県警からのお知らせ


目次


オレオレ詐欺が急増しています!

神奈川県警察では、急増しているオレオレ詐欺の被害を防ぐために、「DNA作戦」を展開しています。

詳しくは、「振り込め詐欺にご注意を」をご覧ください。

見破れ!!オレオレ 電話でお金を要求する息子はサギ!?

また、振り込め詐欺の状況等をツイッターで情報発信しています。ぜひ、この機会にフォロワー登録をお願いします。

登録は、「神奈川県警察Twitter一覧」からお願いします。

このページの先頭へ戻る


外国語対応モデル交番の運用開始について

2019年のラグビーワールドカップや2020年の東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催等により、当県においても来日外国人の急増が見込まれ、交番でも外国人とのコミュニケーションの円滑化が必要となりました。

そこで、警察庁のガイドラインで、外国語での対応が可能な交番をモデル交番として運用するよう示され、当県では、日本を代表する観光地である鎌倉を管轄する鎌倉警察署鎌倉駅前交番を外国語対応モデル交番に指定して、2016年10月27日から運用を開始しました。

外国語対応交番の表示板

英語版「Model Police Box w/ Foreign Language Proficiency Comes into Operation」はこちら(check it!)

このページの先頭へ戻る


特殊詐欺の被害防止活動の強化について

県内で増加している手口

キャッシュカードを直接だまし取るオレオレ詐欺

この手口は、実在するデパートや百貨店の従業員を装う犯人が電話で、

  • 「あなたのクレジットカードを使って買い物しようとしている人がいる。」

などと連絡してきて、被害者が「身に覚えがない」などと伝えると、

  • 「あなたの個人情報が漏れていて、クレジットカードが偽造されている。」
  • 「警察に通報します。」

などとだましてきます。

その後、警察官を装う犯人から、

  • 「あなたの口座の預金が危ないので、キャッシュカードを取り換えた方がよい。」

などと話し、「手続に必要」などといって暗証番号を聞き出された後に、警察官や銀行協会職員などを装う犯人が直接キャッシュカードを受け取りに来て、預金を引き出されてしまうものです。

面識のない方には、絶対に暗証番号を伝えたり、キャッシュカードを渡さないでください。

架空請求詐欺

サイト管理会社等をかたり

  • 「有料サイト登録解除料金」や「有料サイト閲覧未納料金」

などと連絡してきて、被害者が「身に覚えがない」などと伝えると、

  • 「あなたの個人情報が漏れていて、クレジットカードが偽造されている。」
  • 「警察に通報します。」

等を名目に支払いを要求し、コンビニエンスストア等で電子マネーを購入させ、シリアル番号等を携帯電話で連絡するよう指示し、電子マネーをだまし取る手口が多発しています。

また、県内には、法務省や民事訴訟管理センター等を装い、契約不履行や料金未納によって、訴訟が行われているとの内容の葉書が多数届いています。

葉書の内容を不安に思い、記載している「お問合せ窓口」に連絡すると

  • 「弁護士の紹介」や「裁判回避のための費用」

等を名目に支払いを要求し、コンビニエンスストアで電子マネーを購入させ、シリアル番号等を携帯電話で連絡するよう指示し、電子マネーをだまし取られます。

このような、メールや葉書が届いたら、直ぐに警察に相談してください。

還付金等詐欺

還付金等詐欺は、役所の職員をかたり、

  • 「医療費・保険料の還付金があります。」
  • 「今日が期限です。」
  • 「急いで近くのATMに行ってください。」

などと、還付手続を装って、口座間送金により犯人の口座にお金を送らせるものです。

役所等が医療費等の還付手続として、ATMを操作させることは絶対にありません。

被害に遭わないために

『サギ撲滅の2本柱』

1 こんな言葉を電話で聞いたらサギだ!

  • 「急にお金が必要!用意して!」
  • 「キャッシュカードを預かります。」
  • 「ATMで医療費を還付します。」

2 留守番電話設定のお願い!

