県警からのお知らせ


目次


オレオレ詐欺が急増しています!

神奈川県警察では、急増しているオレオレ詐欺の被害を防ぐために、「DNA作戦」を展開しています。

詳しくは、「振り込め詐欺にご注意を」をご覧ください。

見破れ!!オレオレ 電話でお金を要求する息子はサギ!?

また、振り込め詐欺の状況等をツイッターで情報発信しています。ぜひ、この機会にフォロワー登録をお願いします。

登録は、「神奈川県警察Twitter一覧」からお願いします。

このページの先頭へ戻る


外国語対応モデル交番の運用開始について

2019年のラグビーワールドカップや2020年の東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催等により、当県においても来日外国人の急増が見込まれ、交番でも外国人とのコミュニケーションの円滑化が必要となりました。

そこで、警察庁のガイドラインで、外国語での対応が可能な交番をモデル交番として運用するよう示され、当県では、日本を代表する観光地である鎌倉を管轄する鎌倉警察署鎌倉駅前交番を外国語対応モデル交番に指定して、2016年10月27日から運用を開始しました。

外国語対応交番の表示板

英語版「Model Police Box w/ Foreign Language Proficiency Comes into Operation」はこちら(check it!)

このページの先頭へ戻る


特殊詐欺の被害防止活動の強化について

県警察では、特殊詐欺を撲滅するため、10月中を「特殊詐欺撲滅対策推進強化期間」として検挙・予防対策を更に強化します。

県内で発生している主な手口

キャッシュカードを直接だまし取るオレオレ詐欺

警察官やデパート店員等をかたるオレオレ詐欺のキャッシュカード手交型の手口は

  • 被害者が第三者と接する機会がない。
    →  金融機関等での声掛け等ができない。
  • 最初の電話からだまし取られるまでの時間が極めて短い。
    →  被害者が家族等に確認・相談する余裕がなくなる。
  • だまし取られた直後にキャッシュカードを使ってATMから現金を引き出される。
    →  詐欺と気づいた時には現金を引き出されている。

という、未然防止が困難な特徴があります。

犯人の特徴

  • 昼間にスーツ姿で、住宅街等を、周囲を見回すように徘徊している。
  • 携帯電話で通話(画面を凝視)しながら歩いている。
  • ATMで何度も他人名義のキャッシュカードを使い現金を引き出している。

警察官、金融庁・銀行協会・金融機関の職員等が

  • 電話で暗証番号を聞く
  • キャッシュカードを受け取りに行く

ことは絶対にありません。


還付金等詐欺

還付金等詐欺では、役所の職員をかたり

  • 「医療費・保険料の還付金があります。」
  • 「今日が期限です。」
  • 「急いで近くのATMに行ってください。」

などと、還付手続を装って、口座間送金により犯人の口座にお金を送らせるものです。

役所等が医療費等の還付手続として、ATMを操作させることは絶対にありません。

被害に遭わないために

『サギ撲滅の2本柱』

1 こんな言葉を電話で聞いたらサギだ!

  • 「急にお金が必要!用意して!」
  • 「キャッシュカードを預かります。」
  • 「ATMで医療費を還付します。」

2 留守番電話設定のお願い!

  • 「犯人は留守番電話を嫌います。」
  • 「常に留守番電話設定を!」
  • 「留守番電話が作動する前に取らないで!」
  • 「迷惑電話防止機能付き機器の購入検討を!」

振り込め詐欺の被害者の声

○  新聞やテレビでオレオレ詐欺のことは知っていた。普段からだまされないように気を付けていたが、電話に出た時に、息子の名前を言われたのですっかり息子だと思ってしまった。(70歳代女性)

○  金融機関の窓口で、お金の使途を尋ねられたが、息子の失態を話すのが嫌で別の使途を説明してしまった。振り込め詐欺の手口の説明を受けた際に、真剣に耳を傾けていれば、振り込め詐欺だと気が付いたかもしれない。
妻に相談したり、息子の携帯に電話をして確認するべきだった。(80歳代男性)

○  振り込め詐欺のことは、新聞やテレビで知っていた。自分のところには、電話は掛かってこない、掛かってきてもすぐに振り込め詐欺だと分かる、自分が被害に遭うはずがないと思い込んでいた。区役所職員をかたる犯人に「今日が締切、すぐに手続をしなければ還付金が貰えない」と丁寧な口調で言われたので信用してしまった。ATMの操作方法をある程度理解していれば、だまされなかったかもしれない、悔しい。(70歳代女性)

