県警からのお知らせ


目次


オレオレ詐欺が急増しています!

神奈川県警察では、急増しているオレオレ詐欺の被害を防ぐために、「DNA作戦」を展開しています。

詳しくは、「振り込め詐欺にご注意を」をご覧ください。

見破れ!!オレオレ 電話でお金を要求する息子はサギ!?

また、振り込め詐欺の状況等をツイッターで情報発信しています。ぜひ、この機会にフォロワー登録をお願いします。

登録は、「神奈川県警察Twitter一覧」からお願いします。

このページの先頭へ戻る


外国語対応モデル交番の運用開始について

2019年のラグビーワールドカップや2020年の東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催等により、当県においても来日外国人の急増が見込まれ、交番でも外国人とのコミュニケーションの円滑化が必要となりました。

そこで、警察庁のガイドラインで、外国語での対応が可能な交番をモデル交番として運用するよう示され、当県では、日本を代表する観光地である鎌倉を管轄する鎌倉警察署鎌倉駅前交番を外国語対応モデル交番に指定して、2016年10月27日から運用を開始しました。

外国語対応交番の表示板

英語版「Model Police Box w/ Foreign Language Proficiency Comes into Operation」はこちら(check it!)

このページの先頭へ戻る


特殊詐欺の被害防止活動の強化について

県内で増加している手口

キャッシュカードを直接だまし取るオレオレ詐欺

この手口は、実在するデパートや百貨店の従業員を装う犯人が電話で、

  • 「あなたのクレジットカードを使って買い物しようとしている人がいる。」

などと連絡してきて、被害者が「身に覚えがない」などと伝えると、

  • 「あなたの個人情報が漏れていて、クレジットカードが偽造されている。」
  • 「警察に通報します。」

などとだましてきます。

その後、警察官を装う犯人から、

  • 「あなたの口座の預金が危ないので、キャッシュカードを取り換えた方がよい。」

などと話し、「手続に必要」などといって暗証番号を聞き出された後に、警察官や銀行協会職員などを装う犯人が直接キャッシュカードを受け取りに来て、預金を引き出されてしまうものです。

面識のない方には、絶対に暗証番号を伝えたり、キャッシュカードを渡さないでください。

還付金等詐欺

還付金等詐欺は、役所の職員をかたり、

  • 「医療費・保険料の還付金があります。」
  • 「今日が期限です。」
  • 「急いで近くのATMに行ってください。」

などと、還付手続を装って、口座間送金により犯人の口座にお金を送らせるものです。

役所等が医療費等の還付手続として、ATMを操作させることは絶対にありません。

被害に遭わないために

『サギ撲滅の2本柱』

1 こんな言葉を電話で聞いたらサギだ!

  • 「急にお金が必要!用意して!」
  • 「キャッシュカードを預かります。」
  • 「ATMで医療費を還付します。」

2 留守番電話設定のお願い!

  • 「犯人は留守番電話を嫌います。」
  • 「常に留守番電話設定を!」
  • 「留守番電話が作動する前に取らないで!」
  • 「迷惑電話防止機能付き機器の購入検討を!」

このページの先頭へ戻る


性犯罪被害の防止について

性犯罪は、被害者を心身ともに深く傷つけ、たとえ身体の傷が癒えても被害者だけでなく、周りの家族等をも長きにわたって苦しめ続ける許しがたい犯罪です。

混雑した電車内、帰宅途中、就寝中等さまざまな場面で、被害に遭う可能性が潜んでいます。

これから暖かくなると、衣服も薄着になり、人の気持ちも開放的になります。

そして、毎年この季節になると、性犯罪の被害が増える傾向にあります。

特に女性の皆さんは、自分の身を守ることを意識して、次のようなことを心がけ、性犯罪の被害に遭わないようにしましょう。

帰宅するとき

  • 深夜の帰宅は、家族に迎えに来てもらう、タクシーを利用するなどして、一人歩きは避けましょう。
  • 携帯電話やヘッドホンを使用しながらの歩行は、周囲への警戒心が薄れて、被害に遭う危険性がありますので控えましょう。
  • 遠回りでも幹線道路等明るく広い道を通り、時折り周囲の様子に気を配りましょう。
  • 防犯ブザーや笛(ホイッスル)等、音の出るものを携帯しましょう。スマートフォンの防犯ブザーアプリ等もあります。

自宅に入るとき

  • 周囲に人がいないことを確認してから玄関を開けましょう。
    ※「ただいま」など大きな声を出しながら鍵を開けるのも一つの方法です。
  • 開錠後は素早く家の中に入り、必ず鍵を掛けましょう。
    ※ドアには複数の鍵を取り付けると、より安心です。

自宅に居るとき

  • 上層階でも窓から侵入された事例があるので、就寝前にもう一度、玄関だけでなく、窓の戸締りも確認しましょう。
  • 暑い夜はエアコン等を利用し、ベランダや小窓、高窓も必ず鍵を掛けましょう。
  • 来訪者には、ドアチェーンを掛けたまま対応し、相手を確認した後にドアを開けましょう。

