県警からのお知らせ


目次


オレオレ詐欺が急増しています!

神奈川県警察では、急増しているオレオレ詐欺の被害を防ぐために、「DNA作戦」を展開しています。

詳しくは、「振り込め詐欺にご注意を」をご覧ください。

見破れ!!オレオレ 電話でお金を要求する息子はサギ!?

また、振り込め詐欺の状況等をツイッターで情報発信しています。ぜひ、この機会にフォロワー登録をお願いします。

登録は、「神奈川県警察Twitter一覧」からお願いします。

このページの先頭へ戻る


外国語対応モデル交番の運用開始について

2019年のラグビーワールドカップや2020年の東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催等により、当県においても来日外国人の急増が見込まれ、交番でも外国人とのコミュニケーションの円滑化が必要となりました。

そこで、警察庁のガイドラインで、外国語での対応が可能な交番をモデル交番として運用するよう示され、当県では、日本を代表する観光地である鎌倉を管轄する鎌倉警察署鎌倉駅前交番を外国語対応モデル交番に指定して、2016年10月27日から運用を開始しました。

外国語対応交番の表示板

英語版「Model Police Box w/ Foreign Language Proficiency Comes into Operation」はこちら(check it!)

このページの先頭へ戻る


交番・駐在所の巡回連絡にご協力を
−安全で安心して暮らせる地域社会の実現を目指して−

交番や駐在所で勤務する警察官は、犯罪や交通事故のない、安全で安心して暮らせる街づくりのため、パトロールや110番通報等による事件・事故の処理を行っています。

また、活動の一つとして、皆さんのご家庭や会社等を訪問し、要望・意見をお伺いする「巡回連絡」を行っています。

皆さんの要望・意見をお聞かせください

「巡回連絡」とは、交番や駐在所の警察官が皆さんのご家庭や会社等を訪問して、犯罪や交通事故の発生状況、犯罪等の予防に必要な情報を提供するほか、皆さんからは警察に対する要望・意見をお伺いして、安全で安心して暮らせる街づくりを行うための活動です。

「巡回連絡」で警察官が訪問した際は、お気軽にご相談ください。

警察からは、

  • 「振り込め詐欺」、「ひったくり」、「空き巣」に注意してください。
  • 交通事故の発生が多くなっています。

など、地域の犯罪や交通事故の発生状況等の情報を提供しています。

地域の皆さんからは、

  • 不審な人が子どもに声をかけている。
  • 痴漢やストーカー等の被害に遭っている。
  • 暴走族や迷惑駐車で困っている。
  • 子どもの非行や家庭内暴力等で悩んでいる。
  • 頻繁に大人の怒鳴り声や子どもの泣き声がする。
  • 覚醒剤や危険ドラッグ等を使用している人がいる。
  • 暴力団に脅されたり、嫌がらせをされている。
  • 子どもから携帯電話の番号が変わったと(振り込め詐欺の)電話が掛かってきた。

など、皆さんが不安に思う事やその他の要望や意見、困りごと等をお伺いしています。

なお、巡回連絡で訪問する警察官は、皆さんの地域を担当する警察官です。気軽に交番や駐在所にお立ち寄りいただき、皆さんの声をお聞かせください。

「巡回連絡カード」の記入にご協力ください

交番や駐在所の警察官が、巡回連絡で皆さんのご家庭や会社等を訪問した際に「巡回連絡カード」の記入をお願いしています。

このカードは、大きな災害が発生したときのご家族への安否確認、迷子・高齢者の方を保護した際の連絡、事件・事故等の非常の際に、ご家族等への連絡を行うために活用するものです。カードの記入にご協力をお願いします。

こちらもご覧ください。「警察官の巡回連絡にご理解とご協力を」

このページの先頭へ戻る


極左暴力集団による違法事案の検挙と非公然アジトの摘発
−「テロ・ゲリラ」事件根絶と過激派アジト発見にご協力ください−

過激派とは、社会主義・共産主義革命を目指し、平和で自由な民主主義社会を暴力で破壊、転覆することを企て、飛翔弾を発射したり、爆弾を爆発させたりするなどの過激な「テロ、ゲリラ」事件を引き起こし、また、そうした主義主張の下に対立する団体や個人に対する調査を目的に、住居侵入、窃盗等の違法行為を組織的に敢行する集団をいいます。

