県警からのお知らせ


目次


オレオレ詐欺が急増しています!

神奈川県警察では、急増しているオレオレ詐欺の被害を防ぐために、「DNA作戦」を展開しています。

詳しくは、「振り込め詐欺にご注意を」をご覧ください。

見破れ!!オレオレ 電話でお金を要求する息子はサギ!?

また、振り込め詐欺の状況等をツイッターで情報発信しています。ぜひ、この機会にフォロワー登録をお願いします。

登録は、「神奈川県警察Twitter一覧」からお願いします。

このページの先頭へ戻る


外国語対応モデル交番の運用開始について

2019年のラグビーワールドカップや2020年の東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催等により、当県においても来日外国人の急増が見込まれ、交番でも外国人とのコミュニケーションの円滑化が必要となりました。

そこで、警察庁のガイドラインで、外国語での対応が可能な交番をモデル交番として運用するよう示され、当県では、日本を代表する観光地である鎌倉を管轄する鎌倉警察署鎌倉駅前交番を外国語対応モデル交番に指定して、2016年10月27日から運用を開始しました。

外国語対応交番の表示板

英語版「Model Police Box w/ Foreign Language Proficiency Comes into Operation」はこちら(check it!)

このページの先頭へ戻る


特殊詐欺の被害防止活動の強化について

被害に遭わないために

  迷惑電話防止機能付き電話機等への変更

振り込め詐欺を防ぐために最も効果的な対策は、犯人からの電話に出ないことです。

迷惑電話防止機能付き電話機等は、犯人が電話をしてくれば、呼出音を鳴らす前に、犯人に対し、「この通話内容を録音します。」旨を告げるなど、犯人が最も嫌う機能を有しています。

迷惑電話防止機能付き電話機等への変更をご検討ください。

  キャッシュカードは絶対に渡さない

  暗証番号は絶対に教えない

  『サギ撲滅の2本柱』

1 こんな言葉を電話で聞いたらサギだ!

  • 「急にお金が必要!用意して!」
  • 「キャッシュカードを預かります。」
  • 「ATMで医療費を還付します。」

2 留守番電話設定のお願い!

  • 「犯人は留守番電話を嫌います。」
  • 「常に留守番電話設定を!」
  • 「留守番電話が作動する前に取らないで!」
  • 「迷惑電話防止機能付き機器の購入検討を!」

県内で増加している手口

キャッシュカードを直接だまし取るオレオレ詐欺

この手口は、実在するデパートや百貨店の従業員を装う犯人が電話で、

  • 「あなたのクレジットカードを使って買い物しようとしている人がいる。」

などと連絡してきて、被害者が「身に覚えがない」などと伝えると、

  • 「あなたの個人情報が漏れていて、クレジットカードが偽造されている。」
  • 「警察に通報します。」

などとだましてきます。

その後、警察官を装う犯人から、

  • 「あなたの口座の預金が危ないので、キャッシュカードを取り換えた方がよい。」

などと話し、「手続に必要」などといって暗証番号を聞き出された後に、警察官や銀行協会職員等を装う犯人が直接キャッシュカードを受け取りに来て、預金を引き出されてしまうものです。

面識のない方には、絶対に暗証番号を伝えたり、キャッシュカードを渡さないでください。

架空請求詐欺

サイト管理会社等をかたり

  • 「有料サイト登録解除料金」や「有料サイト閲覧未納料金」

等を名目に支払いを要求し、コンビニエンスストア等で電子マネーを購入させ、シリアル番号等を携帯電話で連絡するよう指示し、電子マネーをだまし取る手口が多発しています。

また、県内には、法務省や民事訴訟管理センター等を装い、契約不履行や料金未納によって、訴訟が行われているとの内容の葉書や封書が多数届いています。

葉書の内容を不安に思い、記載している「お問合せ窓口」に連絡すると

  • 「弁護士の紹介」や「裁判回避のための費用」

等を名目に支払いを要求し、コンビニエンスストアで電子マネーを購入させ、シリアル番号等を携帯電話で連絡するよう指示し、電子マネーをだまし取られます。

このような、葉書や封書、メールが届いたら、直ぐに警察に相談してください。

還付金等詐欺

還付金等詐欺は、役所の職員をかたり、

  • 「医療費・保険料の還付金があります。」
  • 「今日が手続の期限です。」
  • 「急いで近くのATMに行ってください。」

などと、還付手続を装って、口座間送金により犯人の口座にお金を送らせるものです。

役所等が医療費等の還付手続として、ATMを操作させることは絶対にありません。

このページの先頭へ戻る


2月1日〜3月18日は「サイバーセキュリティ月間」

巧妙化するサイバー犯罪等に備えサイバー空間における被害防止対策を強化しましょう

  偽ショッピングサイトでの詐欺被害に注意!!

