受験者

他の免許(原付・小特を除く。)を持っていない方

月曜日から金曜日まで(土曜日・日曜日・祝日・休日・年末年始の休日を除く。)

午後1時〜1時30分 運転免許試験場 2号館1階G窓口

学科試験免除者

現に普通あるいは普通二輪免許を持っている方(「試験が免除される場合について」をご覧ください。)

月曜日から金曜日まで(土曜日・日曜日・祝日・休日・年末年始の休日を除く。)

午前8時30分〜9時 午後1時〜1時30分 運転免許試験場 2号館1階D窓口

※受付終了間際は大変混み合いますので、時間に余裕を持ってご来場ください。

※受付手続時に適性試験を行います。適性試験に合格していなければ事前審査の受付はできません。

※学科試験免除者のうち、事前審査が必要な方は午後のみの受付となります。


必要書類等

  • 運転免許申請書及び質問票(用紙は試験場にあります。)
    ※ 質問票の詳細は、こちらをご覧ください。
  • 本籍(外国籍の方は国籍)が記載されている住民票の写し(6か月以内のもの) 1通(※注1)

    注1 住民票の写しについては、市区町村発行のものとし、コピー複製したものでは手続はできません。

    又は、現に他の免許を受けている方は、その運転免許証

    ※他に免許がない方は、住民票の写しのほかに、健康保険証、マイナンバーカード、住民基本台帳カード、パスポートなど身分を証明できるものを提示してください。提示されない場合は申請を受理できません。

  • 外国籍の方は、在留カード、特別永住者証明書等
  • 申請用写真 1枚

    タテ3.0センチメートル×ヨコ2.4センチメートル

    申請前6か月以内に撮影

    無帽、正面、上三分身、無背景(「申請する際に提出する写真について」をご覧ください。)

  • 手数料 6,550円(試験手数料 2,950円、交付手数料 2,050円、試験車使用料1,550円)

手続の順序

イメージ:大型二輪免許(試験場で直接受験される方)の運転免許取得手続の順序


その他

  • 申請の際に、現在お持ちの免許証を職員が複写して受理します。
  • 学科試験問題は、文章問題が90問、イラスト問題が5問出題され、配点は、文章問題が1問1点、イラスト問題は1問2点です。イラスト問題は1つのイラストにつき3問出題され、すべて正解である場合のみ配点されます。合格は、90点以上です。
  • 現に他の免許を受けている方で、記載事項の変更がある方は、事前に変更を済ませておいて下さい。(記載事項変更の手続については「運転免許証の記載事項変更手続について」をご覧ください。)
  • 申請に必要な写真は、700円を支払って試験場内に設置されているスピード写真機を利用することができます。
  • 試験に合格された方は、4桁数字2組(8桁)の暗証番号が必要となりますので、事前に暗証番号を決めておいてください。

事前審査のご案内

  • 事前審査は、月曜日から金曜日まで(土曜日・日曜日・祝日・休日・年末年始の休日を除く。)の午後3時30分から実施します。
  • 審査の内容
    倒れている大型二輪車の引き起こし
    「8の字型」の押し歩き
  • 事前審査当日はヘルメット等は必要ありません。
  • 雨天でも行います。
  • 一般受験者は学科試験合格後に、学科試験免除者は適性試験合格後となります。

このページの先頭へ戻る