性犯罪でお困りの女性は、最寄りの警察署または性犯罪110番にご相談ください。

性犯罪110番  電話 (045)681−0110 又は 短縮ダイヤル #8103(ハートさん)

こちらもご覧ください。「性犯罪の被害に遭わないために!」

このページの先頭へ戻る


不法滞在・不法就労防止のためのご理解とご協力を

日本に不法に入国したり、在留期間を超えて日本に滞在したりする外国人のほとんどは不法に就労し、一部には犯罪に手を染める者もおり、日本の治安に大きな影響を及ぼしています。

こうした不法滞在や不法就労防止のためには、県民の皆様の理解と協力が必要です。

こんなことに注意してください。

  • 不法滞在、不法就労、薬物・銃器の密輸、外国人による売春・窃盗等の犯罪を見たり聞いたりしたときは、最寄りの警察署や交番・駐在所に届け出るか、110番で通報してください。
  • 外国人を雇用するときは、パスポートや在留カードのコピーではなく、必ず現物を見て、在留資格、在留期限を確認してください。
     就労することが可能であるかどうか、従事する仕事の内容が適しているかどうかを判断して、不法滞在者や働くことができない在留資格(短期滞在・文化活動等)の外国人を雇用しないようにしてください。
     また、提出されるパスポートや在留カードの中には、偽造されたものや他人名義のものを使用している場合もありますから注意してください。
  • 不法滞在者や働くことができない在留資格の外国人を雇用したり、密航等を手助けした場合は処罰されます。
  • 不明な点については各警察署にお問い合わせください。

また、大多数の正規に滞在する外国人は、生活習慣の違い等から犯罪や事故の被害等に遭うことも考えられますので、皆さんで温かく見守ってください。

このページの先頭へ戻る


覚醒剤等薬物乱用の防止について

薬物乱用とは

覚醒剤、大麻、麻薬、危険ドラッグ等の医療目的ではない薬物を不正に使用することや、医薬品を医療目的以外に使用することを言います。たとえ1回の使用でも、乱用のきっかけになり、同時に犯罪になります。

薬物の乱用は、精神と身体の両面を深く致命的に破壊します。覚醒剤を始めとする薬物の乱用は脳の正常な発達を止めてしまい、精神のバランスを悪くさせ、身体も心もボロボロになり、人間らしい生活が送れなくなります。

また、乱用による幻覚や妄想から、他人を傷つける事件や他人を巻き込む交通事故を起こしたり、薬物購入資金を得るために窃盗等の様々な犯罪に手を染めることがあります。

乱用者本人だけでなく、家族や周囲の人々、さらには社会全体に対しても、取り返しのつかない被害を及ぼします。

薬物乱用に誘われたら

薬物乱用は「皆やってる。」「痩せられる。」「合法・脱法だから大丈夫。」「すぐにやめられる。」などと甘い言葉で誘われます。もし、先輩、友達等の身近な人から薬物を勧められても、ハッキリ・キッパリ断り、その場から離れましょう。

薬物乱用は大切な家族、友人を傷つけ、あなたの人生を台無しにします。

薬物乱用は「ダメ。ゼッタイ。」です。

手遅れになる前に相談を

「友人が薬物を使っている。」「薬物の誘いを断る自信がない。」「薬物を使ってしまったけど、家族には言えない。」「薬物乱用をやめたい。」このような場合は、一人で悩まないでください。

大切なものを失う前に、警察や専門機関に相談しましょう。

警察では

薬物問題を治安の根幹を揺るがす重大な社会問題と捉え、覚醒剤等の規制薬物や危険ドラッグの供給の遮断と需要の根絶を目指して、厳しい取締りや関係機関と連携した薬物乱用のない社会の実現に向けた広報啓発活動等の諸対策を強力に推進していきます。

こちらもご覧ください。「薬物乱用防止について」

このページの先頭へ戻る


二輪車の交通事故防止対策について

6月は、神奈川県交通安全対策協議会主唱により実施される「二輪車交通事故防止強化月間」です。

平成29年中、県内において二輪車乗車中に亡くなられた方は39人で、前年に比べて12人減少しました。

しかし、二輪車が関係する交通事故の発生件数、負傷者数は、ともに17年ぶりの増加に転じました。

また、全交通事故死者に占める二輪車乗車中に亡くなられた方の割合は、26.2パーセントと全国平均の17.1パーセントに比べて高い割合を占めています。

そこで、県警察では、二輪車に対する交通街頭活動、広報啓発活動を集中的に行うなどの各種取組を推進して二輪車の交通事故防止を図ります。

県警察では次のことに重点を置いて二輪車の交通事故防止対策を推進します

交通指導取締りの強化

  • 二輪車の交通事故を防止するため、二輪車事故の発生が多い二輪車指定路線(※1)での交通指導取締りを強化するとともに、白バイを集中投入して、機動力を生かした警戒力を高めます。

