県警からのお知らせ


目次


オレオレ詐欺が急増しています!

神奈川県警察では、急増しているオレオレ詐欺の被害を防ぐために、「DNA作戦」を展開しています。

詳しくは、「振り込め詐欺にご注意を」をご覧ください。

見破れ!!オレオレ 電話でお金を要求する息子はサギ!?

また、振り込め詐欺の状況等をツイッターで情報発信しています。ぜひ、この機会にフォロワー登録をお願いします。

登録は、「神奈川県警察Twitter一覧」からお願いします。

このページの先頭へ戻る


外国語対応モデル交番の運用開始について

2019年のラグビーワールドカップや2020年の東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催等により、当県においても来日外国人の急増が見込まれ、交番でも外国人とのコミュニケーションの円滑化が必要となりました。

そこで、警察庁のガイドラインで、外国語での対応が可能な交番をモデル交番として運用するよう示され、当県では、日本を代表する観光地である鎌倉を管轄する鎌倉警察署鎌倉駅前交番を外国語対応モデル交番に指定して、2016年10月27日から運用を開始しました。

外国語対応交番の表示板

英語版「Model Police Box w/ Foreign Language Proficiency Comes into Operation」はこちら(check it!)

このページの先頭へ戻る


特殊詐欺の被害防止活動の強化について

県警察では、特殊詐欺を撲滅するため、4月中を「特殊詐欺撲滅対策推進強化期間」として検挙・予防対策を更に強化します。

県内で発生している主な手口

キャッシュカードを直接だまし取るオレオレ詐欺

警察官やデパート店員等をかたるオレオレ詐欺のキャッシュカード手交型の手口は

  • 被害者が第三者と接する機会がない。
    →  金融機関等での声掛け等ができない。
  • 最初の電話からだまし取られるまでの時間が極めて短い。
    →  被害者が家族等に確認・相談する余裕がなくなる。
  • だまし取られた直後にキャッシュカードを使ってATMから現金を引き出される。
    →  詐欺と気づいた時には現金を引き出されている。

という、未然防止が困難な特徴があります。

犯人の特徴

  • 昼間にスーツ姿で、住宅街等を、周囲を見回すように徘徊している。
  • 携帯電話で通話(画面を凝視)しながら歩いている。
  • ATMで何度も他人名義のキャッシュカードを使い現金を引き出している。

警察官、金融庁・銀行協会・金融機関の職員等が

  • 電話で暗証番号を聞く
  • キャッシュカードを受け取りに行く

ことは絶対にありません。


還付金等詐欺

還付金等詐欺では、役所の職員をかたり

  • 「医療費・保険料の還付金があります。」
  • 「今日が期限です。」
  • 「急いで近くのATMに行ってください。」

などと、還付手続を装って、口座間送金により犯人の口座にお金を送らせるものです。

役所等が医療費等の還付手続として、ATMを操作させることは絶対にありません。

被害に遭わないために

1 電話で次のことを言われた場合は、「サギ!?」と考え、直ぐに警察へ通報してください。

  • 「あなたの個人情報が漏れている。」
  • 「あなた名義のクレジットカードが偽造されている。」
  • 「キャッシュカードを取り換えた方がいい。」
  • 警察官、銀行協会職員に「キャッシュカードを渡して。」
  • 「ATMを操作して還付金が戻ります。」

