県警からのお知らせ


目次


オレオレ詐欺が急増しています!

神奈川県警察では、急増しているオレオレ詐欺の被害を防ぐために、「DNA作戦」を展開しています。

詳しくは、「振り込め詐欺にご注意を」をご覧ください。

見破れ!!オレオレ 電話でお金を要求する息子はサギ!?

また、振り込め詐欺の状況等をツイッターで情報発信しています。ぜひ、この機会にフォロワー登録をお願いします。

登録は、「神奈川県警察Twitter一覧」からお願いします。

このページの先頭へ戻る


外国語対応モデル交番の運用開始について

2019年のラグビーワールドカップや2020年の東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催等により、当県においても来日外国人の急増が見込まれ、交番でも外国人とのコミュニケーションの円滑化が必要となりました。

そこで、警察庁のガイドラインで、外国語での対応が可能な交番をモデル交番として運用するよう示され、当県では、日本を代表する観光地である鎌倉を管轄する鎌倉警察署鎌倉駅前交番を外国語対応モデル交番に指定して、2016年10月27日から運用を開始しました。

外国語対応交番の表示板

英語版「Model Police Box w/ Foreign Language Proficiency Comes into Operation」はこちら(check it!)

このページの先頭へ戻る


不法滞在・不法就労防止のためのご理解とご協力を

日本に不法入国したり、在留期間を超えて日本に滞在したりする外国人のほとんどは不法に就労し、一部には犯罪に手を染める者もおり、日本の治安に大きな影響を及ぼしています。

こうした不法滞在や不法就労防止のためには、県民の皆様の理解と協力が必要です。

このようなことに注意してください。

  • 不法滞在、不法就労、薬物・銃器の密輸、外国人による売春・窃盗等の犯罪を見たり聞いたりしたときは、最寄りの警察署や交番・駐在所に届け出るか、110番で通報してください。
  • 外国人を雇用するときは、パスポートや在留カードのコピーではなく、必ず現物を見て、在留資格、在留期限を確認してください。
     就労することが可能であるかどうか、従事する仕事の内容が適しているかどうかを判断して、不法滞在者や働くことができない在留資格(短期滞在・文化活動等)の外国人を雇用しないようにしてください
     また、提出されるパスポートや在留カードの中には、偽造されたものや他人名義のものを使用している場合もありますので注意してください。
  • 不法滞在者や働くことができない在留資格の外国人を雇用したり、密航等を手助けした場合は処罰されます。
  • 不明な点については各警察署にお問い合わせください。

また、大多数の正規に滞在する外国人は、生活習慣の違い等から犯罪や事故の被害等に遭うことも考えられますので、皆様で温かく見守ってください。

このページの先頭へ戻る


性犯罪被害の防止について

性犯罪は、被害者を心身ともに深く傷つけ、たとえ身体の傷が癒えても被害者だけでなく、周りの家族等をも長きにわたって苦しめ続ける許しがたい犯罪です。

混雑した電車内、帰宅途中、就寝中等さまざまな場面で、被害に遭う可能性が潜んでいます。

これから暖かくなると、衣服が薄着になることもあり、毎年この季節になると、性犯罪の被害が増える傾向にあります。

特に女性の皆さんは、自分の身を守ることを意識して、次のようなことを心掛け、性犯罪の被害に遭わないようにしましょう。

帰宅するとき −1人で歩くときは、周囲に警戒!−

  • 深夜の帰宅は、家族に迎えに来てもらう、タクシーを利用するなどして、一人歩きは避けましょう。
  • 携帯電話やイヤホンを使用しながらの歩行は、周囲への警戒心が薄れて被害に遭う危険性がありますので控えましょう。
  • 遠回りでも、幹線道路等の明るく広い道を通り、時折り周囲の様子に気を配りましょう。
  • 防犯ブザーや笛(ホイッスル)等、音の出るものを携帯しましょう。スマートフォンの防犯ブザーアプリ等もあります。

自宅に入るとき −玄関前でも要注意!−

  • 周囲に人がいないことを確認してから玄関を開けましょう。
    ※「ただいま」など大きな声を出しながら鍵を開けるのも一つの方法です。
  • 開錠後は素早く家の中に入り、必ず鍵を掛けましょう。
    ※ドアには複数の鍵を取り付けると、より安心です。

自宅に居るとき −ドアも窓も全て施錠!−

  • マンション等の上層階でも窓から侵入された事例があるので、就寝前にもう一度、玄関だけでなく、窓の戸締りも確認しましょう。
  • 暑い夜はエアコン等を利用し、ベランダや小窓、高窓も必ず鍵を掛けましょう。
  • 来訪者には、ドアチェーンを掛けたまま対応し、相手を確認した後でドアを開けましょう。

