運転免許証の再交付手続について


この手続は運転免許試験場でなければできません。

この手続は運転免許証を紛失、汚損・破損した場合の再交付手続です。有効期間が過ぎた方は、この手続はできません。


受付

月曜日から金曜日まで(土曜日・日曜日・祝日・休日・年末年始の休日を除く。)

運転免許試験場 2号館2階10番窓口

午前8時30分〜11時 午後1時〜4時


必要書類等

  • 運転免許証再交付申請書(申請用紙は運転免許試験場にあります。)
  • 運転免許証等亡失等事実てん末書(用紙は運転免許試験場にあります。)
  • 破(汚)損した場合はその免許証
  • 申請用写真 1枚

    タテ3.0センチメートル×ヨコ2.4センチメートル

    申請前6ヶ月以内に撮影

    無帽、正面、上三分身、無背景(「申請する際に提出する写真について」をご覧ください。)

    * 免許証用の写真は、申請用写真とは別に当日撮影します。

  • 身分を確認できるもの

    (例:健康保険証・マイナンバーカード・住民基本台帳カード・パスポート・学生証・社員証・身体障害者手帳・年金手帳・他官庁発給の許可証(免状)・住民票の写し・外国籍の方の場合は、在留カード・特別永住者証明書等)

    * 住民票の写しの場合は、他にも氏名入りのカードや通帳等をお持ちください。

    * コピー、ファックス類は認められません。

  • 記載事項の変更を同時に行う場合は、変更を証明する書類が必要です。必要書類については「運転免許証の記載事項変更手続について」の必要書類欄をご覧ください。
    ※ 免許証に記載されている住所地が県外の方は、免許証の住所を神奈川県内(現住所)へ変更した後に手続します。
  • 海外からの一時帰国の方で、住民登録が日本にない方(神奈川県内に一時滞在する方に限ります。)は、滞在証明書と滞在証明書を書いた人の住民票の写し等が必要となります。(「海外に居住(滞在)していて日本の運転免許証をお持ちの方の手続について」をご覧ください。)
  • 手数料 3,500円

手続の順序

画像:再交付手続の順序

その他

  • 代理申請はできません。必ず本人が申請にお越しください。
  • 手続には、4桁数字2組(8桁)の暗証番号が必要となりますので、事前に暗証番号を決めておいてください。
  • 申請書に記載の上、写真を添えて受付時間内に窓口にお出しください。
  • 再交付と同時の更新の場合は、それぞれ申請書を作成し(写真は更新申請書のみに貼付)2号館2階10番窓口に2枚の申請書を提出してください。(手数料は更新手続にかかる手数料のみです。)書類作成、写真撮影に時間を要しますので、余裕を持って来場してください。
    *注 来場の時間によっては後日講習を受講していただく場合がありますのでご了承ください。
  • 申請用写真は、試験場内に設置されているスピード写真機(有料)を利用して撮ることができます。
    * 免許証用の写真は、申請用写真とは別に当日撮影します。
  • 再交付の申請は本人しかできませんので、申請者の身分確認にご協力をお願いします。
    他人の名前をかたって再交付申請をした方は、処罰されます。
  • 聴覚障害者の方で、現在の運転免許証に新たに条件が付される方、または現在付されている条件が変更になる方は、運転免許試験場において月曜日から金曜日まで(祝日、休日、年末年始の休日を除く)の更新受付時間で手続をしてください。
    「聴覚障害者の方で、特定後写鏡装着条件に変更を希望される方へ」をご覧ください。)
  • 他人の名前をかたって再交付申請をした方は、処罰されます。

このページの先頭へ戻る