2 他人事意識の払拭

何よりも「自分だけは大丈夫。」と思い込まないことです。

振り込め詐欺の被害に遭う可能性は誰にでもあります。

日頃から家族間で、「合言葉を決めておく!」「絶対に電話でお金の話をしない!」などの対策を話し合っておくことが大切です。

3 振り込め詐欺対策機器の活用

振り込め詐欺の被害に遭わないためには、犯人グループに接触する機会を与えないことが重要です。

犯人は声を録音されることを嫌いますので、警告メッセージ機能付きの自動録音機器の設置を検討してください。

また、警察や自治体等から提供された迷惑電話番号を自動でブロックできる迷惑電話防止サービス機器も被害防止には効果的ですので設置を検討してください。

4 事実確認の徹底

電話で、「携帯電話を失くした又は壊れた。」などの理由で言われた新たな電話番号は、詐欺グループに繋がりますので、絶対に電話をかけないでください。

息子さんやお孫さんの以前から把握している、「変わった。」と言われる前の電話番号に電話して事実確認を行ってください。

5 面識のない者には、絶対にお金やキャッシュカード等を渡さない

あなたの息子さんやお孫さんは、電話でお金を要求するような方ではないはずです。

電話で言われた会社の上司や同僚等は詐欺グループの犯人です。

絶対に大切なお金を面識のない人間に渡さないでください。

振り込め詐欺の被害者の声

○  新聞やテレビで、オレオレ詐欺のことは知っていた。普段からだまされないように気を付けていたが、電話にでた時に息子の名前を言われたのですっかり息子だと思ってしまった。(70歳代女性)

○  金融機関の窓口で、お金の使い道を尋ねられたが、息子の失態を話すのが嫌で別の使途を説明してしまった。振り込め詐欺の手口の説明を受けた際に、真剣に耳を傾けていれば、振り込め詐欺だと気が付いたかもしれない。
妻に相談したり、息子の携帯に電話をして確認するべきだった。(80歳代男性)

○  振り込め詐欺のことは、新聞やテレビで知っていた。自分のところには、電話は掛かってこない、掛かってきてもすぐに振り込め詐欺だと分かる、自分が被害に遭うはずがないと思い込んでいた。区役所職員をかたる犯人に「今日が締切、すぐに手続をしなければ還付金が貰えない」と丁寧な口調で言われたので信用してしまった。ATMの操作方法をある程度理解していれば、だまされなかったかもしれない、悔しい。(70歳代女性)

県警察では特殊詐欺のアジトを探しています

あなたの身近なところで、特殊詐欺の犯行グループが、だましの電話をかけているかもしれません。犯行グループは、マンション等の一室を借り受け、アジトとして使用しています。

犯行グループは、オートロック式のマンションや貸事務所の角部屋を好む傾向があり、アジトの特徴として

  • 複数の若い男が、頻繁に出入りしている。
  • 部屋を出入りする際に、周辺を気にする素振りが見られる。
  • 居室の出入口等に防犯カメラを設置している。
  • 窓が遮光カーテン等で隙間なく塞がれている。
  • 昼間帯に複数人が電話しているような声が部屋から漏れてくる。

などがあります。

このような特徴に当てはまる物件がありましたら、警察に通報(情報提供)をお願いします。

捜査第二課では、アジトの摘発のみならず、県民の皆様から提供していただいた特 殊詐欺に関する情報をもとにしてだまされた振り作戦や犯行ツール対策を実施するなど、犯行の抑止に資する検挙活動を強力に推進しているところです。

不審な電話がかかってきたら、是非、警察への通報をお願いします。

捜査第二課では、「Twitter」を利用して特殊詐欺に関する前兆電話の入電状況をリアルタイムに発信しているほか、県警ホームページでは、振り込め詐欺事件の犯人写真を公開しています。

《捜査第二課Twitter》

公式アカウント @KPP_souni

特殊詐欺に関する情報や手配写真の人物を発見した場合は、最寄りの警察署又は下記ホットラインまで通報をお願いします。

《振り込め詐欺情報専用ホットライン》

受付時間 平日 午前8時30分〜午後5時15分

電話 045(651)7970

このページの先頭へ戻る


AV出演強要・「JKビジネス」等被害防止対策について

AV出演強要・「JKビジネス」等の被害に注意を!!