性犯罪でお困りの女性は、最寄りの警察署または性犯罪110番にご相談ください。

性犯罪110番  電話 0120−38−0110 又は 短縮ダイヤル #8103(ハートさん)

「ピーガルくん子ども安全メール」にご登録を。

子供や女性に対する犯罪等の発生情報をメール配信しています。詳しくは「ピーガルくん 子ども安全メール」をご覧ください。

こちらもご覧ください。「性犯罪の被害に遭わないために!」

このページの先頭へ戻る


覚醒剤等薬物乱用の防止について

薬物乱用の危険性

覚醒剤、大麻、麻薬、危険ドラッグ等の違法薬物は、「一度のつもり」で使用したとしても、薬物の依存性や耐性が身体に生じてしまい、使用する薬物の量や回数が増える乱用状態に陥り、自分の意思ではやめることができなくなります。

また、違法薬物の乱用は、脳の発達に悪い影響を与えるだけでなく、精神や身体をボロボロにし、時として、幻覚や妄想が凶悪犯罪や事故を引き起こすこともあります。

乱用した本人だけでなく、家族や友達等の周囲の人も不幸にする薬物乱用は、「ダメ。ゼッタイ!!」

薬物の使用を誘われたら

薬物は、「皆やってる」、「痩せられる」、「合法・脱法だから大丈夫」、「すぐにやめられる」など、甘い言葉で誘われます。もし、先輩、友達等の身近な人から薬物を勧められても、ハッキリ・キッパリと断り、その場から離れましょう。

薬物乱用は、大切な家族や友人を傷つけ、あなたの人生を台無しにします。

薬物乱用は「ダメ。ゼッタイ!!」です。

「大麻は安全だ」と思っていませんか。

大麻が、覚醒剤、麻薬等の違法薬物と比べて安全だと思っていませんか。

それは大きな間違いです。

大麻を乱用すると、脳の中にある海馬という細胞が死滅して記憶障害を起こします。

大麻は、自分が依存症状になっていることに気付きにくい物質なので、「いつでもやめられる」と勘違いされやすいのですが、本当は、気付いた時には、やめられなくなっている依存性の高い薬物です。大麻とはそういう薬物です。

手遅れになる前に相談を

「友人が薬物を使っている」「薬物の誘いを断る自信がない」「薬物乱用をやめたい」。

このような場合は、一人で悩まないでください。

警察の相談窓口のほかにも、精神保健福祉センター、家族会、NPO法人等の様々な相談窓口があります。大切なものを失う前に相談窓口に相談しましょう。

こちらもご覧ください。「薬物乱用防止について」

このページの先頭へ戻る


二輪車の交通事故防止対策について

二輪車の交通事故発生状況

神奈川県内では、平成30年中に二輪車が関係する交通事故の発生件数、負傷者数は前年に比べて減少しました。しかし、二輪車乗車中に亡くなられた方は46人と前年に比べて7人増加しています。

また、全交通事故死者に占める二輪車乗車中に亡くなられた方の割合は、28.4パーセントと全国の割合である17.4パーセントに比べて高い割合を占めています。

県警察における重点推進項目

交通指導取締りの強化

  • 二輪車の交通事故を防止するため、二輪車事故の発生が多い二輪車指定路線(※1)に白バイを集中投入して交通指導取締りを強化します。

交通安全教育の推進

  • 通勤や業務で二輪車を利用する方を対象とした二輪車安全教育を実施します。

広報啓発活動の強化

  • プロテクターやエアバッグジャケットの着用、ヘルメットの正しい着用等の被害軽減対策について周知を図るための広報啓発活動を推進します。
    また、夜間における二輪車運転者の視認性を向上させるため、明るい服装の着用促進と反射材の活用についても啓発活動を推進します。
  • 観光地、サービスエリア等二輪車運転者が集まる場所において、関係機関・団体と連携し、二輪車交通事故防止キャンペーンを実施します。

県民の皆さんに心掛けていただきたいこと

  • スピードは控えめに。心にゆとりを持って安全運転を!
  • すり抜け運転は、左折車両に巻き込まれたり、対向右折車両と衝突する可能性が高く大変危険です。絶対にやめましょう!
  • プロテクター、エアバッグジャケット、ヘルメットを着用し、万が一の被害軽減対策を行いましょう!
  • 夜間は、明るい服装を心掛け、反射材を活用して視認性を向上させましょう!

※1 二輪車指定路線

国道・・・国道1号、国道15号、国道16号、国道129号、国道134号、国道246号、国道409号、国道413号

県道・・・川崎府中線、横浜上麻生線、横浜鎌倉線、横浜伊勢原線、丸子中山茅ケ崎線

市道・・・山下本牧磯子線、都市計画市道環状2号線

こちらもご覧ください。「平成31年交通事故防止総合対策について」

このページの先頭へ戻る


地域ぐるみの暴走族追放

6月は、暴走族追放強化期間!