交通安全教育の推進

  • 通勤や業務で二輪車を利用する方を対象とした、二輪車安全運転講習を実施します。
  • 学校と連携し、高校生を対象とした実技指導を含む交通安全教育を実施します。

広報啓発活動の強化

  • プロテクターやエアバッグジャケットの着用、ヘルメットの正しい着用等、被害軽減対策について周知を図るための広報啓発活動を推進します。
    また、夜間における二輪車運転者の視認性を向上させるため、明るい服装の着用促進と反射材の活用についても啓発活動を推進します。
  • 観光地、サービスエリア等二輪車運転者が集まる場所において、関係機関・団体と連携し、二輪車交通事故防止キャンペーンを実施します。

県民の皆さんは次のことに心掛けましょう

1 自分の運転技術を過信せず、スピードは控えめに安全運転をお願いします。

2 交差点を通過する際は、左折車両、対向右折車両等に注意しましょう。

3 プロテクターの着装、ヘルメットの正しい着用に心掛けましょう。

4 夜間走行時には、視認性の高い明るい服装を心がけ、反射材を有効活用しましょう。

※1 二輪車指定路線とは、平成30年は、下記の18路線が指定されています。

国道・・・国道1号、国道16号、国道134号、国道246号、国道409号、国道413号

県道・・・東京大師横浜線、川崎府中線、横浜上麻生線、横浜鎌倉線、横浜伊勢原線、藤沢座間厚木線、平塚秦野線、相模原大磯線

市道・・・山下本牧磯子線、川崎町田線、瀬谷柏尾線、環状4号

こちらもご覧ください。「平成30年交通事故防止総合対策について」

このページの先頭へ戻る


地域ぐるみの暴走族追放

6月は、暴走族追放強化期間!

例年、夏場に向かって、暴走族の活動も活発化することから、警察では、6月を暴走族追放強化期間として、暴走族に対する取締りを強化します。

また、暴走族を追放するには、地域の皆さんの協力が必要です。そのために地域ぐるみで暴走族追放気運の醸成を図り、暴走族のいないまちをつくりましょう。

暴走族・旧車會の実態

暴走族は、近年、グループ数・構成員数ともに大きくその数を減らしているものの、現在は下げ止まりの傾向となっており、一定数が世代交代を繰り返しながらグループを維持しています。

これに伴って、グループへの勧誘活動や、グループからの離脱を妨害するなどの活動が活発化してきています。

また、最近では旧車會と呼ばれるグループが、暴走族の数を大きく上回り、昼夜を問わず大集団での爆音走行を繰り返し、沿道の住民の方や、一般ドライバーの方等に多大な騒音被害を与えています。

取締り重点

暴走族

深夜、集団で爆音を轟かせながら信号無視等の無謀な運転を繰り返したり、港湾地区や峠道等でドリフト行為や、違法な競走行為を行う暴走族に対して、集団暴走行為(共同危険行為等の禁止)を適用して重点的に取締りを強化します。

旧車會

暴走族風に改造した旧型の二輪車で、昼夜を問わず爆音を轟かせて幹線道路等を集団走行する旧車會に対して、騒音関係違反(消音器不備等)を適用して重点的に取締りを強化します。

その他、整備不良違反や、ナンバー隠ぺい違反等、あらゆる法令を適用した取締りを積極的に行います。

暴走族加入防止教室の推進

暴走族がいなくならないのは、組織を維持するために世代間での勧誘活動が常に行われており、新たに暴走族に加入する者が後を絶たないからです。

勧誘の方法は、あたかも仲良しグループであるかのように甘い言葉で誘ったり、断れないような理由を作って強引に加入させるものなど様々で、その手段も最近では、学校や家庭に知られないよう、SNSを活用して行うなど潜在化する傾向にあります。

そこで、警察では、勧誘の対象となりやすい中学生や高校生自身が暴走族に関する正しい知識を持ち、暴走族に関わらない強い意志を養わせることを目的として、各自治体や学校等の教育機関等と連携を図り、中学校や高校において暴走族の悪質性や危険性などを教え、暴走族に加入しないための教育を行っています。

街頭キャンペーンの実施

悪質・迷惑な暴走族や旧車會を各地域から追放することで、神奈川県全体から暴走族を無くしていきましょう。

そのためには、各地域の方々が、「暴走族は、絶対に許さない」という、暴走族追放の気運を高めることが必要です。そのため、街頭等での暴走族追放キャンペーンを積極的に行います。

暴走族追放運動スローガン

−暴走をしない・させない・ゆるさない−

暴走族や旧車會に関する情報提供のお願い

暴走族が集合していたり集団暴走しているのを見かけたら、110番又は最寄りの警察署に通報してください。

暴走族がいつも集まっている場所や、改造している車やバイクを保管している場所等、暴走族に関する情報は、最寄りの警察署にご連絡ください。

こちらもご覧ください。「暴走族を追放しよう!」

このページの先頭へ戻る