4月は、進学、就職等に伴い若者の生活環境が大きく変わる時期であり、モデルや芸能人等の勧誘を装ったスカウトやインターネット等でのモデルの募集を装い、若い女性が同意していないアダルトビデオの出演を強要される被害や、女子高校生等がカフェやリフレ等接客サービスを売り物とするいわゆる「JKビジネス」をきっかけに、児童買春やストーカー等の被害に遭うリスクが高まる時期です。

被害に遭わないように注意をしてください。

AV出演強要・「JKビジネス」等の被害事例

スカウトをきっかけとした事例

  • 街中で、スカウトから「モデルになりませんか。」と勧誘され、付いて行ったら、財布等を取り上げられ、男数人に囲まれた状態でアダルトビデオ出演に関する契約書を交わすことを強要され、出演させられた。

インターネット上のモデル応募をきっかけとした事例

  • インターネット上で、ファッションモデルの撮影だと思って応募したが、実際はアダルトビデオの撮影だと分かったものの、断ることができず撮影に応じ、更に撮影された動画が無修正で海外に発信された。
  • インターネット上の「アイドルイベント」と称したモデル撮影会に応募したが、実際には白いビキニや制服を着せられ、男性客の要望に沿って過激なポーズをとらされて撮影されるなどの被害を受けた。

違約金等の請求に関連する事例

  • 街中でスカウトされ、芸能会社とタレント契約をし、グラビアの撮影と思って現場に行くと、アダルトビデオの撮影だったので、拒否したが、「損害を弁済してもらう。」等と脅されたりして、出演させられた。

裏オプションにより性的被害に遭った事例

  • SNS上にあった、JKリフレ店のアルバイト募集から申し込んだところ、裏オプションで性的なサービスをする店であり、客と性交等させられた。

被害を未然に防ぐには

街中で声をかけられたり、友人から誘われたりしても、きっぱりと断りましょう。

一見、普通のアルバイトに見える場合でも、性的な被害につながる場合があります。

いったん仕事を始めると、客から性的な行為等を求められても、断りにくい状況に追い込まれる可能性がありますので、安易に誘いに乗らないように注意しましょう。

相談窓口

相談は、最寄りの警察署、交番、駐在所又は警察総合相談電話(♯9110)に相談してください。

このページの先頭へ戻る


春の行楽期における山岳遭難の防止
−登山計画書を提出しましょう−

春の行楽期には、例年、丹沢山塊や箱根方面の山々に多くの登山者が訪れています。

この時期は、ふもとは春の穏やかな気候でも、山頂付近は天候の急変により冬山に様変わりすることもあり、無理な計画・不十分な装備での安易な登山は遭難に至る危険性があります。

登山中の事故を防止するために

  • 登山の第一歩は、目的とする山をよく理解することからはじまります。ガイドブック等で事前に山岳情報をよく調べましょう。
  • 登山計画書を作成して、登山者全員がその山をよく理解するとともに、体力と経験に応じた無理のない計画であるかよく検討しましょう。
  • 登山計画書に決まった様式はありません。「住所、氏名、携帯電話番号、緊急の連絡先、登山日程、登山方法、行動予定」等を記載してください。
  • 登山計画書は、各都道府県の提出先や登山口にある投函箱等に提出しましょう。

神奈川県の提出先

  • 単独登山はやめて仲間と登り、救急用品や非常食等を必ず携行してゆとりある行動を心がけ、安全な登山をしましょう。
  • 携帯電話等の通信機器を準備し、電池切れに備え予備バッテリーを携行して登山をしましょう。
  • 登山前に目的とする山の気象状況や火山情報等を入手し現地の状況を把握しておきましょう。

こちらもご覧ください。「登山を楽しく安全に」

このページの先頭へ戻る


犯罪インフラを生まない環境づくりについて
−見逃すな 暮らしに潜む 犯罪インフラ−

4月は、就職や引っ越し等で生活環境が変わる時期です。県警察ではこの時期に関係行政機関等と連携した諸対策の推進を一層強化するとともに、県民に対する積極的な広報活動を実施して、犯罪インフラを生まない環境づくりを推進します。

犯罪インフラを生まない環境づくりについて

県警察の取り組みとして

1 関係行政機関との連携の強化

  • 犯罪インフラの構築に悪用されやすい各種申請についての注意喚起。
  • 申請者に対する不正防止の働き掛け。
  • 不審な事案があった場合の警察への通報要請。

2 社会全体の「犯罪インフラを構築させない」という機運の醸成

  • 県内各地で行われる祭事やイベント等において犯罪インフラ撲滅キャンペーンを実施し、県民へ犯罪インフラの理解を促す。

3 様々な組織を通じた環境づくり

  • 関係事業所や団体の研修会等に参加し、犯罪インフラに関する情報の共有を行う。

を推進します。


県民の皆さんへのお知らせです!