正規のショッピングサイトの会社概要、デザイン等を模倣した偽のショッピングサイトで詐欺の被害が増加しています。

次のようなショッピングサイトには特に注意しましょう。

1 他のサイトより値段が特に安い。

2 振込口座名義人とサイト事業者名が異なっている。

3 連絡先がメールアドレスのみである。

4 文書の表現や文字フォントがおかしい。

5 支払方法が銀行振込だけである。

6 アドレス入力欄に暗号化通信を示す鍵のマークがない。

  ウイルス対策を万全に!!

パソコン等がウイルスに感染するとネットバンキングでの不正送金や遠隔操作により悪用されることがあるため、十分注意しましょう。

1 不審メールの添付ファイルの開封やリンクへのアクセスをしない。

2 不審なインストーラ等のプログラムを実行しない。

3 ウイルス対策ソフトの定義ファイルを更新する。

4 定期的なバックアップをする。

  インターネットバンキングをご利用のみなさんへ

インターネットバンキングでの不正送金事案が発生しています。その原因の多くがコンピュータウイルスに感染し、ID・パスワードが漏えいしたことによります。

インターネットバンキングを利用する際は、次の点にご注意ください。

1 ウイルス対策ソフトを導入し、パターンファイルを常に最新の状態に更新する。

2 OSや、ウェブブラウザー等の各ソフトウェアを常に最新の状態に更新する。

3 あらかじめ、利用している金融機関が公表しているインターネットバンキングの手続を確認し、インターネットバンキングへのアクセスの際に、正規の手続と異なる入力画面等が表示された場合は、ID・パスワード等を入力しない。

4 ワンタイムパスワードや二段階認証等、利用している金融機関が推奨しているインターネットバンキングの不正送金対策を導入する。

5 意図しないログイン履歴がないか、自分の口座の入出金明細等を定期的に確認する。

  誰でもできる すぐできる セパレート大作戦

インターネットバンキング等の重要な情報を扱うパソコンとウイルス感染のリスクが高い電子メールやホームページの閲覧に使うパソコンと物理的に分離(セパレート)して使い分けることで、重要な情報を扱うパソコンのウイルス感染による情報流出や不正送金被害のリスクを下げることができます。

  スマートフォンにもセキュリティ対策を!!

スマートフォンは、従来の携帯電話を高機能にしたものではなく、パソコンに電話機能を付けたものですので、パソコンと同様にセキュリティ対策を行うことが必要です。

1 安易にアプリをインストールしない。

2 セキュリティ対策アプリを利用する。

3 不要な時は、GPS機能をオフにする。

4 セキュリティ(パスコード)ロックを設定する。

5 OSやアプリのアップデートをする。

6 不審なサイトにアクセスしない。

7 改造行為(「Jailbreak」、「root化」)を行わない。

8 公衆無線LAN(Wi-Fi)は携帯会社等の信頼できるものを使用する。

  違法・有害情報を見つけたときは

インターネット上で違法・有害情報を見つけた場合には、「インターネット・ホットラインセンター」への通報をお願いします。

こちらもご覧ください。「サイバー関連ポータルサイト」

このページの先頭へ戻る


身元不明遺体の身元確認相談

警察では、不慮の事故等で亡くなられ身元が分からないご遺体の身元確認を行っています。

ご家族やご親戚の方の中で

  • 長期間にわたり音信不通である
  • 犯罪や事故に遭っているおそれがある
  • 遺書や言動から自殺のおそれがある

などの行方不明者を捜されている方は、顔写真、特徴的な着衣や所持品、歯の治療の有無、身体特徴(手術の痕やほくろ)等の身元確認の参考となる情報をご用意のうえご相談ください。