特殊詐欺に関する情報提供をお願いします

息子や親族になりすました者、金融機関等の職員を名乗る者等から「今日中にお金が必要だ。」「新しいキャッシュカードと交換する必要があるので古いものを回収しに行く。」などという電話がかかってきたときは警察に通報してください。被害拡大防止対策に役立てるほか「だまされた振り作戦」を実施して犯人を捕まえることができます。不審な電話がかかってきたら、110番、最寄の警察署又は振り込め詐欺情報ホットラインに通報してください。

《振り込め詐欺情報専用ホットライン》

受付時間 平日 午前8時30分〜午後5時15分

電話 045(651)7970

現金やキャッシュカード等を直接だまし取りにくる犯人は、昼間の時間帯にスーツ姿で住宅地をウロウロしたり、携帯電話で頻繁に会話しながら歩いている場合があります。

不審な者を見かけたら、110番、最寄の警察署又は上記振り込め詐欺情報ホットラインに通報してください。

捜査第二課では、「Twitter」を利用して特殊詐欺に関する前兆電話の入電状況をリアルタイムに発信しているほか、最新の手口や被害防止に役立つ情報等も発信しています。

《捜査第二課Twitter》

公式アカウント @KPP_souni

このページの先頭へ戻る


安全・安心まちづくり旬間(全国地域安全運動)の実施について
−みんなで つくろう 安心の街−

10月11日(木曜日)から10月20日(土曜日)までの10日間、県内一斉に「安全・安心まちづくり旬間」が実施されます。この「安全・安心まちづくり旬間」は、平成17年4月1日から施行されております「神奈川県犯罪のない安全・安心まちづくり推進条例」に基づく活動であり、従来、全国一斉に取り組んできた「全国地域安全運動」と一体化させて取り組むこととしたものです。

この運動は「みんなでつくろう安心の街」をメインスローガンに地域住民やボランティア、自治体等の関係機関・団体と警察が連携して街頭活動を強化するなど、地域に密着した防犯活動を展開することによって、地域安全活動の浸透と定着化を促進し、地域住民等との協働による安全で安心して暮らせる地域社会の実現を図ることを目的としています。

実施重点

  • 子供と女性の犯罪被害防止
  • 特殊詐欺の被害防止
  • サイバー犯罪の被害防止

このページの先頭へ戻る


秋の行楽期における登山事故の防止について
−登山をする際に気を付けること−

安全で楽しい登山をするために

  • 登山の第一歩は、目的とする山をよく理解することからはじまります。ガイドブック等で事前に山岳情報をよく調べましょう。
  • 登山計画書を作成して、パーティ全員がその山をよく理解するとともに、体力と経験に応じた無理のない計画であるかよく検討しましょう。
  • 登山計画書は、各都道府県の提出先や登山口にある投函箱等に提出しましょう。

神奈川県内の山へ登る際

神奈川県外の山へ登る際

  • 登山計画書の提出が義務化されている山域もありますので、あらかじめ調べておきましょう。
  • 単独登山はやめて仲間と登り、救急用品や非常食等を必ず携行してゆとりある行動を心がけ、安全な登山をしましょう。
  • 携帯電話等の通信機器を準備し、電池切れに備え予備バッテリーを携行して登山をしましょう。
  • 登山前に目的とする山の気象状況や火山情報等を入手し現地の状況を把握しておきましょう。

こちらをご覧ください。登山を楽しく安全に

このページの先頭へ戻る


拳銃等違法銃器の根絶について

拳銃等違法銃器の根絶にご協力を

県民生活に重大な脅威を与える銃器犯罪は絶対に許すことができません。

警察では、銃器使用犯罪を防止し、県民が安全で安心して暮らせる地域社会を実現するために、拳銃等違法銃器の摘発を強力に推進しています。

皆さんの「違法銃器の存在は絶対に許さない」との固い決意が、違法銃器とその使用犯罪のない地域社会を作ります。

皆さんの情報が違法銃器根絶につながります。

拳銃等違法銃器に関する情報の提供をお願いします。

連絡先

● 最寄りの警察署

● 神奈川県警察本部薬物銃器対策課

● 拳銃110番 0120−10−3774(フリーダイヤル 銃ミナナシ)