「犯罪インフラ」とは、犯罪を助長し、又は容易にする基盤のことをいいます。基盤そのものが合法なものであっても、犯罪に悪用されている状態であれば、犯罪インフラとなります。

例えば、振り込め詐欺で犯行を容易にしたり、犯人の特定を難しくするために悪用される「他人名義の携帯電話」や「他人名義の預貯金口座」が「犯罪インフラ」となる訳です。

犯罪インフラ事犯には

  • 預貯金口座の売買
  • 携帯電話の不正取得
  • 空き部屋での不正荷受け
  • 身分証明書の偽造
  • 在留資格を得るための偽装結婚

といったものがあり、県警察ではこれら犯罪インフラ事犯の取締りを強化しています。

最近、『高額報酬』という謳い文句につられて、アルバイト感覚で銀行口座や携帯電話を売買して検挙される人が増えています。

口座の売買、携帯電話の不正取得等は犯罪になります。絶対にやってはいけません。

犯罪インフラホットラインによる情報提供のお願い

県警察では、県民の皆さんから犯罪インフラに関する情報提供を求めるため、専用回線を設置しています。

犯罪インフラに関する情報をお寄せください!

犯罪インフラ対策ホットライン 045−681−1274

こちらもご覧ください。「犯罪インフラ撲滅対策」

このページの先頭へ戻る


暴力団に関する相談窓口のご案内

暴力団は、一定の地域を勝手に自分たちの「縄張り」、「シマ」等と主張して、その地域内の飲食店等に対し、「この街で商売するなら街のルールを守れ。」などと言いがかりを付けて、用心棒代やみかじめ料を要求したり、違法薬物の密売や振り込め詐欺に関与するなどして活動資金を得ています。

また、最近では、暴力団の組織実態を隠蔽しながら、建設業、金融業、産業廃棄物処理業等の各種事業活動へ進出するなど、一般社会での資金獲得活動を活発化させています。

神奈川県警察では、暴力団のいない安心して暮らせる社会を実現するため、暴力団に対する取締りを強化しています。

次のようなことを見たり聞いたりしたことはありませんか?

  • 暴力団から、「お付き合い」等と称して「用心棒代」や「みかじめ料」等の名目でお金を要求されたり、おしぼりや飲料水、正月飾り等の購入を要求された。
  • 交通事故の示談交渉や債権・債務の交渉、不動産の売買等に暴力団が介入してきた。
  • 暴力団から、拳銃や覚醒剤、中身の分からない箱等を預かるように依頼された。
  • 暴力団が経営したり、暴力団員風の男らが出入りしている店や会社がある。
  • 暴力団と取引をしている店や会社がある。
  • 暴力団員風の男らが、頻繁に出入りしている建物や部屋がある。
  • 少年が暴力団事務所に出入りしている。
  • 暴力団から、事務所の当番や運転手をするように依頼された。
  • 暴力団から離脱したい。

このようなことを見たり聞いたりした場合や、暴力団に関する困りごとや、暴力団に関する情報提供については、最寄の警察署又は下記の連絡先で受け付けています。

県民の皆様からのご連絡をお待ちしています。

相談窓口

 神奈川県警察本部暴力団対策課

神奈川県警察本部暴力団対策課
○不当要求拒絶コール(フリーダイヤル) 電話 0120-797049(なくなれ要求)

 公益財団法人神奈川県暴力追放推進センター

公益財団法人神奈川県暴力追放推進センター
電話 045-201-8930(やくざゼロ)