  • 「犯人は留守番電話を嫌います。」
  • 「常に留守番電話設定を!」
  • 「留守番電話が作動する前に取らないで!」
  • 「迷惑電話防止機能付き機器の購入検討を!」

このページの先頭へ戻る


水難及び山岳遭難に遭わないために
−楽しい夏を過ごすための心がけ−

夏は山や海等でのレジャーを楽しむ機会が増える季節です。

自然に触れるレジャーは、楽しみがある半面、自然ならではの危険もあります。

次のことを守り、夏の山や海等での楽しい思い出を作りましょう。

山岳遭難防止のために

  • 登山計画書(登山届)を提出しましょう。
  • 神奈川県警察ホームページからオンラインによる提出も可能です。
    神奈川県警察のホームページに掲載されている日本山岳ガイド協会が運営する「コンパス」、または、県警察独自の「登山計画書届出フォーム」に接続できますので活用してください。
  • 万が一の遭難時に捜索の手がかりとなります。
  • その他の提出先は、警察本部地域総務課、登山する山を管轄する警察署、登山口にある投函箱です。
  • 単独登山は避け、経験者と同行しましょう。
  • 道迷いによる遭難が増加しています。登山地図、ヘッドライト等の必要な装備品を携行しましょう。
  • 携帯電話等の通信機器を準備し、電池切れに備え予備バッテリーを携行して登山をしましょう。
  • 体力・経験・装備に応じた登山コースを選定しましょう。
  • 夏期は熱中症にならないように水分や塩分の補給にも注意しましょう。
  • 登山前に目的とする山の気象状況等を入手し現地の状況を把握して、場合によっては中止も検討しましょう。
  • 入山前に装備品を十分点検しましょう。

水難防止のために

基本的なルール

  • 遊泳禁止場所でないか事前に調べておきましょう。
  • 自分の技術を過信しないようにしましょう。
  • 体調が優れないときや飲酒後は遊泳をやめましょう。
  • 子供さんからは目を離さないようにしましょう。

海水浴を楽しむ皆さんへ

  • 高波の中での遊泳は危険ですので絶対にやめましょう。「遊泳禁止・注意」が出ているときは、監視員の指示に従いましょう。
  • 地震が発生した場合は、監視所等が行う場内放送を注意して聞きましょう。

川や湖で水遊びを楽しむ皆さんへ

  • 流れの速い場所や急に深くなっている場所での水遊びはやめましょう。
  • 雨やダムの放水等で急に増水することがあるので注意しましょう。また、ダム放流の放送やサイレン、パトロール員の広報等があった時は、速やかに安全な場所に避難しましょう。

水上オートバイを楽しむ皆さんへ

  • ライフジャケットを必ず着用しましょう。
  • 無免許で乗るのは絶対にやめましょう。また、免許の無い人には貸さないようにしましょう。
  • 飲酒後の操縦はやめましょう。
  • 他の人に迷惑となるような行為はやめましょう。
  • 遊泳区域や立ち入り禁止区域には絶対に入らないようにしましょう。

ウインドサーフィンやサーフィンを楽しむ皆さんへ

  • 初心者は必ずグループで練習しましょう。
  • 危険な行為はやめましょう。
  • 潮の流れや風向き等に注意しましょう。
  • 気象庁から警報、注意報等が発表されているときはやめましょう。

こちらもご覧ください。「水の事故をなくしましょう」「登山を楽しく安全に」

このページの先頭へ戻る


身元不明遺体の身元確認相談

警察では、不慮の事故等で亡くなられ身元が分からないご遺体の身元確認を行っています。

ご家族やご親戚の方の中で

  • 長期間にわたり音信不通である
  • 事故に遭っているおそれがある
  • 遺書や言動から自殺のおそれがある
  • 犯罪の被害者になっているおそれがある

などの行方不明者を捜されている方は

  • 行方不明者の顔写真
  • 血液型
  • 歯の治療の有無(入れ歯、差し歯、冠等)
  • 身体特徴(手術の痕、やけどの痕、ほくろ等)

等身元確認の参考となる情報をご用意してご相談ください。

相談窓口では、日本全国で亡くなられたご遺体の資料を用意して、ご相談に応じています。

相談窓口については、こちらをご覧ください。「身元不明遺体相談」

このページの先頭へ戻る


防災意識の高揚

8月30日から9月5日は「防災週間」、9月1日は「防災の日」です。

自然災害から家族や自分の身を守るためには、日頃の備えが大切です。いざという時のために、家族で防災会議を開いたり、災害備蓄品の準備をして、災害に備えましょう。

※  大正12年9月1日に「関東大震災」が発生したことや、毎年9月1日前後は台風の襲来が多い時期であることから、防災意識の向上を図るため、昭和35年に政府が「防災の日、防災週間」を制定しました。

こちらをご覧ください。「日頃の備え」「地震が発生したら」「台風・竜巻や大雨に備えて」「津波に備えて」

このページの先頭へ戻る