警察では、「テロ、ゲリラ」を実行する犯人の検挙や、駅等にポスターで掲示している過激派の指名手配被疑者等が潜伏しているアジトの摘発に努めています。

  過激派は、アパート、マンションをアジトにして潜伏し、飛翔弾や爆弾等の武器を製造して、ゲリラ事件を引き起こす計画を立てています。

  「テロ、ゲリラ」事件を根絶するため、過激派のアジトを発見し、違法行為を行っている活動家を検挙することが必要です。そのためには、県民の皆さんのご協力が不可欠です。

  皆さんの周りで

  • 偽名でマンションやアパートに住んでいる
  • 部屋への出入りの際、周囲を気にしている
  • 密かに複数の人が出入りしている
  • ことさらに近隣の住民と接しないようにしている

といった、「変だな?おかしいな?」と思うことがありましたら、最寄りの警察署、交番、駐在所又は極左110番「045−671−0110」にご連絡ください。

このページの先頭へ戻る

特殊詐欺の被害防止活動の強化について

県警察では、振り込め詐欺を始めとする特殊詐欺の被害を防止するため各種対策を行います。

県内で発生している主な手口

1 キャッシュカードを直接だまし取るオレオレ詐欺

この手口は、実在するデパートや百貨店の従業員を装う犯人が電話で

  • 「あなたのクレジットカードを使って買い物しようとしている人がいる。」

などと連絡してきて、被害者が「身に覚えがない」などと伝えると

  • 「あなたの個人情報が漏れていて、クレジットカードが偽造されている。」

などとだましてきます。

その後、銀行協会職員を装う犯人から

  • 「あなたの口座の預金が危ないので、キャッシュカードを取り換えた方がよい。」

などと話し、手続に必要などといって暗証番号を聞き出された後に、銀行協会職員を装う犯人が直接キャッシュカードを受け取りに来て、預金を引き出されてしまうものです。

面識のない方には、絶対に暗証番号を伝えたり、キャッシュカードを渡さないでください。

2 還付金等詐欺

還付金等詐欺では、役所の職員をかたり

  • 「医療費・保険料の還付金があります。」
  • 「今日が期限です。」
  • 「急いで近くのATMに行ってください。」

などと、還付手続を装って、口座間送金により犯人の口座にお金を送らせるものです。

役所等が医療費等の還付手続として、ATMを操作させることは絶対にありません。

被害に遭わないために

1 電話で次のことを言われた場合は、「サギ!?」と考え、直ぐに警察へ通報してください。

  • 「あなたの個人情報が漏れている。」
  • 「あなた名義のクレジットカードが偽造されている。」
  • 「キャッシュカードを取り換えた方がいい。」
  • 銀行協会職員に「キャッシュカードを渡して。」
  • 「ATMを操作して還付金が戻ります。」と言われた。

2 他人事意識の払拭

何よりも「自分だけは大丈夫。」と思い込まないことです。

振り込め詐欺の被害に遭う可能性は誰にでもあります。

日頃から家族間で、「合言葉を決めておく!」「絶対に電話でお金の話をしない!」などの対策を話し合っておくことが大切です。

3 振り込め詐欺対策機器の活用

振り込め詐欺の被害に遭わないためには、犯人グループに接触する機会を与えないことが重要です。

犯人は声を録音されることを嫌いますので、警告メッセージ機能付きの自動録音機器の設置を検討してください。

また、警察や自治体等から提供された迷惑電話番号を自動でブロックできる迷惑電話防止サービス機器も被害防止には効果的ですので設置を検討してください。

4 家族以外の者には、絶対にお金やキャッシュカード等を渡さない

あなたの息子さんやお孫さんは、電話でお金を要求するような方ではないはずです。

電話で言われた会社の上司や同僚等は詐欺グループの犯人です。

絶対に大切なお金やキャッシュカードを面識のない者には渡さないでください。

特殊詐欺に関する情報提供をお願いします。

県警では、皆様からの情報を被害拡大防止対策に役立てるほか「だまされた振り作戦」を実施して犯人を捕まえることができます。また、現金やキャッシュカード等を直接だまし取りにくる犯人は、昼間の時間帯にスーツ姿で住宅地をウロウロしたり、携帯電話で頻繁に会話しながら歩いている場合があります。不審な電話がかかってきたり、不審な者を見かけたら、110番、最寄の警察署又は振り込め詐欺情報ホットラインに通報してください。

《振り込め詐欺情報専用ホットライン》

受付時間 平日 午前8時30分〜午後5時15分

電話 045(651)7970

捜査第二課では、「Twitter」を利用して特殊詐欺に関する前兆電話の入電状況をリアルタイムに発信しているほか、最新の手口や被害防止に役立つ情報等も発信しています。

《捜査第二課Twitter》

公式アカウント @KPP_souni

このページの先頭へ戻る