 県民の声・相談室「暴力相談」窓口

県民の声・相談室「暴力相談」窓口
○かながわ県民センター県民の声・相談室 電話 045-312-1121(内線)2241
○川崎県民センター県民の声・相談室 電話 044-549-7000(内線)36
○横須賀三浦地域県政総合センター
(横須賀合同庁舎)県民の声・相談室
電話 046-823-0210(内線)234
○県央地域県政総合センター
(厚木合同庁舎)県民の声・相談室
電話 046-224-1111(内線)2135
○湘南地域県政総合センター
(平塚合同庁舎)県民の声・相談室
電話 0463-22-2711(内線)2133
○県西地域県政総合センター
(足柄上合同庁舎)県民の声・相談室
電話 0465-83-5111(内線)252
○県西地域県政総合センター
(小田原合同庁舎)県民の声・相談室
電話 0465-32-8000(内線)2323
○県央地域県政総合センター
(高相合同庁舎)県民の声・相談室
電話 042-745-1111(内線)662

 暴力相談室

暴力相談室
○海老名暴力相談室(海老名市役所内) 電話 046-231-2111(内線)777

こちらもご覧ください。「暴力団を追放するために」

このページの先頭へ戻る


薬物乱用のない社会を目指して

薬物乱用とは

覚醒剤、大麻、麻薬、危険ドラッグ等の違法薬物を使用することや、医薬品を医療目的以外に使用することを言います。たとえ1回の使用でも乱用のきっかけになり、同時に犯罪になります。そして、乱用することで脳や身体に悪影響を及ぼし、依存状態に陥ります。

乱用されている薬物には、覚醒剤、大麻、ヘロイン、コカイン、MDMA、シンナー、危険ドラッグ(指定薬物)等があります。

大麻は安全・・・それは間違いです!

「大麻は自然の植物だから体に悪くない」「依存がない」などと大麻の有害性について否定する人がいますが、そんなことはありません。

大麻を乱用すると、酒に酔ったような感覚や手足に麻痺が現れると共に、視覚、聴覚、味覚、触覚等の感覚が過敏になります。また思考が分裂し、イライラしたり不安になったり感情が不安定になります。

長く続けると、幻覚・妄想等の症状が出たり、知的機能が低下しものを考えられなくなったり、何もやる気がしない無気力状態になるなど、社会生活に適応できなくなります。

薬物乱用は「ダメ!ゼッタイ!」

4月は、進学、進級、就職、転勤等により環境が変わる時期です。興味本位やストレス発散等と理由をつけて、安易な気持ちで薬物に手を出してはいけません。たった一度の使用で人生が大きく変わってしまいます。

「一度だけなら」「自分は大丈夫」と思っても、乱用する量や回数が増えていき、自分の意志ではやめられなくなります。

幻覚や妄想が現れると凶悪犯罪や重大な交通事故を引き起こすこともあります。

身近な人から「1回くらいなら大丈夫」「仕事・勉強に集中できるよ」「痩せられる」「皆やってるよ」などと甘い言葉で誘われてもキッパリと『断る勇気』を持ってください。

あなたの人生を豊かにするのは薬物ではありません。

薬物乱用は自分の心身を害するだけでなく、大切な家族や友人等の周りの人も不幸にしてしまいます。薬物乱用は「ダメ!ゼッタイ!」

薬物犯罪に関する情報は

最寄りの警察署又は神奈川県警察本部薬物銃器対策課 (代表)045-211-1212

こちらもご覧ください。「危険ドラッグは「ダメ。ゼッタイ。」」

このページの先頭へ戻る


庁舎移転のお知らせ

運転免許試験場は、平成30年5月6日(日曜日)、神奈川県警察運転免許センターと名称を改め、現庁舎の向かい側に新規オープンします。同センターには交通反則通告センター(現横浜市保土ケ谷区)及び放置違反金センター(現横浜市神奈川区)が移転し、地上4階建ての複合施設となります。

神奈川県警察運転免許センター 新庁舎イメージ図



名称 神奈川県警察運転免許センター

住所 横浜市旭区中尾一丁目1番1号

電話 045−365−3111(代表)

ご来場の際は、公共交通機関をご利用ください。

新庁舎のご案内
1階・・・ 行政処分関係フロア
交通反則通告センター
 (横浜市保土ヶ谷区から移転)
放置違反金センター
 (横浜市神奈川区から移転)
2階・・・ 免許関係フロア
売店・飲食喫茶
3階・・・ 試験関係フロア
4階・・・ 職員専用フロア

このページの先頭へ戻る