例年、夏場に向かって、暴走族の活動も活発化することから、警察では、6月を暴走族追放強化期間として、暴走族に対する取締りを強化します。

また、暴走族を追放するには、地域の皆様の協力が必要です。そのために地域ぐるみで暴走族追放気運の醸成を図り、暴走族のいないまちをつくりましょう。

暴走族・旧車會の実態

暴走族は、近年、グループ数・構成員数ともに大きくその数を減らしているものの現在は、下げ止まりの傾向となっており、一定数が世代交代を繰り返しながらグループを維持しています。

これに伴って、グループへの勧誘活動や、グループからの離脱を妨害するなどの活動が活発化してきています。

また、最近では旧車會と呼ばれるグループが、暴走族の数を大きく上回り、昼夜を問わず大集団での爆音走行を繰り返し、沿道の住民の方や、一般ドライバーの方等に多大な騒音被害を与えています。

取締り重点

暴走族

深夜、集団で爆音を轟かせながら信号無視等の無謀な運転を繰り返したり、港湾地区や峠道等でドリフト行為や、違法な競走行為を行う暴走族に対して、集団暴走行為(共同危険行為等の禁止)を適用して重点的に取締りを強化します。

旧車會

暴走族風に改造した旧型の二輪車で、昼夜を問わず爆音を轟かせて幹線道路等を集団走行する旧車會に対して、騒音関係違反(消音器不備等)を適用して重点的に取締りを強化します。

その他、整備不良違反や、ナンバー隠ぺい違反等、あらゆる法令を適用した取締りを積極的に行います。

暴走族加入防止教室の推進

暴走族がいなくならないのは、組織を維持するために世代間での勧誘活動が常に行われており、新たに暴走族に加入する者が後を絶たないからです。

勧誘の方法は、あたかも仲良しグループであるかのように甘い言葉で誘ったり、断れないような理由を作って強引に加入させるものなど様々で、その手段も最近では、学校や家庭に知られないよう、SNSを活用して行うなど潜在化する傾向にあります。

そこで、警察では、勧誘の対象となりやすい中学生や高校生自身が暴走族に関する正しい知識を持ち、暴走族に関わらない強い意志を養わせることを目的として、各自治体や学校等の教育機関等と連携を図り、中学校や高校において暴走族の悪質性や危険性等を教え、暴走族に加入しないための教育を行っています。

街頭キャンペーンの実施

悪質・迷惑な暴走族や旧車會を各地域から追放することで、神奈川県全体から暴走族を無くしていきましょう。

そのためには、各地域の方々が「暴走族は、絶対に許さない」という暴走族追放の気運を高めることが必要です。そのため街頭等での暴走族追放キャンペーンを積極的に行います。

暴走族追放運動スローガン

−暴走をしない・させない・ゆるさない−

暴走族や旧車會に関する情報提供のお願い

暴走族が集合していたり集団暴走しているのを見かけたら、110番又は最寄りの警察署に通報してください。

暴走族がいつも集まっている場所や、改造している車やバイクを保管している場所等、暴走族に関する情報は、最寄りの警察署にご連絡ください。

こちらもご覧ください。「暴走族を追放しよう!」

このページの先頭へ戻る


G20大阪サミット等の警備にご理解とご協力を

G20大阪サミット(第14回金融・世界経済に関する首脳会合)が、6月28日及び29日に大阪府大阪市で開催されます。また、首脳会合のほか、5月から11月にかけて関係閣僚会合が国内8か所で開催されます。

主要国の首脳が一堂に会するサミットは、世界中の注目を集めて開催される行事であるため、国際テロ組織や反グローバリズムを掲げる過激な勢力等にとって、格好の攻撃対象となり得ます。

このような中、平成29年7月にドイツで開催されたG20ハンブルク・サミットでは、反グローバリズムを掲げる勢力等による大規模なデモが行われ、警察部隊への投石や店舗を破壊する等暴徒化し、約400人が身柄を拘束されました。

また、神奈川県内には、イスラム過激派組織等がテロの標的としている米軍基地、公共交通機関等が複数あることから、会議開催地と離れていても、テロ警戒を実施する必要があります。

神奈川県警察では、テロ等の違法事案等を未然に防止し、県民の安全と安心を確保するため、多くの人が集まる公共交通機関や繁華街等に対する広範囲な警戒警備を行います。警戒警備期間中は、パトロール、検問、職務質問等の警察活動を強化しますので、皆様のご理解とご協力をお願いします。

また、「不審な人物」「不審な車(物)」等を見かけたときは、110番通報又は最寄りの警察署・交番・駐在所に連絡をお願いします。

こちらもご覧ください。「大規模行事開催に伴う警戒警備にご協力を」

このページの先頭へ戻る