拳銃110番報奨制度

皆さんは、「拳銃110番報奨制度」をご存じですか。

この制度は、実名・匿名を問わず、あなたの情報により拳銃等の銃器が押収され、かつ被疑者が検挙された時、状況に応じて報奨金が支払われる制度です。

通報の受付は、

全国共通のフリーダイヤル番号 0120−10−3774(フリーダイヤル 銃ミナナシ)

です。

皆さんからの情報が、銃器犯罪から尊い命と平和な市民生活を守ります。

遺品拳銃の提出依頼

皆さんのご自宅に軍用拳銃が眠っていませんか?

遺品整理をした時等に旧日本軍の軍用拳銃が見つかることがあります。

軍用拳銃は、大事な形見や遺品であっても所持することができません。

子供がもてあそんで思わぬ被害に遭ったり、盗まれて、それが犯罪に使用される危険性もあります。

発見した際は、速やかに最寄りの警察署にご連絡をお願いします。

こちらもご覧ください。「拳銃のない安全な社会を目指して」「拳銃110番報奨制度」

このページの先頭へ戻る


違法駐車をなくそう

平成30年度 違法駐車追放運動に係るキャッチコピー

「危険です 死角を増やす 迷惑駐車」

違法駐車の指導・取締りを強化します

違法駐車は、歩行者等の通行を妨げ、交通事故の原因や交通渋滞の原因となり、更には事件・事故や災害発生時におけるパトカー、救急車等の緊急車両の通行の妨害ともなります。

違法駐車をなくし、安全で円滑な交通環境を確保するためには、県民の皆様一人一人が交通ルールを守り、駐車マナーアップに努めていただくことが必要です。

そのため、県警察では

「危険です 死角を増やす 迷惑駐車」

を今年度のキャッチコピーに掲げ、10月中、違法駐車追放強化期間として、街頭キャンペーン、地域住民の方々との合同パトロールといった広報・啓発活動を行うとともに、違法駐車車両に対する指導・取締りを強化します。

  • 運転者が乗車している車両でも、人待ちや時間調整等で継続的に駐車する行為は駐車違反として指導・取締りの対象となります。また、貨物の積卸しのための停止で5分を超えないものであっても、運転者がその車両を離れ、直ちに運転できる状態にない場合も同様です。人待ち、時間調整、貨物の積卸し等に伴う駐車は、駐車施設や荷さばき場で行いましょう。
  • 通学路の違法駐車は、児童が駐車車両の陰に隠れ、姿が見えにくくなるばかりか、児童が安全確認を行う際の妨げにもなり、大変危険ですのでやめましょう。
  • 歩道、特に視覚障害者誘導用ブロックが設置されている歩道上の違法駐車は、高齢者や障害者等の、円滑な移動を阻害する要因になり、迷惑で大変危険ですのでやめましょう。

「すぐ帰ってくるから」「みんなが止めているから」といった安易な気持ちで路上に駐車することなく、必ず、駐車場等を利用してください。

問合わせ先

神奈川県警察本部交通部駐車対策課駐車取締り係

045−211−1212

又は最寄りの警察署交通課

このページの先頭へ戻る


高齢ドライバーへのお知らせ
−運転適性相談窓口について−

運転適性相談窓口

運転免許センター及び各警察署の運転免許窓口では、運転に不安を感じる高齢運転者やその家族の方等に対して、安全運転のための助言や運転免許の自主返納についてご相談を受け付けております。

よくあるご相談

  • 免許を返納すると身分証明書がなくなり困るのですが、代わりになる物はありますか。
  • 臨時認知機能検査の通知が届いたけど、検査を受けないとどうなりますか。
  • 高齢になった父の運転が危なくなって来たけど、どうすれば良いですか。
  • 免許を更新するか返納するか迷ってるんですが。

運転適性相談周知強化旬間

11月1日から11月10日までの10日間、県警察では、運転適性相談周知強化旬間を実施し、高齢運転者やその家族の方たちへ運転適性相談の周知を図る取組を行います。

問合わせ先

神奈川県警察本部交通部運転免許本部運転教育課適性審査係

045−365−31111

このページの先頭へ戻る