相談窓口では、日本全国で亡くなられたご遺体の資料を用意して、ご相談に応じています。

相談窓口については、こちらをご覧ください。「身元不明遺体相談」

このページの先頭へ戻る


高齢者が交通事故の被害者にも加害者にもならないための対策

  高齢者が被害者にならないための対策

平成30年11月末(速報値)で、県内で交通事故により亡くなられた65歳以上の高齢者の方は60人で、交通事故死者全体の約4割を占めており年齢別では最も高い割合となっています。

また、高齢者が関係する交通事故の特徴として、交通事故で亡くなられた高齢者の方の約6割が歩行中であること、高齢運転者の方が第一原因者となる事故が多いことなどが挙げられます。このため県警察では高齢者の方が交通事故に遭わない、起こさないための対策に取り組んでいます。

高齢歩行者の関係する交通事故については、道路を横断している時が多くなっています。

このため、道路を横断する場合には、必ず横断歩道を利用するといった基本的なことを守り、さらに道路を横断する際は、横断中も含め左右を確認するなど、注意を払うことが大切です。

また、歩行者の交通死亡事故の発生は、夜間が全体の約5割となっており、歩行者の交通死亡事故を防止するためには、反射材用品の着用が効果的であります。

県警察では、歩行者の方が交通事故の被害者とならないための対策として、2月15日から2月24日までの10日間を

  • 反射材直接貼付強化旬間

として、主に高齢歩行者の方に対して、反射材の視認効果、使用方法等について理解を深めるため

  • 実際に靴や鞄に反射材を直接貼付させてもらう活動
  • 反射材着用の必要性を実感してもらうため参加・体験・実践型の交通安全教育
  • 関係機関・団体と連携した、各種キャンペーン等における反射材の効果に関する広報啓発

を推進するほか

  • 歩行環境シミュレータ等を積載した交通安全教育車ゆとり号の活用による安全な道路横断の体験
  • 加齢に伴う身体機能の変化が道路における交通行動に及ぼす影響等の理解の醸成
  • 運転免許を保有していないなど、交通安全教育の場に出る機会が少ない高齢者に対する教育の機会の確保

等に配意した安全教育や広報啓発等を推進してまいります。

また、神奈川県警察交通安全教育隊では、幼児から高齢者まで道路を利用するすべての方を対象に、県内各地で交通安全教室を行っています。交通安全講話や実技を、受講者の年齢や希望にあわせ、分かりやすく楽しく交通ルールを理解できるよう工夫しています。

さらに平成30年4月から、運転シミュレータや交通ルール学習装置を積載した交通安全教育車ゆとり号の運用を開始しており、学校や企業のほか、子供会、自治会等の様々な場所に赴くことが可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

実施時間や内容等はご相談に応じます。

・  交通安全教室を開催したいとき

所在地を管轄する警察署の交通総務係までご連絡ください。

  高齢者が加害者にならないための対策

現在、高齢運転者(65歳以上)の数は年々増加傾向にあり、平成30年11月末で県内の全運転免許保有者の約2割を占め、今後も高齢者の免許保有者は増加していくことが見込まれています。

平成30年11月末現在、65歳以上の高齢運転者が第一原因者となる交通事故の割合は約6割で、年々増加しており、今後も高齢者の方が加害者になる割合が高くなることが予想されます。

そこで県警察では、高齢者運転者の方が加害者にならないための対策として

シルバードライビングスクール

を実施しております。同スクールでは、高齢者が自ら身体的機能の変化を自覚し、これに応じた安全運転の方法を習得してもらう参加・体験・実践型の交通安全教育となります。

さらに、加齢に伴う認知機能や身体機能の変化により、運転に不安を感じている高齢者やその家族から相談を受けた際は、運転免許の自主返納制度(申請による運転免許の取消し及び運転経歴証明書の申請)の案内を促進してまいります。

高齢者が加害者にならないための対策については、こちらをご覧ください。
「運転経歴証明書の各種手続について」「神奈川県高齢者運転免許自主返納サポート」
「運転免許センターコースを開放」「高齢ドライバー無事故で過ごす5つの心掛け!」

このページの先頭へ戻る